教育

叱らない卒業式の練習

投稿日:



私は卒業式の練習が大嫌いです。

何度も何度も繰り返される呼びかけの練習
何度も何度も繰り返される歌の練習
何度も何度も繰り返される礼法指導

ごそごそしてしまう子がいると、
「コラー!」
と怒鳴り声が響きます。

何度も繰り返される練習に子どもたちは慣れっこになってしまい、
本番での感動も何もありません。

「1、2回、卒業式の流れを練習して、後は本番」でも十分いけます。
それなのに、何度も練習を繰り返すのは、
完全に教師の見栄です。

「自分が卒業式の練習担当だったらいいのにな。」
と何度も思っていました。

今年も卒業式の練習が始まりました。

例によって、ごそごそするうちのクラスの子。
ジッとしている練習なんて苦痛以外の何物でもありません。

1日目の練習が終わった次の日、
私は学級で子どもたちに言いました。

「昨日の練習で、すごくがんばっていた人がいました。
 卒業式ではほとんどが、座って待っている時間です。
 これは大人でも難しいことです。
 でも、○○君はずっとよい姿勢のまま、座っていました。
 先生は、すごくかっこいいなと思いました。
 みんなもぜひ○○君を真似してほしいなと思いました。」

その日の朝から、○○君を褒めちぎりました。
「やっぱり○○君は、姿勢がいいなあ。」
「○○君は算数でも大活躍するね。」

その日、2日目の練習では、
前日にごそごそしていた子が見違えるほどに、行儀よくしていました。

本音を言えば、少々行儀悪くても、
卒業生を心から祝う気持ちがあれば
いいじゃないかと思いますが、
それでも、がんばろうとする姿を見るのは嬉しいものです。

私個人の、意見としては、
明日、卒業式でも十分いけるぐらいのレベルではないかと思いました。

卒業式の練習で、さんざん叱られる。
こんな悪循環を作ってはいけませんよね。

希望を胸に羽ばたいていく6年生を送る在校生。
在校生たちの心が、晴れやかになっていることも大切です。

ガミガミ叱って形だけを整えても、
本当によい卒業式にはなりませんよね。



-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最終ステージクリア

子どもの心をつかんで離さないゲーム。 最近はゲームの種類も豊富になって 様々なタイプのゲームがあるようですが、 基本的には一定のルール内での挑戦です。 そのルールの範囲内で「最高の達成度」というものが …

夢は大きい方がいい?

「少年よ、大志を抱け」 (Boys, be ambitious.) クラーク博士の有名な言葉です。 「夢は大きい方がいい。」 という言葉もよく言われますね。 例えば、 「1万円貯金をする」 よりも 「 …

あなたはいつも・・・

人を批判するとき つい使ってしまう言い回し。 「あなたはいつも・・・」 「あなたはいつも  忘れてしまうんだから。」 「あなたはいつも  だらしないんだから。」 「あなたはいつも  同じ失敗をするんだ …

大人も子どもも夢をかなえよう

子どもの頃の夢は 何ですか? その夢は今、 かなっていますか? かなっていると言う人は きっとしあわせな人生を 歩んでこられたことでしょう。 子どもの頃の夢を あきらめた人も かなりの割合で いると思 …

前提を疑う その2

9月15日、16日 熊本で行われた 「軽井沢風越学園コラボ」 という2日間の ワークショップセミナーに 参加しました。 風越学園 https://kazakoshi.jp という 2020年開校予定の …