「 教育 」 一覧

テレビばかりで宿題を全然しない子にテレビの害をどう伝える?

2018/01/09   -教育

「うちの子テレビばっかり見て宿題を全然しないんです。」 そんなお母さんの悩みをよく聞きます。 私は、子どもにはテレビの害をしっかりと話すべきだと思います。 そして、子どもたちに話す前に、大人がその害に …

年頭の決意はどう書く?書いて終わりにならない目標の立て方!

2018/01/09   -教育

毎年子供たちへの年賀状を書いています。 暑中見舞いと年賀状と学級通信の増刊号ということにしています。 今の勤務校では年頭の決意を発表するようになっているので、 年頭の決意の書き方についての記事を年賀状 …

さあ入学準備!学力向上のために先生が教える筆箱の中身とは?

2018/01/08   -教育

現役の小学校教師として、 1年生の子どもたちに学力を保証するための 大切な筆箱の中身についてお教えします。 お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんが、 可愛い子ども、孫のためにいい文房具を用意して …

発達障害って何?お母さんの悩みを軽くするスペクトラムという考え方

2018/01/08   -教育

「うちの子、ちょっとおかしいのかもしれない。」 「他の子と違うのかも。大丈夫かな。」 「発達障害なのかもしれない。」 発達障害のお子さんをもつお母さんの最大の悩みの原因は、 「他の子どもたちと違うこと …

研究紀要どうすればいい?研修主任の腕の見せ所!

2018/01/05   -教育

毎年の研修の成果として作られる研究紀要。 教育委員会による諸帳簿点検でも必ずチェックされます。 研究紀要を作るのは研修主任の大切な仕事です。 その研究紀要は、 研究授業に考察を書いて終わり。 になって …

入学する子に準備させたいこと ひらがなはどこまで?

2017/12/26   -教育

保護者の方と話していて、よく聞かれることがあります。 「先生、下の子が入学するのですがどんな準備をさせておいたらいいでしょうか。」 よく考えていない先生はこう答えます。 「特に必要ありませんよ。学校で …

最終ステージクリア

2017/12/26   -教育

子どもの心をつかんで離さないゲーム。 最近はゲームの種類も豊富になって 様々なタイプのゲームがあるようですが、 基本的には一定のルール内での挑戦です。 そのルールの範囲内で「最高の達成度」というものが …

ルールを守らせる教育

2017/12/25   -教育

学校にはさまざまなルールがあります。 先生はルールを守らせるためにいろいろ工夫します。 ルールを破ったら罰を与える。 ルールを守ったらご褒美を与える。 ルールを守る大切さを語る。 こうやって学校を卒業 …

空気を読む子

2017/12/22   -教育

空気を読む子どもは教師にとって都合のいい子どもです。 授業で教師がダメな発問や指示をした場合でも、 教師の意図を汲んで、教師の意図に沿った答えを言います。 その結果、「この子はいい子」と評価されるので …

子どもの言葉とその真意

2017/12/20   -教育

いつもあまのじゃくなことを言う子、いませんか。 「そんなのどうでもいいし。」 「~なんか大嫌いやし。」 「嫌われてもいいし。」 「面白くないし。」 「ウザイ。」 「ババア。」 「あっち行け。」 聞いて …

「心配だ。」という代わりに

2017/12/19   -教育

保護者と話していると、よくこの言葉が出てきます。 「~が心配なんです。」 その気持ちはよくわかるのですが、 その言葉を口に出すことが子どものためになるとは限りません。 むしろ、子どもにとって悪い影響を …

文字が世の中を動かす

2017/12/17   -教育

赤信号で止まるのはなぜですか? 日本に住んでいるほとんどの人は赤信号で止まります。 ※一部の反社会的な人を除いて。 赤信号で止まらない人は極めて少ないでしょう。 多くの人の行動を規定するところの所以は …

既製品とオーダーメイド

2017/12/15   -教育

小学校の先生の中には、ジャージで授業をする人もいるのですが、 私は、ドラマに登場するジャージ姿の先生のイメージが大嫌いなので、 体育の授業以外は、できるだけネクタイを締めてスーツで授業をします。 そん …

人を評価すること

2017/12/14   -教育

今日は、学校に残って通知票を仕上げました。 明日の朝が締め切りです。 以前はすべて手書きとスタンプだったのですが、 今は、電子化されて、エクセルファイルに打ち込んで、 印刷すればいいようになっています …

日本の子どもはダメなのか?

2017/12/13   -教育

給食を残す子にこんな指導をする先生がいます。 「アフリカの子どもたちはお腹いっぱい食べられないのよ。」 私はこの指導に違和感を感じます。 それと同様に、 発展途上国の子どもたちが学校に行くことを喜んで …

許せない?

2017/12/08   -教育

教師という仕事は、多くの子どもと接する仕事です。 いろんな価値観を持った子どもがいます。 遺伝子も違う、育った環境も違う子どもたちが集まっています。 几帳面な子もいるし、いい加減な子もいます。 素直な …

師は選ばれるもの

2017/12/03   -教育

「あの子は相手によって態度を変えるよね。」 職員室で聞いたことのある子どもへの評価です。 「相手によって態度を変える。」 と言った先生は、 その子に悪い方に態度を変えられた相手です。 他の先生の前では …

現代の教育システムを疑う

2017/12/03   -教育

何事も目の前のものを絶対視していては思考が進みません。 高い視点から、相対化してみることが大切です。 「学校に通うのが当たり前だ。」 と思っている人は思考がストップしてしまっているのです。 数年前まで …

喧嘩の仲裁はこうする

2017/12/02   -教育

ビリーさんの講座を受けて、 喧嘩の仲裁の仕方のこととリンクしました。 若い先生にとって子どもたちの喧嘩の仲裁が 上手くできるかどうかは、学級経営に大きな影響があります。 そもそも、喧嘩はあって当たり前 …

これを知ったら人生が変わる!

2017/12/02   -教育

これを知ったら人生が変わるという ききかたを勉強してきました。 ご縁紡ぎ大学の第2講座で、 ビリーさんこと山下義弘さんに教えてもらったことです。 素晴らしい講座だったのですが、 その中でも 「聞く」の …