コーチング

マインドが人生を決める

投稿日:



ランキングアップにご協力お願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

ある有名人の言葉です。

「人の一生は
 重荷を負うて、
 遠き道を行くがごとし
 急ぐべからず
 不自由を、
 常と思えば不足なし
 心に望みおこらば、
 困窮したる時を思い出すべし
 堪忍は、無事のいしずえ
 (後略)」

この言葉は
徳川幕府を開いた
徳川家康の言葉です。

そしてもう一人の
有名人の言葉を
ご紹介します。

「この世をば
 わが世とぞ思ふ
 望月(もちづき)の
 欠けたることも
 なしと思へば」

これは
藤原道長の和歌です。

どちらも歴史の教科書で
おなじみの人物ですね。

この二人は
対照的な言葉を残していますが
みなさんはどちらに
共感を覚えるでしょうか。

「思うようにならない」
という徳川家康と
「思うがままになっている」
という藤原道長

きっと多くの人が
徳川家康の言葉に
共感を覚えるのでは
ないでしょうか。

それはなぜなのでしょうか。

一つには
実際に人生の経験として
思うように
ならない場面を
経験しているから。

そして
もう一つには
「この世は思うがままだ。」
という人に対して
傲慢だとか
謙虚さに欠ける
と言った印象を
もつからでしょう。

私たちは
そう言った価値観を
教えられてきたのです。

ですから
人生を思うがままに
生きている人を見て

「あいつは嫌なやつだ。」
「いつか失敗するに違いない。」
というマイナスの感情を
抱いてしまいます。

そして、
有名な成功者が失敗すると
「ほらやっぱりね。」
と思います。

「いい事ばかりが
 起きるわけない。」
と思ってしまうのです。

でもちょっと
考えてみてください。

徳川家康に共感する人は
「思うようにならない」
という現象が起きることを
どこかで望んでいるのでは
ないでしょうか。

こんなにいい事ばかり
起きていていいのだろうか。
いつか失敗するのでは
ないだろうか。

そんなことを考えた人も
いると思います。

人間の脳はとても優秀です。
失敗するのではないか。
と思っていたら
その現象を起こすように
無意識が働くのです。

徳川家康と
藤原道長と
どちらの言葉を
選びますか?

どちらが正しくて
どちらが間違っている
というものではありません。

どちらも正解です。

そして
好きな方を
選べばいいのです。

あなたの優秀な脳が
それを実現させてくれるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.kawamura.946

Instagram
https://instagram.com/kawamuradaisuke1978?igshid=1hxsbszesloco

ランキングアップにご協力お願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

Copyright© Dream Support coaching , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.