コーチング

未来を決めてしまえばいい

投稿日:



先日、下関にて
子育てコーチングセミナーを
開催しました。

私は、子どもを元気にするには
まずは親が元気にならないと
いけないと思っています。

そのために、
次のことをお伝えしました。

「時間は未来から過去へと流れている。」
と考えるといいですよ。
未来を決めてしまえば、
時間が経ってそれが現在になるのですよ。

なかなかそのことを
実感できない人もいると思うので、
宝くじや、ヤフーオークションを
例に出しました。

宝くじが当たった。
というのはまだお金が手元にないけれど、
近い未来には必ず口座に
振り込まれるはずですよね。

ヤフーオークションで落とした。
というのは、
まだ商品が手元にはないけれど、
近い未来には必ず、
商品が送られてくるはずですよね。

それと同じように、
未来を自分が好きなように
決めてしまえばいいのです。

そうすれば
宝くじや、ヤフーオークションのように
決めた未来がやってくるのです。

未来は過去の延長線上にあるのではなく、
自由に決められるものだ。

そう思えば、
過去に縛られていた自分から
自由になれると思いませんか。

元気がない人は、
過去にとらわれているのです。

「あの時、ああしなかったら・・・。」
「あの時、もしこうしていれば・・・。」
「自分は今までこうだったから・・・。」
「こんな生活をしてきたから・・・。」

そんな後悔を胸に、
その延長線上の未来を見ようとするから、
自分の望むものを引き寄せることが
できなくなってしまいます。

過去は、関係ありません。
過去は時間が経つと
もっと遠い過去になるだけです。
過去の上に未来があるのではありません。

時間は未来から過去へと流れているのです。

だったら、未来にもっとも望むものを
設定すればいいのです。

うどん屋さんで、
天ぷらうどんを頼んだら
天ぷらうどんが出てきます。
肉うどんを頼んだら
肉うどんが出てきます。

同じように、
未来に自分の好きなものを
注文すればいいのです。

時間が経ってそれが現在になります。

私は、
「これからいいことしか起きない。」
と決めています。

未来にそう注文したのです。

不思議なことにそれを決めて以来、
2年以上、いいことしか起きていません。

決めた未来がどんどん
現在になっているのです。

選択を迷うときにも、
「自分が選んだ方がいい方に決まっている。」
と自信を持って決断することができます。

決めた未来がくることが
わかっているからです。

これは脳の機能からも説明できます。
ロックオン・ロックアウトです。

あることにロックオンすると、
それ以外のものがロックアウトされ、
見えなくなってしまうという現象です。

運動会で自分の子を探すとき、
自分の子が赤組だと勘違いしていると
赤い帽子の子ばかりに目がいってしまい。
目の前を白い帽子を被って走る我が子が
見えなくなってしまうのです。

私は、
これから起きる「いいこと」に
ロックオンしているので、
ひょっとしたら起きているかもしれない
「悪いこと」がロックアウトされて、
見えなくなっています。

だから、毎日いいことばかりが起きる、
幸せな人生を送っているのです。

「私はついてるんです。」という人は、
ついてる現象にロックオンしているので、
「信号が青になった。やっぱりついてる。」
「外に出たら雨が止んだ。やっぱりついてる。」
となるのです。

ついている現象だけを探し、
「やっぱり」といって、
「ついてる」という信念を強化しているのです。

「私はついていないんです。」という人は、
同じ理由で、逆に「やっぱり」と
「ついてない」という信念を強化します。

人の脳は望むものに
ロックオンしているのです。

だったら、
あなたはどんな未来が欲しいですか。

あなたが心から望むものを
選んでいいのですよ。

何度も言うように過去は
関係ないのです。

未来を好きなように
決めてしまいましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・
夢を叶えるメルマガ「ドリサポメール」
登録はこちら

ドリサポメール登録

ドリームサポートコーチングホームページ
dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夢の大きさ

大きな夢を持つと 人は不安を感じます。 「自分はこの夢を  かなえることが  できるだろうか?」 自己イメージのと 夢の大きさとを 比べてしまうのです。 自己イメージが 夢の大きさより 小さく感じたと …

人はなぜ変われないのか

「変わりたいのに  変われないんです。」 多くの人が抱えている 悩みでしょう。 あちこちの 自己啓発セミナーに 通っているのに 一向に人生が変わっていかない。 セミナー難民と呼ばれる 人たちもいるそう …

こんなところでプロ意識

今回は、 私に関するちょっとした エピソード。 軽い話なので、 気楽に読んでください。 先日は晩御飯が一人だったので、 近くの居酒屋に行きました。 カウンターで一人で飲んでいると 隣に見知らぬおじさん …

自分が引っ込み思案だという思い込み

昨日、お友達とジョイフルでコーヒーを飲んでいたとき、 「ああ、やっぱりそうだよね!」 と共感しあったこと。 それは、 「自分が〜な人間だ。」 というのは単なる思い込みだということ。 私は福岡教育大学に …

教師をやめたわけ

先日、 元教え子の男の子に コーチングをしました。 そのとき、話の成り行きで、 私が教師をやめたわけを 話しました。 話しながら 「そうか、  こんなこと思ってたのか」 と気づきました。 簡単に言えば …