コーチング 教育

進路指導の先生のマインド

投稿日:



現在の教育を変えたい!

そう思って
教員を退職しました。

私が問題意識を
感じていることの1つに
進路指導のあり方
があります。

例えば
「東京大学に行きたい。」
という子どもに

「あなたの偏差値では難しいよ
別の大学にしなさい。」
という進路指導の先生がいます。

この先生のマインドは
どんな状態なのでしょうか?

1つは
過去の経験や実績から
判断を下している。
ということです。

東京大学に合格する子は
偏差値が◯◯以上の人が多い。

偏差値が◯◯以下で
東京大学に
合格した人はいない。

偏差値が◯◯くらいの人が
東京大学に合格する
確率は◯パーセント。

このような
過去のデータから
他の大学を勧める
という判断をしているのです。

もう1つは
学校としての実績を
考えているということ。

現役合格率◯◯パーセント!

という
学校としての実績を
上げることがよいことだ。
という考え方になっていると

現役で合格する確率の高い
大学を勧める。
という判断になります。

そしてさらに、
こんなマインドになっている
ということに気づきました。

それは
不合格になることが
その子にとって悪いことだ。

というマインドです。

不合格になったら・・・

悲しむだろう。
自信をなくして
しまうかもしれない。
時間を無駄にしてしまう。
回り道になってしまう。
その子の人生に悪影響を
及ぼすかもしれない。

でも、それは本当ですか?

合格=良い
不合格=悪い

という先入観が
入ってしまっていませんか?

あのとき
不合格になったから
貴重な経験ができた。

浪人時代に
人生を変えるような
出会いがあった。

そんな人はたくさんいます。

それに、
何度も不合格になって
それでも諦めなかったから
合格したときの喜びが
ものすごかった。

不合格になっていたから
その分、合格したときに
大学で一生懸命勉強に
打ち込もうという
気持ちになれた。

という人もいるでしょう。

合格=良い
不合格=悪い

という式は
成り立たないことも
たくさんあるのです。

そんな先生たちの
マインドを変える力が
TPIEやPX2という
セルフコーチング
プログラムには
あります。

「子どもの可能性は無限」

というプリンシプルを
持ち続けられる教育で
あるためには

コーチングプログラムの
普及が不可欠だと
考えています。

可能性を狭める教育
ではなく
可能性を伸ばす教育
の実現に向けて

自分のできることを
やっていきたいと
思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1マイル4分

昔、陸上競技の中に マイルレースというものがありました。 1マイル(約1609メートル)を 走る競技です。 パーヴォ・ヌルミ選手が4分10秒3という 驚異的な記録を打ち立ててから、 「もう二度とこの記 …

子どもの言葉とその真意

いつもあまのじゃくなことを言う子、いませんか。 「そんなのどうでもいいし。」 「~なんか大嫌いやし。」 「嫌われてもいいし。」 「面白くないし。」 「ウザイ。」 「ババア。」 「あっち行け。」 聞いて …

コンフォートゾーンから抜け出す

今、東京神田のホテルで書いています。 パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ養成講座 の最終日です。 ここ1,2年 飛行機で東京に出てくることが 激増しました。 10年くらい前の私は …

自己責任は愛のある言葉

「自己責任」 という言葉には 「冷たい」 という印象を持つ 日本人が 多いみたいです。 でも、 私はそう思いません。 むしろ、「自己責任」という 言葉には 人の自由を認める 愛があると思っています。 …

no image

教育相談で絶対に聞きたいこと

うちの学校では、年に2回子どもと個別に相談をする機会があります。 「教育相談週間」として、学校への適応の様子や、家庭での様子などを 1対1で話をする時間を設けます。 教育相談では、これからの指導に役立 …