コーチング

過去は最高の選択の結果

投稿日:



過ぎ去ったことを
後悔する気持ち。

よく分かります。

「ああしておけばよかった。」
「こうしておけばよかった。」

後から考えると
他の選択肢の方が
よかったと思えることが
ありますよね。

誰もが経験のあること
だと思います。

例えば
右の道から行くか、
左の道から行くか、
という選択肢があったとして

右の道を選んだところ、
道路工事をしていて
思った以上に
時間がかかってしまい、
約束の時刻に遅れてしまった。

そんな時、

「ああ、左の道を
 選んでおけばよかった。」
と後悔してしまいます。

左の道ならば
もっと早く目的地に着いて
約束の時間に
遅れることはなかっただろう。
と考えるのです。

でも、
ちょっと待ってください。
それって本当にそうですか?

左の道ならば
もっと早く目的地に
着いていたのですか?

それは分かりませんよ。
もしかすると
左の道を行くと
車が横道から飛び出してきて
事故を起こしてしまった。

そんなことが
あるかもしれません。

私たちは、
選択の結果が悪かった時
違う選択をした方が
良い結果が起きただろう。

と勝手に思い込んでいるのです。

でもそんなことは分かりません。
違う選択をしたら
もっと悪い結果が待っていた
ということもあり得るのです。

それに、
あなたが右の道を
行くと決めたときは

なぜ右の道を
選んだのでしょうか。

右の道を行けば
道路工事をしている
という情報は
その時点では
分からなかったはずです。

その時点で
知り得る限りの情報を使って
最高の選択をしたはずなのです。

結果として
約束の時間に遅れたとしても
その時点でそれ以上の
選択をすることは
不可能だったのです。

そう考えると、
自分が今いる状況は

過去の最高の選択を
積み重ねてきた結果だと
言えませんか?

あなたが置かれている
今の状況は

過去のあなたが
知りうる限りの
情報を総動員して
最高の選択をして

勝ち取ってきた
状況なのです。

人は
過去の選択を
後悔してしまいますが
それは幻想でしかありません。

過去に別の選択をした
自分は存在しないのです。

しかも
別の選択をした自分が
今の自分よりも
良い自分になっているという
幻想を抱いているのです。

そんな幻想に
逃げ込むのは
もうやめましょう。

今の自分を
もっと褒めましょう。

過去の選択に
感謝をしましょう。

今いる自分は
過去の最高の選択をしてきた
最高の自分なのです。

そして、
私たちが考えるべきなのは
これからの選択です。

これまでと同じように、
また、
最高の選択を
続けていくのです。

幻想の自分を
追いかけるのはやめて

未来のより良い自分を
イメージすればいいのです。

そう考えることで
後悔して時間を
無駄に過ごすことが
なくなります。

私たちが考えるべきことは
「よし、次はこうしよう。」
ということなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

離任式で一人の女の子が・・・

3月30日。 離任式で子どもたちとのお別れをしました。 教室に戻って、最後に担任した子どもたちと少しだけ話す時間がありました。 私が伝えたことは、 夢は必ず叶うよ。 先生も夢を叶えるからね。 応援して …

心の余裕をなくしている人

イライラする。 悪いことばかり起きてしまう。 毎日不安でしょうがない。 そんな人いませんか。 コーチングを学ぶとそんなものは吹っ飛んでいってしまいます。 世の中の出来事のほとんどは人間の心が生み出して …

楽な生き方

最近お話を聞いていて 「河村コーチのお陰で  楽になりました。」 と言われることがよくあります。 逆に言えば、 その人は 今まで生きづらさを感じていて 苦しい思いをされていた人 なのです。 「生きづら …

コーチングは究極の個別指導

ティーチングと コーチングとは違います。 それは、 ゴールがどちら側にあるのか という違いです。 ティーチングは 文化的に価値あるものを 学習者に届ける営み。 ゴールが指導者側にあります。 学習者が価 …

夢の大きさ

大きな夢を持つと 人は不安を感じます。 「自分はこの夢を  かなえることが  できるだろうか?」 自己イメージのと 夢の大きさとを 比べてしまうのです。 自己イメージが 夢の大きさより 小さく感じたと …