コーチング

100%の準備

投稿日:



「やりたいことがあるけど
 まだまだそれが
 できる状態ではない。」

そう考えてている人
いませんか。

「物事を成し遂げるためには
 しっかりとした準備が必要。」

「それができるためには
 もっと勉強しないと
 自信がないなあ。」

そう思っている人
いませんか。

そうやって
先延ばしにしていても
物事は進んでいきませんよ。

やりたいことがあるなら
今すぐできることを
始めましょう。

私の好きな言葉に
次のような言葉があります。

100パーセントの
準備が整う日は
永遠に来ない。

なるほどそうだなと思います。

「〜ができるように
 なってから。」

と思っていたら
どんどん時間が
過ぎていきます。

世の中の偉大な人は
初めから偉大だった
わけではありません。

初めは
知識もスキルも経験も
何もない状態からの
スタートだったのです。

その状態でも
自分がやりたいことを見つけ
一歩を踏み出したから
偉大な人になれたのです。

準備が整うまで・・・
と思ってずっとその場に
突っ立っていたならば

あなたの周りの景色は
決して変わることは
ありません。

一歩踏み出せば
その一歩分だけ
周りの景色が変わります。

周りの景色が変われば
やりたいことを
成し遂げるための
新たな情報を
得ることができます。

次の一歩が
踏み出しやすくなります。

二歩踏み出せば
さらに周りの景色が変わり
新たな情報が得られます。

そして三歩目を
踏み出すときには
初めの場所にいては
わからないような
方法を思いついているはずです。

しかし、
いつまでも
今いる場所にとどまって
どうすればいいかを
考えているだけでは

いつまでたっても
有効な方法が見つかりません。
入ってくる情報が
変わらないからです。

私がプロのコーチになる。
と思い立ったとき、

コーチ養成講座の講師から
こう聞きました。

「プロのコーチになる人は
 6ヶ月の講座が終わる前から
 もう、コーチとしての仕事を
 始める人が多いですよ。」

この言葉を聞いて
「そうか!」
と思いました。

「認定コーチの資格を取ってから、
 6ヶ月先に始めよう。」
と思っていたら
それまでの間に
自分が成長しなくなって
しまいます。

「資格を取ってから
 ではなくて、
 今この瞬間から
 プロコーチになればいい。」

そう思って、
その日のうちに
セミナーの日にちを決め、
会場の予約をしてしまいました。

セミナーの開催の仕方も
セミナーで話す内容も
全く決まっていない
状態だったのですが、

一歩踏み出せば
その先に新しい方法が
見えてくるだろう。

そう思って
コーチとしての活動を
スタートさせました。

「まだ、人前でコーチングのことを
 話すのは自信がないなあ。」
そう思って、
準備が整う日を待っていたら

私は、今の場所にたどり
着いていなかったでしょう。

いつまでも
スタートラインで
ああでもない、
こうでもない。
と思いながら足踏みを
していたに違いありません。

「100%の準備が整う日は
 永遠にやってこない。」

いい言葉ですね。

100%の準備をしようと思えば
そのうち、いつの間にか
人生が終わってしまいますよ。

歳をとってから
「ああ、若い頃に
 やっておけばよかった。」
と後悔することになります。

今、この瞬間が
あなたの人生で
一番若いときです。

今、この瞬間に
やりたいことを始めましょう。

一歩踏み出せば
新しい景色を
見ることができますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニュートラルな思考

人の思考には 知らず知らずのうちに 先入観が入り込んでいます。 例えば 「親子が手を つないで歩いている。」 と聞くと 勝手に小さな子どもを 連想してしまう。 例えば 「夏休みは子どもにとって 楽しい …

正解よりも納得解

世の中には 絶対に正しいことはありません。 いやいや、 人は必ず死ぬでしょう。 という人もいるかもしれません。 これでさえも 100年後には正しいとは 言えないかもしれません。 科学技術が進歩して ど …

自分の価値観で生きる

あなたの夢はなんですか? なぜ、それをやりたいと思ったのですか? そうやって、「なぜ」を繰り返していくと、 あることに気づくことがあります。 それは、 「他人の価値観が入り込んでいる」 ということです …

子どもたちのとの会話

先日のコーチングカフェが 終わった後 会場に近所の男の子が3人 入ってきました。 人懐っこい子で 「Youtubeの  動画を見せてください。」 というので 持ってきていたパソコンで Youtube動 …

未来を決めてしまえばいい

先日、下関にて 子育てコーチングセミナーを 開催しました。 私は、子どもを元気にするには まずは親が元気にならないと いけないと思っています。 そのために、 次のことをお伝えしました。 「時間は未来か …