コーチング

前頭前野を働かせる

投稿日:



ランキングアップにご協力お願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

ショックなことが起きた時
人は思考を止めてしまいます。

脳の部位で言えば
思考をつかさどる
前頭前野の働きより

感情をつかさどる
扁桃体の働きが
優位になるのです。

そうやって感情に
支配されると
論理的な思考ができなくなり
いわゆる「バカなこと」を
やってしまうのです。

例えば
怒りに支配されて
携帯電話を投げつけて
壊してしまうだとか

悲しみに支配されて
雨の中を傘もささずに
ずぶ濡れになって歩くだとか
(ドラマでこんなシーンが
 よくありますね。)

恐怖に支配されて
成功へのチャンスを
目の前にしても
それを見逃してしまうだとか。

本当は
目の前の問題を
解決したいのに
扁桃体が優位に
なりすぎることで

問題を解決するための
論理的な思考が
阻害されてしまうのです。

もちろん
感情に浸ることが
必ずしも悪いことだとは
言えません。

怒ったり
悲しんだり
怖がったり
することも
人生のスパイスとして
それを味わうのも
いいかもしれません。

しかし
それらの感情を引き起こす
問題を解決したいと思ったら
その感情をコントロール
した方がよいでしょう。

そのためには
扁桃体優位の状態から
前頭前野優位の状態に
戻す必要があります。

「考える」モードに
するのです。

怒りを感じたら
「今、自分は
 怒っているな。」
と心の中で言葉にするのです。

こうやって
感情を言葉にすることで
かなり「考える」モードに
シフトすることができます。

そしてさらに
「何に怒っているのだろう。」
と原因を考えるのです。

原因を考えることで
自分の願望に
気づくことができます。

「ああ、自分は
 人から軽く扱われることに
 怒っているのだ。
 自分は人に認めてもらいたい
 という願望を持っているのだ。」
ということに気づけるのです。

では
人から認めてもらうために
どう行動するべきか。
ということに焦点を
当てることが
できるようになります。

怒りに駆られて
バカな行動をする代わりに
自分の願望をかなえるための
建設的な行動に移すことが
できるのです。

大切なのは
感情をモニターすること
今感じていることを
言葉にしていく作業です。

扁桃体に支配されず
前頭前野に主導権を
握らせるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

ランキングアップにご協力お願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

Copyright© Dream Support coaching , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.