コーチング

コレクティブエフィカシー

投稿日:



ランキングアップにご協力お願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コレクティブエフィカシー
という言葉があります。

コレクティブとは
集団的という意味です。

エフィカシーは
ゴールを達成できるという
自己評価のことです。

つまり、
集団的自己評価が
コレクティブエフィカシーです。

ドリームキラーは
人の夢を邪魔するのですが、

コレクティブエフィカシーは
人の夢を応援合う
理想的な人間関係です。

私は先日
それを体験しました。

Refresiaというマッサージ店を
最近オープンさせたばかりの
吉屋裕子さんと
https://refresia.shopinfo.jp/

コラボ企画の内容を
打ち合わせているときでした。

吉屋さんも
私と同じくやりたいことが
たくさんある方で

色々なアイディアを
持っていました。

そのコラボ企画の内容は
もちろんどんどんイメージが
膨らんできてその骨格が
はっきりと見えてきたのですが、

それ以外にも
その企画の続編や
別の企画のアイディアも
どんどん出てきました。

そのほか
吉屋さんの
健康に関する思いや
社会全般に対する思いも
聞いていて

私の頭の中には、
だったら、
この人と会わせたいな
という人が次々に
浮かんできました。

「ああ、またつながった。」
「ああ、またひらめいた。」

の連続でした。

実際にその日、
健康的な食事について
教えている先生に連絡して

Facebookでつながって
もらいました。
きっとここからも
面白い企画が
生まれると思います。

2人で話していると
その企画が
「できない理由」は
全く思いつきませんでした。

「できる理由」
そして、
「もっと広げるアイディア」
「もっと続けるアイディア」
が次々に出てくるのです。

脳がノリにノッている。
そんな状態です。

「ああ、これが
 コレクティブエフィカシーだな。」
と思いながら

話していました。

あなたの周りには
ドリームキラーが多いですか
それとも
コレクティブエフィカシーが
作れる仲間が多いですか?

もし後者ならば
それはとてもラッキーです。

あなたの能力を
何倍にも増幅させてくれる
素晴らしい環境です。

もし前者なら
その集団からは
距離を置きましょう。

そして
コレクティブエフィカシーが
生まれるような
望ましい人間関係を
作る側の人間になりましょう。

お互いの夢を認め合い
お互いの力を高め合う

そんな関係を作りましょう。

大丈夫、あなたならできます。

そのゴールを設定した瞬間に
そんな人たちが
周りにたくさんいることに
気づきますよ。

そのコラボ企画の
内容については
まだお知らせできませんが、
追ってお知らせしようと
思っています。
お楽しみに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

ランキングアップにご協力お願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽しいほうへ楽しいほうへ

山口県長門市にとっての 郷土の偉人 童謡詩人 金子みすゞ みすゞさんの詩に 「明るいほうへ」 という詩があります。 コーチングを学んだ私は こう言いたい。 「楽しいほうへ」 私たちの頭の中には たくさ …

本当にこの子のため?

「この子のためを思って。」 というしつけのパターン。 「将来、困るといけないから この子のためを思って叱ります。」 確かにそういう場合も あるかもしれませんが、 多くの場合、 「それ、本当に 子どもの …

抽象度を上げて考える

先日、 小学生にコーチングをしました。 そして、その小学生に 抽象度を上げるといいよ。 というアドバイスをしました。 意見が対立したときに どうするかという場面です。 話を聞きながら、 やはり抽象度を …

ビジュアライゼーションインタビュー

先日は横浜にある 「コジマ」という ペットショップに行きました。 私のクライアントさんの一人が 将来ペットショップの店員さんに なりたいというのです。 そのクライアントさんは 小学生の女の子です。 ど …

幸せを感じる瞬間

先日は息子と 63㎞のサイクリング。 走行時間は5時間45分。 私の大腿筋はヘロヘロに なっていました。 乳酸がたまりまくって 足が思うように動かない。 ほんの少しの上り坂でも 押して歩くぐらいでした …