教育

さあ入学準備!学力向上のために先生が教える筆箱の中身とは?

投稿日:

現役の小学校教師として、
1年生の子どもたちに学力を保証するための
大切な筆箱の中身についてお教えします。

お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんが、
可愛い子ども、孫のためにいい文房具を用意してあげたい。
と思う気持ち、よく分かります。
様々な文房具が売られていて目移りしてしまうことでしょう。



文房具選びの基本を外してしまうと、
学習に集中できない原因を作ってしまうかもしれません。
ただでさえ、新しい環境で他の友達と一緒に集中して勉強するのは、
5,6歳の子供たちにとってとてもハードルが高いものです。

文房具選びの基本は、
「使いやすいこと」
この一言に尽きます。
そして、使いやすい文房具の最低条件は、
「キャラクターものでないこと。」
「においがついていないこと。」
の2つです。

私は筆箱の中身を下の5つに決めています。

1 鉛筆(5本)
2 消しゴム
3 定規
4 赤鉛筆
5 名前ペン

これ以外のものが筆箱に入っていると、
ごちゃごちゃして出し入れに時間がかかります。
また、いわゆる「手悪さ」の原因となり、授業への集中力を削いでしまいます。

以下、それぞれについて私のおすすめ文房具を紹介します。

1 鉛筆
キャラクターものの文房具は子どもたちに楽しい気持ちを起こさせるかもしれません。
お気に入りのキャラクターが書かれた鉛筆で書くと勉強がはかどると思うかもしれません。
しかし、キャラクターものの鉛筆は、書き心地がよくありません。
一口に鉛筆と言っても、素材には様々な品質があります。
まだ筆圧がしっかりしていない1年生の子供たちにとって、
ノートの上をなめらかにすべる、書き心地のよい鉛筆を選ぶことが大切です。
私は様々なメーカーの鉛筆を試してみましたが、
いちばん書き心地がなめらかだったのは三菱鉛筆です。
特にuniシリーズがおすすめです。
https://www.mpuni.co.jp/products/pencils/#pencil
特にその中でも最高級品のHi-uniを持っている子がいると、
「おっ!お父さんお母さん。分かってるね。いい鉛筆を買ってもらったね。」
と思わず言ってしまいます。
三菱鉛筆さんによると、
黒鉛と粘土の粒子が細かく、しかも均一に混ぜられているので、
折れにくく滑らかな書き心地になるのだそうです。

2 消しゴム
私は子供たちに
「白い四角い消しゴムを持っておいで。」
と言っています。
キャラクターの形をしているものや、
色がついているものは質が悪く、消えにくいのです。
特に低学年の子供たちにとって、消しゴムで
きれいに字を消すのはなかなか難しいものです。
質の悪い消しゴムを使っていると、
力が必要な割に、上手く消えません。
ものによっては、ノートが真っ黒になってしまうものがあります。
うまく消えないと、子どもにとってもストレスです。
それが気になって先生の話が素通りしてしまうということもあります。
やはり、MONOの消しゴムが一番いいようです。
MONOliteという軽く消せる少し硬めの消しゴムもあります。
http://www.tombow.com/brand/mono/
黒いものもあるのですが、名前が書けないのでお勧めしません。
大きさは少し大きめのものの方がいいと思います。
大きいものの方がしっかり持つことができますし、無くすことも少なくなります。

3 定規
これもキャラクターものはダメです。
透明のプラスチック製で、メモリのはっきりしていいるものがいいです。
ペラペラのものより、少し厚みのあるものの方が線が引きやすいです。
長さは10センチから15センチがおすすめです。
あまり長いものは、使いづらいです。
中には端が0センチになっているメモリのものがあります。
物の長さを測るときに測りやすい工夫なのですが、
「3センチの線を引く」といった作業のときには、
端が0になっていると引きづらいので、あまりお勧めしません。
https://www.raymay-store.jp/products/detail/644
ただし、この商品は、端が0になっている側と、
途中から0が始まっている側との両方があるので、
使いやすいかもしれません。

4 赤鉛筆
これも断然、三菱鉛筆です。
圧倒的に書き味が違います。
目をつぶって書いても、三菱鉛筆の赤鉛筆は違いが分かると思います。
私がよく使っているのは、No.770の赤鉛筆です。
これは、他の赤鉛筆と違って六角形なので、転がりにくくなっています。
特に芯の柔らかい赤鉛筆は、落とすとすぐに中の芯が折れてしまいます。
気をつけないと、削っても削ってもすぐに折れるということになりかねません。
私は仕事柄、赤鉛筆をよく使うのでアマゾンで箱買いしています。
アマゾンで「三菱鉛筆 770」と入れて検索すると出てきます。
これがおすすめです。

5 名前ペン
これは普通に文房具店で売られているものであれば、
特に使いづらいというものもありませんが、
強いて言えば、ペン先が柔らかいものの方が書きやすいです。
例えば、サクラクレパスの「マイネームツイン」などです。

では、まとめです。
私のおすすめ5点セットは
1 鉛筆   三菱Hi-uni
2 消しゴム mono消しゴム
3 定規   レイメイ藤井の15cm
4 赤鉛筆  三菱赤鉛筆 No.770
5 名前ペン サクラクレパス「マイネームツイン」

お子さん、お孫さんのより良い学習のために、
良いものを選んであげてください。



-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コーチングは究極の個別指導

ティーチングと コーチングとは違います。 それは、 ゴールがどちら側にあるのか という違いです。 ティーチングは 文化的に価値あるものを 学習者に届ける営み。 ゴールが指導者側にあります。 学習者が価 …

コーチングとカウンセリング、そして教育との違い~両方受けた教師の見方~

先日、東京で高嶋芳幸コーチのセッションを受けてきました。 マンダリンオリエンタル東京のラウンジで、 コーヒーを飲みながら、リラックスした雰囲気の中、 自分のゴールについて話を聞いてもらいました。 あっ …

何かのために勉強するって・・・?

今日は、モチベーションの話。 みなさんは何のために 勉強しているのですか? この答えは、 学習のモチベーションという 考え方で分類することができます。 学習のモチベーションには 6つあるといいます。 …

入学する子に準備させたいこと ひらがなはどこまで?

保護者の方と話していて、よく聞かれることがあります。 「先生、下の子が入学するのですがどんな準備をさせておいたらいいでしょうか。」 よく考えていない先生はこう答えます。 「特に必要ありませんよ。学校で …

離任式で一人の女の子が・・・

3月30日。 離任式で子どもたちとのお別れをしました。 教室に戻って、最後に担任した子どもたちと少しだけ話す時間がありました。 私が伝えたことは、 夢は必ず叶うよ。 先生も夢を叶えるからね。 応援して …