未分類

全ての教師に読んでもらいたい本

投稿日:2017年12月9日 更新日:

学校帰りに、行きつけのホテルラウンジで読書。
ラウンジ担当のシンヤさんと、
ちょっとなかよしになってうれしい河村です。

今日読み終わったのは
「子どもの脳を傷つける親たち」友田明美著

教員をやっている人なら、ぜひ読んでほしい本です。

虐待を含めた広い意味での
「マルトリートメント(不適切な養育)」という言葉。
これからの家庭教育問題の重要キーワードとなりそうです。

この本で強調しているのは、
子ども自身が虐待を受けているかどうかはもちろんですが、
それ以外にも、子どもがDVを目撃するなど、
子どもが不適切な養育環境に置かれていることが、
子どもの脳に影響を与えるということです。

直接子どもを殴る蹴るという行為をしなくても、
夫が妻を殴る様子を子どもに見せることが、
脳に悪影響を与えるとして「マルトリートメント」の範疇に入るのです。

直接殴る蹴るといったDV(ドメスティックバイオレンス)だけでなく、
夫婦げんかもマルトリートメントの一つなのです。

・・・・・・・・・・
幼いころ両親の夫婦げんかを見て育った人たちのグループは、
そうでないグループと比べ、IQ(知能指数)と記憶力の平均点が低い
・・・・・・・・・・・

河村家の過去を振り返って、反省しました・・・・。

そして、これが私の最も驚くべき情報でした。

・・・・・・・・・・
さらに驚くことに、両親間の身体的な暴力を目撃したときよりも、
言葉の暴力に接したときの方が、脳へのダメージが大きいことが分かりました。
・・・・・・・・・・・

いかに言葉の力は絶大かということを改めて思い知らされました。
実際に、物理的に脳の特定の部位が委縮するというファクトがあるのです。
これはぜひ知ってほしい情報です。

学校では、言葉遣いをしばしば指導します。

私は、他の先生に比べたら甘い方だと思います。
他の先生がプリプリしていても「まあ、しょうがないやろ。」と思う方なのですが、
言葉遣いについては、結構厳しく指導します。
「今の言い方はよくないから、言い直しなさい。」
といって、よりよい言い方を練習させます。

本を読んで、こんな情報を得ると、
改めて言葉遣いの指導は大切だなと思います。

それと同時に自分の言葉遣いを反省させられます。
子どもたちは教師の言葉遣いにとても敏感です。

そして、いつの間にか教師の口調を真似しています。
子どもたちに真似されても恥ずかしくない言葉遣いを、
しないといけないなと思います。

そしてもう一つ。

・・・・・・・・・・・・・
「叱るのはせいぜい六十秒以内」
・・・・・・・・・・・・・

ネチネチ叱るのは百害あって一利なしですね。

私は、言い分を聴いた後短く言います。
「それは、いけません。」
子どもが反省を示したら、
「分かればよろしい。以上!」

叱られ慣れている子は時々、私の叱り方に、
ポカンとすることもありますが、
子どもは悪さをするものです。
そのぐらいでちょうどいいのかなと思います。

ということで、
この本はおすすめです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セルフトークを意識化する

先日は、 新経済システムの勉強会で コーチングのお話を させていただきました。 「すごく良かったです。」 「勉強になりました。」 と好評をいただいたのですが、 その一方で 「難しいよねぇ。」 「私はま …

運動の美しさ

本日、持久走大会がありました。 先週は雨が降って延期になったので、 今回こそはと思っていました。 天気予報では11時から雨。 11時20分に閉会式の予定だったので、 何とか持ってほしいと思っていました …

言霊と潜在意識

昨日はご縁紡ぎ大学新見校の第三講座で 川端知義さんのお話を聞きました。 「言葉の力」と題して、 言葉が潜在意識にどのように作用しているかを とても分かりやすく教えていただきました。 私も小学校の教師と …

先生のその言葉が・・・。

学校では、先生が子どもたち一人ひとりに 様々な言葉かけをします。 褒めることもあれば、 叱ることもあるでしょう。 心配する声かけもあれば、 安心したよという声かけもあります。 一つ一つの先生の言葉が …

教育とは未来を作る営み

私が教師を辞めた理由は たくさんあるのですが、 その一つに 理想の教育と 現状の教育との乖離 があまりに大きかった ということがあります。 そして、これは 現場で一教員として いくらがんばっても その …