教育

人を評価すること

投稿日:2017年12月14日 更新日:

今日は、学校に残って通知票を仕上げました。
明日の朝が締め切りです。

以前はすべて手書きとスタンプだったのですが、
今は、電子化されて、エクセルファイルに打ち込んで、
印刷すればいいようになっています。



私は手書きが苦手で、
手がつりそうになりながら、書いていました。
それを考えれば、通知票が電子化されたことで、
担任の作業はすごく楽になりました。

ただし、電子化されるとミスが起こりやすく、
管理職の先生がチェックをするのに、
かなり神経を使うようです。

通知票を作るときにいつも感じるのが、

checklist-1622517_1920.png

人を評価することの怖さです。

いっそのこと、すべて機械がやってくれればいいのに、
とも思います。

教員も人間である以上、完全にフェアな評価をすることはできません。
フェアであるために、さまざまな基準を作ってそれに従って評価するのですが、
それでも、どうしても恣意的な評価が入り込んでしまいます。

それがよい場合もあるし、悪い場合もあるでしょう。

子どもたちには、
「あゆみ(通知票のこと)はみんなの良さの中で、
ほんの一部分だけを切り取って、先生が評価するものです。
あなたたちの人間全体を評価しているものではないからね。」
という説明をするのですが、それでも何だか気が晴れません。

他の先生だったらこの子をどう評価するのだろう?
この評価は本当にこの子のためになっているのだろうか?

という疑問が毎回のように頭を駆け巡ります。

仕事として、一定の基準をもとに通知票をつけますが、
その通知票の採点がその人間の価値を決めるものではありません。

タバコのパッケージみたいに、但し書きを書くべきではないかと思います。

※この成績は、特定の基準に基づいて担任の目に触れる部分だけを評価したものであり、
あなたの人間的価値全体を評価したものではありません。

ともあれ、今日でこの苦しい作業を終えることができて、
少し、ホッとしています。



-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年頭の決意はどう書く?書いて終わりにならない目標の立て方!

毎年子供たちへの年賀状を書いています。 暑中見舞いと年賀状と学級通信の増刊号ということにしています。 今の勤務校では年頭の決意を発表するようになっているので、 年頭の決意の書き方についての記事を年賀状 …

みんな一緒の教育?それぞれ一人ひとりの教育?

今の学校教育は、真逆をやっています。 社会に出たら、自分のユニークさが最も大切な武器になります。 誰でもできる仕事を頼む相手は、あなたじゃなくてもいいのです。 誰でもできる仕事は、あなたの隣の人でもで …

テレビばかりで宿題を全然しない子にテレビの害をどう伝える?

「うちの子テレビばっかり見て宿題を全然しないんです。」 そんなお母さんの悩みをよく聞きます。 私は、子どもにはテレビの害をしっかりと話すべきだと思います。 そして、子どもたちに話す前に、大人がその害に …

それって本当の夢ですか?

教育相談で、ある男の子に 夢を聞きました。 「あなたの夢はなんですか?」 「自衛隊員になることです。」 「へえ、どうして  自衛隊員になりたいの?」 「お母さんが、それがいいって。」 「あれっ?」と思 …

ルールを守らせる教育

学校にはさまざまなルールがあります。 先生はルールを守らせるためにいろいろ工夫します。 ルールを破ったら罰を与える。 ルールを守ったらご褒美を与える。 ルールを守る大切さを語る。 こうやって学校を卒業 …