コーチング 教育

社員教育

投稿日:



ランキングアップにご協力お願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

先日、社員教育についての
相談を受けました。

「近頃の若い子は
 こうなりたいという思いを
 持っていない。」
「分からないことは
 聞けばいいのにそれもしない。」
「仕事へのやる気が感じられない。」

お話を聞きながら
学校で言われていることと
全く同じことが
職場でも言われているのだな
と思いました。

失敗しないように
細心の注意をはらって
敷かれたレールの上を
落ちないように走ることだけを
訓練されてきた人にとって

「自分のやりたいことは何か?」

と聞かれても答えに困るのでしょう。

ただ言われた通りにやる。
そこに自分の意思はなく、
その結果に対する責任も感じない。

そんな教育を
やってきた責任の一端は
私にもあるなあと感じながら
聞いていました。

ただ、
その現状を踏まえた上で
これからどうしていくか。

未来にフォーカスするのが
コーチングです。

私は
やはりゴールのことを
お話ししました。

「まずは、その若い社員さんの
 ゴールを引き出すことですね。
 ひょっとすると仕事は
 いやいややっているかもしれません。
 ただ、お金が欲しいから。
 という理由だけで・・・。」

「その若い社員さんの
 ゴールを包摂する
 抽象度の高いゴールを
 上司や社長さんが
 持つことでしょうね。」

一番避けなければいけないのは
社長さんが自分の
やりたいことを満たすために
社員さんが望まない方向へと
強制的にゴール設定をしてしまうこと。

無理やりやらされること。
つまりhave toの仕事は
クリエイティブアボイダンス
(創造的回避)
を生みます。

できない理由を
たくさん思いつくのです。

リーダーとなる人は
部下のwant toを
いかに引き出すか。

これが最も重要なポイントです。

そして
部下の全てのwant toを
包摂する抽象度の
高いゴールを持つこと。

ただ単に
その仕事の業績を上げる
というレベル以上。

その仕事を通して
何を実現するのか?

というレベルにまで
抽象度を高めていく必要が
あるのだろうと思います。

問題にフォーカスするのではなく
望む未来にフォーカスして

その会社全体が
幸せに働くことができれば
いいなと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

ランキングアップにご協力お願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング, 教育

Copyright© Dream Support coaching , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.