未分類

先生のその言葉が・・・。

投稿日:2017年12月5日 更新日:

学校では、先生が子どもたち一人ひとりに
様々な言葉かけをします。

褒めることもあれば、
叱ることもあるでしょう。
心配する声かけもあれば、
安心したよという声かけもあります。

一つ一つの先生の言葉が
子どもの自己イメージを作っていきます。

先生が何気なく言った一言が、
その子の一生を左右することもあります。

コーチングの世界には、
アファメーションという言葉があります。
アファメーションとは、
自分自身に対する肯定的な宣言のことです。
「自分はできる」「自分はもっとよくなる」
というポジティブな言葉です。

このアファメーションが自己イメージを作り、
その通りの人間を作っていくのです。

自分自身に
肯定的な宣言をする人は
より良い人間となり、
否定的な宣言をする人は
より悪い人間になってしまいます。

「私は、前向きな人だ。」
と自分自身に宣言すれば、
前向きな人になり、

「私は後ろ向きな人だ。」
と宣言すれば、
後ろ向きな人になります。

アファメーションによって、
その人の性質が180度変わることもあるのです。

小学生にとって、
自己イメージを作るきっかけは、
まわりの大人の声かけです。

大人にとって、アファメーションは自分で宣言するものですが、
子どもにとっては、周りの大人がその子をどう認めているかが、
重要になってきます。

周りの人からのアファメーション
大人の評価が、自己イメージの評価になるのです。

idea-1014016_1920.jpg

先生から、
「君は賢いね。」
と言われたら、賢い子になり、
「君は馬鹿だね。」
と言われたら、馬鹿な子になるのです。

教師の言葉はその子の人生を左右するというのは、
アファメーションの力と同じです。

学級にはいろいろな子どもがいます。
本人ではなく、家庭の事情で学習内容が
身についていない子がいます。

遅刻続きで、
1,2時間目の勉強をほとんどしていなかった子、
欠席が続く子、
学習用具がそろわない子。

そんな子には、
「最近、調子いいよね。」
「最近、勉強ができるようになってきたね。」
「先生の話をよく聞いているね。」
などの声かけをすることで、

本当に、
調子がよくなり、
勉強ができるようになり、
先生の話をよく聞くようになるのです。

ピグマリオン効果という言葉もありますが、
それも、同じ現象を示しています。

教師のその言葉が、
子どもたちの人生を左右します。

よい言葉を、
他人からのアファメーションとして、
たくさん与えてやりたいものです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恐怖と知識

人は、この世の全ての知識を手に入れることは不可能です。 全ての人は部分情報の世界に生きています。 その部分情報が多ければ多いほど、 恐怖が減ります。 なぜなら、人間は知らないことに恐怖を感じるからです …

教育とは未来を作る営み

私が教師を辞めた理由は たくさんあるのですが、 その一つに 理想の教育と 現状の教育との乖離 があまりに大きかった ということがあります。 そして、これは 現場で一教員として いくらがんばっても その …

運動の美しさ

本日、持久走大会がありました。 先週は雨が降って延期になったので、 今回こそはと思っていました。 天気予報では11時から雨。 11時20分に閉会式の予定だったので、 何とか持ってほしいと思っていました …

スコトマ

盲点って知っていますか? 人間の視覚には 実は見えていない部分が あるのです。 簡単な実験で確かめられます。 紙に2つの黒丸を書きます。 大きさは大豆ぐらい。 2つの黒丸の間は 5センチぐらい。 右目 …

体育の授業で・・・

インプットしたことは3日以内の5人以上に伝える。 ということで、 今日、昨日インプットしたことを早速32人に伝えました。 昨日は、 考えていることが実現するということが、 とてもよくわかるワークを教え …