記事一覧

noimage

今日は教育のお話です。 先日は 第1回尼崎市学びと育ち研究所報告会で 教育哲学者の苫野一徳さんが 参加する鼎談を聞きに行きました。 苫野さんは 「そもそも教育とは何か?」 「どのような教育がよい教育か …

noimage

あなたの夢はなんですか? なぜ、それをやりたいと思ったのですか? そうやって、「なぜ」を繰り返していくと、 あることに気づくことがあります。 それは、 「他人の価値観が入り込んでいる」 ということです …

noimage

自意識過剰

-

「人の目が気になってしょうがないんです。」 こんない人いますよね。 ちょっと前まで、私もそうでした。 「ひょっとして私のことを嫌っているんじゃないか。」 「ひょっとして人に迷惑をかけているんじゃないか …

noimage

みんななかよし

-

教員をやっていた頃、 「この指導には違和感があるな。」 と思っていたこと。 それは、 「みんななかよし」 というスローガンです。 このスローガンの裏には 「ちゃんと話せば分かり合える」 「わたしにとっ …

noimage

極めて正確な日本の地図を作った 伊能忠敬 彼は、もともと商人だったのですが、 55歳の時に測量をはじめ、 地図を作り始めたのです。 当時の平均寿命は50歳。 今で言えば80歳を過ぎたおじいちゃんが 日 …

noimage

昨日、うちの息子が録画していた ビデオを見ていました。 「本能寺ホテル」です。 少し前に公開された映画ですが、 もうテレビでやっていたようなのです。 まだ見ていない人は、 DVDなどで、映画を見てから …

noimage

仮病の病名

-

あなたは、 仮病でズル休みをしたことが ありますか? 仮病の病名はどうやって決めましたか? おそらく、病名を考えているあなたは、 限りなくクリエイティブに なっていたはずです。 過去の自分の言動を振り …

noimage

忘れもしないS君。 児童会長の選挙で 当選したにも関わらず、 「忘れ物が多い子だから。」 という理由で落選にされそうになったS君。 「S君は児童会長にふさわしくない。」 管理職からそんな言葉が出てきて …

noimage

自分の心地いい範囲のことを、 コンフォートゾーンといいます。 「家に帰ると落ち着くなあ。」 という人は、 家がその人にとっての コンフォートゾーンになっています。 「この服は着心地がいいなあ。」 「こ …

noimage

今日は、モチベーションの話。 みなさんは何のために 勉強しているのですか? この答えは、 学習のモチベーションという 考え方で分類することができます。 学習のモチベーションには 6つあるといいます。 …

noimage

現在の世の中は 過去の人のとほうもない夢によってできています。 例えば電球 例えば飛行機 例えば電話 それが生まれる前の時代にとっては 「とほうもない夢」 だったはずです。 エジソン ライト兄弟 ベル …

noimage

人は強い感情を抱くと、 論理的思考ができなく なってしまいます。 例えば、恐怖という感情。 目の前に熊がいたら一気に 恐怖という感情が 頭の中を支配してしまいます。 おそらく一目散に逃げる という行動 …

Copyright© Dream Support coaching , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.