コーチング

あなたはもっと素晴らしい

投稿日:



あなたは自分はどんな人間だと
思っていますか?

もし人から、
「あなたって本当に賢いね。」
「あなたってすごく美人だね。」
「あなたってすごくかっこいいね。」
「あなたって仕事が早いね。」
「あなたって魅力的だね。」
と言われたとき、
なんと答えますか。

「ありがとうございます。」
そう、素直に言える人は、
大丈夫です。

「いえいえ、私なんて。」
と言ってしまう人。
なぜあなたは、
そう言ってしまうのでしょうか。

過去に学習してきた
「謙虚であるべきだ。」
という価値観が、
「自分は大したことない」
という自己イメージを
作ってしまっていませんか。

それ、やめた方がいいですよ。

人は自分が思っている人間になります。

大したことないと思えば、
そんな人間になるし、
素晴らしいと思えば、
そんな人間になります。

両親や、先生、友達などから
植えつけられた、
「謙虚であるべきだ。」
という価値観を
見直してみてください。

何も、
人に対して傲慢な態度をしろ
というわけではありません。

謙虚な姿勢を持つことも大事です。
しかし、必要以上に
自分の価値を下げないでください。

「私なんて、・・・。」
と思っていると、
それは相手にも伝わるものです。
「この人、自信なさそうだな。」
「あまり信用できないな。」
と思われてしまいます。

「あなたも素晴らしい。
 でも、私も素晴らしい。」

そう思いながら
人と接すればいいのです。

最近、
「私ってすごい。」
と自分に向かって
話したことありますか?

「最近、そんなことないなあ。」
という人、大丈夫ですか。
自己イメージ下がっていませんか。
大したことない人になってませんか。

そんな人は、
過去に自分が成し遂げた経験を
思い出してみてください。
誇らしい経験です。

どんなことでも構いません。

自転車に乗れるようになった。
かけ算九九を全部覚えた。
野球の試合でホームランを打った。
料理を作って家族に褒められた。

小さい頃の思い出でもいいのです。

それを思い出してみてください。
そして、
その時に味わった感情を
再体験してみてください。

そうです。
あなたは、あなたが思っているより、
もっと、素晴らしい人間なのです。

失敗経験ばかり記憶する
癖がついてしまい、
あなたが達成してきた、
数々の成功体験を、
忘れてしまっているのです。

何かを達成したという
過去の成功体験を再体験し、
現在、そして未来への
原動力としましょう。

コーチング理論では、
フリックバック・フリックアップ
と言われる手法です。

過去の誇らしい体験を思い出し、
それを未来に当てはめていきます。

その時に味わった感情を
未来のゴールを達成している自分の
イメージに重ね合わせてください。

あなたは、今後も、
誇らしい経験をするべき人間なのです。

あなたは、
もっと素晴らしい。

そのことに気づいてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・
夢を叶えるメルマガ「ドリサポメール」
登録はこちら

ドリサポメール登録

ドリームサポートコーチングホームページ
dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を見る力

最近の私の重要ワードは 「メタ認知」 です。 メタ認知(メタにんち)とは認知を認知すること。人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考や行動そのものを対象として客観的に把握し認識すること。それを …

世界を見ているのは脳

私がコーチング理論に ビビッときた原因の1つ。 それは、 小さいころからなんとなく 思っていたこと。 自分が見ている赤い色と 人が見ている赤い色とは、 実は違うのではないか? という考えです。 みんな …

思考は現実化する

ランキングアップにご協力お願いします。 ↓ 生き方ランキング にほんブログ村 小学校教師のとき 当時担任していた子どもたちに 私の夢を話しました。 「先生、本を書くのが夢なんだ。  学問のすヽめのよう …

本当のゴール

医者になりたい 野球選手になりたい パティシエになりたい お金持ちになりたい 人はさまざまな夢を持ちます。 でもそのほとんどが、 人から刷り込まれた、 偽りのゴールなのです。 以前、 「自衛隊員になり …

時間の流れ

時間は 過去から未来へと 流れているのか? 未来から過去へと 流れているのか? あなたは どちらだと思いますか? 多くの人は 過去から未来へと 流れている。 と考えているのでは ないでしょうか。 現代 …