教育

子どもの言葉とその真意

投稿日:2017年12月20日 更新日:

いつもあまのじゃくなことを言う子、いませんか。

「そんなのどうでもいいし。」
「~なんか大嫌いやし。」
「嫌われてもいいし。」
「面白くないし。」

「ウザイ。」
「ババア。」
「あっち行け。」



聞いている方が、思わずカチンとくるような。
そんなこと言う子いませんか。

そこで、カチンときてその子の言葉を額面通り受け取ると、
お互いにいいことはありませんよ。

kids-1894804_1920.jpg

子どもが発する言葉とその真意とは、
相反することがよくあります。

自分の感情を上手に伝えることができないのです。
感情に流されて、言葉が上手にコントロールできません。

「大嫌い!!!」
っていいながら彼氏に抱き着くシーン。
昔のトレンディドラマでありましたよね。

あれと同じです。

子どもの言葉の言葉尻を追いかけると、
子どもの思いからどんどん離れていってしまいます。

「さっき~って言ってたよね。」
なんていうふうに、子どもの言葉を問い詰めると、
子どもは、「いや、そんなつもりじゃなかったんだけど・・。」
と思いながらも、引っ込みがつかないので、
「うん。言ったよ。だから?」
というふうに開き直ってしまいます。

結局、もともと何が問題だったのか
お互いに分からなくなってしまうのです。

そんな時、有効な言葉がけは、
「本当は、~って言いたかったんじゃないの?」
「本当は~してほしかったんじゃないの?」
というように、
「本当は・・・・?」
と問うことです。

うまく言葉にできない思い。
うまく態度に表せない思い。

これをくみ取って、「~なんじゃないの?」
と問うことで、
レッドゾーンまで吹き上がっていた子どもの感情が、
スーッと下がってきて、
素直になることができます。

「うん。本当は~したかったの。」
というように素直な言葉が出てくるのです。

「自分の思いを分かってくれた。」という安心感が、
相手への警戒心や、自分を守ろうとする気持ちを
解きほぐすのでしょう。

言葉の奥にある真意を読み取ろうとする努力が、
子どもをより良い方向へ導くことにつながります。

これって、大人も同じですけどね。



-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1マイル4分

昔、陸上競技の中に マイルレースというものがありました。 1マイル(約1609メートル)を 走る競技です。 パーヴォ・ヌルミ選手が4分10秒3という 驚異的な記録を打ち立ててから、 「もう二度とこの記 …

「want to」で適材適所

昨日は、地域の林業研究会とのタイアップで、 しいたけのコマうち体験を行いました。 先日山から採ってきたしいたけの原木に ドリルで穴を開け、「種コマ」と呼ばれる 菌糸のついた木片を打ち込んでいきます。 …

ニュルブルクリンクでM3を走らせたければ・・・

私は車が大好きです。 BMWのM3なんて最高にカッコイイです。 綺麗で端正で、しかも速い。 いつかドイツに行って、ニュルブルクリンクでM3を走らせてみたい。 そんな夢をもっています。 みなさんも似たよ …

夢は大きい方がいい?

「少年よ、大志を抱け」 (Boys, be ambitious.) クラーク博士の有名な言葉です。 「夢は大きい方がいい。」 という言葉もよく言われますね。 例えば、 「1万円貯金をする」 よりも 「 …

no image

やりたいこととやらなければいけないこと

教師を志したとき、やりたいことがたくさん思い浮かびました。 こんなクラスを作りたい。 こんな子どもたちを育てたい。 こんなことを教えたい。 教師として、やりたいことがあるから教師を志したのです。 しか …