コーチング 教育

人はなぜ学ぶのか

投稿日:



ランキングアップにご協力お願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

私は高校時代に
1度だけ赤点を
取ったことがあります。

平均点の半分以下が
赤点だそうです。

赤点というものが
あるということを
その時初めて知りました。

赤点を取った教科は
数学です。

その時どうしても
必要性が感じられない
数学の概念があったのです。

それは
虚数という
概念です。

今までは
2乗すれば
必ず正の数になると
教えられてきたのに

いきなり
2乗して負の数に
なる数がある。

なんていう
反則をやられるのですから
当時の私は
とても混乱しました。

そんな
現実にはない
想像上の数字について
学ぶ意味が
わからなかったのです。

みなさんも
「これ、
 なんの役に立つんだろう?」
と疑問に思いながら
学んだことが
あるのではないでしょうか?

コーチになった今
なんとなくその
意味がわかってきました。

それは
情報空間の抽象度を
上げるため。

だということです。

初めは
「リンゴが1個ありました。
 友達から2つもらいました。
 リンゴは全部で
 何個になりましたか。」
というお話で
足し算を習います。

リンゴという具体物を
で考えるのです。

しかしそのうち
1+2
という抽象度の高い
式に置き換えられます。

1+2は
それが
リンゴでも
桃でも
お花でも
水でも
塩でも

どんなものでも
同じ式で
表すことができるのです。

そのうち
X+2=Y
といった文字で
表すようになります。

XやYは
様々な数字を
表すことができます。

数字という抽象度から
さらにまた一歩抽象度を
上げているのです。

今、
虚数について
理解しているか
どうかといったら
自信がないのですが

きっと
そうやって
抽象度を上げていく
そういう一連の流れに
乗った概念なのだと
理解するように
なりました。

数学に限らず
全ての学問は
そうやって
抽象度を上げる
訓練をしているといっても
過言ではないと思います。

人生である
事象が起きたとき
それを
一段も二段も高い視点から
見ることができる。

その事象は
日本という視点
世界という視点
で見るとどう見えるのか?

その事象は
10年単位
100年単位で見ると
どう見えるのか?

抽象度を上げる
ということは

目の前の具体を
色々な角度から
色々な距離から
見直す視点を
持つということなのです。

ある問題に
ぶち当たって
「人生おしまいだ。」
と思ってしまう人は

抽象度が低い

と言わざるを得ません。

目の前の現象が
人生の全てだと
思い込んでしまうのです。

その外側の世界
その外側の視点が
あるということに

気づけていないのです。

今まで学んだことが
生かされて
いないのです。

実数から
虚数へと
数の概念を広げるように

人生で起きる
様々な問題を
より高い視点から
見つめ直すのです。

私は
それができるようになる
その力をつけることが
学ぶ理由だと
思っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ドリームサポート
コーチングでは
気軽にコーチングが
受けられるように

メールコーチングを
ご用意しています。

メールのやり取りは
コーチング期間内ならば
何回でもOK!

基本的に48時間以内に
返信いたします。

料金は
1ヶ月 3,000円
3ヶ月 8,000円
6ヶ月 12,000円

となります。

お申し込みはこちらのフォームから
https://reverie-ep.com/fx/coaching

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログに対する感想はこちら

kawadai@dreamsupport.info

夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.kawamura.946

Instagram
https://instagram.com/kawamuradaisuke1978?igshid=1hxsbszesloco

ランキングアップにご協力お願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング, 教育

Copyright© Dream Support coaching , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.