教育

空気を読む子

投稿日:2017年12月22日 更新日:

空気を読む子どもは教師にとって都合のいい子どもです。

授業で教師がダメな発問や指示をした場合でも、
教師の意図を汲んで、教師の意図に沿った答えを言います。
その結果、「この子はいい子」と評価されるのです。



空気を読まない子は、教師にとって都合の悪い子です。
教師の意図を汲むなんてことはしませんから、
言われた通り、素直に答えます。

einstein-1173990_1920.jpg

教師にとっては、「何だ、こんなこともわからないのか。」となってしまいます。
空気を読む「いい子」がいるお陰で、
空気を読まない「素直な子」が悪者になってしまいます。

そして、教師自身は「自分の発問や指示が悪い」ということに気づかないのです。

もちろん教師は、学校で空気が読める「いい子」だった子です。
空気が読めるから、教師に可愛がられ、学校にいい思い出がある子です。

そういう私も、「いい子」だったのです。
先生の意図を一生懸命に理解しようとしていました。
友達が先生に叱られていると、
「なんでわざわざ叱られるようなことをやるんだろう。」
と思っていました。

特に、発達障害の子は空気を読むのが苦手です。
全くできないという子もいます。

先生が、
(道草をせずに)「まっすぐ家に帰りなさい。」
というと、
「先生、まっすぐ帰れません。」
と本気で言います。

こんな子どもたちがいるのに、
空気を読むということを学級全体に強いていては、
その子にとって非常に居心地の悪い学級になるでしょう。

空気を読まなくても、
はっきり、明確に発問指示をしてもらえる。

それだけで、多くの子どもたちのストレスがなくなると思います。



-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

未来を創りたい子ども、過去に縛られる大人

昨日、教員のサークルでコーチングの理論についてレクチャーしました。 苫米地さんの本「コンフォートゾーンの作り方」に とてもわかりやすく解説されているので その本をベースにして少しお話をしました。 その …

あれども見えずを問う

授業の名人と言われる 有田和正先生の 有名な発問があります。 「バスの運転士さんは  どこを見て運転していますか?」 この発問で子どもたちの 思考が活性化します。 なんとなくボーッと見学していても こ …

みんな一緒の教育?それぞれ一人ひとりの教育?

今の学校教育は、真逆をやっています。 社会に出たら、自分のユニークさが最も大切な武器になります。 誰でもできる仕事を頼む相手は、あなたじゃなくてもいいのです。 誰でもできる仕事は、あなたの隣の人でもで …

そもそも論から教育を考える

今日は教育のお話です。 先日は 第1回尼崎市学びと育ち研究所報告会で 教育哲学者の苫野一徳さんが 参加する鼎談を聞きに行きました。 苫野さんは 「そもそも教育とは何か?」 「どのような教育がよい教育か …

可能性を伸ばす親、つぶす親

お子さんがいる方へ ぜひ知っていてほしい 2つの物語があります。 「鎖につながれた象」 と 「1マイル4分の壁」 です。 この物語に関係する キーワードは エフィカシー (自己効力感) です。 エフィ …