「 教育 」 一覧

伝統という思考停止

2018/07/25   -コーチング, 教育

「なぜ〜をするのか?」 という問いに 「なぜなら、それが伝統だから。」 という答えをする人がいます。 それ、 思考停止に陥っていますよ。 今までこうだったから これからもそうする って、はっきり言って …

みんなが生き生きと過ごせる社会に

2018/07/21   -教育

学校での熱中症問題に思うこと。 それは、 「個人が社会に合わせる」 という感覚の人が多い ということ。 現代の社会が正しくて それに合わない個人は 適応力がないという考え方。 学校では、 社会の正しい …

50メートル走のゴール

2018/07/17   -コーチング, 教育

小学校では毎年 体力テストがあります。 その中の種目に50メートル走が 含まれています。 巻き尺で50メートルを測り、 スタートラインとゴールラインを 石灰で引くのですが、 教師はそこでちょっとした工 …

分相応という洗脳

2018/07/16   -コーチング, 教育

「分相応」 「身の程を知りなさい」 という指導がありますが こんなのは無視してください。 これこそが洗脳です。 あなたは望む通りの人間に なることができます。 身の程という言葉で 自分を枠に閉じ込めて …

ビジュアライゼーションインタビュー

2018/07/15   -コーチング, 教育

先日は横浜にある 「コジマ」という ペットショップに行きました。 私のクライアントさんの一人が 将来ペットショップの店員さんに なりたいというのです。 そのクライアントさんは 小学生の女の子です。 ど …

即レスという同調圧力

2018/07/13   -コーチング, 教育

女子高生の間で、 snsやメールなどの やりとりをするときに、 「即レス」をしないといけない というルールが できてしまっているようです。 すぐに返事をしないと、 「どうしてすぐに  返事しないの?」 …

あなたはいつも・・・

2018/07/10   -コーチング, 教育

人を批判するとき つい使ってしまう言い回し。 「あなたはいつも・・・」 「あなたはいつも  忘れてしまうんだから。」 「あなたはいつも  だらしないんだから。」 「あなたはいつも  同じ失敗をするんだ …

子育ての基本

2018/07/09   -コーチング, 教育

「子どもがいうこと聞かなくて 困ってるんです。」 そんな相談がよく寄せられます。 いうことを聞いてくれない という状態は やはり親子の関係が あまりよくない と言っていいでしょう。 親が悪い 子どもが …

他者意識

2018/07/04   -コーチング, 教育

子育て、教育をする上で 忘れてはならない大切な視点。 それが他者意識です。 自分と人とは違う人間なのだ という認識。 これが欠けている人が多すぎる と感じています。 学校の先生に特に多いです。 とにか …

教育にコーチングを

2018/06/24   -コーチング, 教育

学校にはさまざまな 目標があります。 教育基本法 学校教育法 にも目標が明確に 書かれています。 これらの目標が、 学校のすべきことを規定します。 さらに、 学校給食法 学校図書館法 学校保健安全法 …

本当にこの子のため?

2018/06/17   -コーチング, 教育

「この子のためを思って。」 というしつけのパターン。 「将来、困るといけないから この子のためを思って叱ります。」 確かにそういう場合も あるかもしれませんが、 多くの場合、 「それ、本当に 子どもの …

第二の日大の悲劇を生まないために

2018/06/10   -コーチング, 教育

日大アメフト部事件は 私たちに様々なことを 考えるきっかけを 作りました。 私は真っ先に 学校教育のあり方について 反省をするべきだと 考えましたが、 そのことは 家庭教育についても 同様だと思います …

あれども見えずを問う

2018/06/03   -コーチング, 教育

授業の名人と言われる 有田和正先生の 有名な発問があります。 「バスの運転士さんは  どこを見て運転していますか?」 この発問で子どもたちの 思考が活性化します。 なんとなくボーッと見学していても こ …

日大アメフト部問題に思うこと

2018/06/01   -教育

日大アメフト問題は、 非常に悲しく、 腹立たしい出来事ですね。 私も教育者の端くれとして 恥ずかしいことだと思っています。 今回の事件は、 もちろん日大の監督・コーチ陣の 責任でもありますが、 同時に …

孫正義の打率は○割

2018/05/29   -コーチング, 教育

「成功している人ほど、打率は低い。」 夢をかなえたいと思っている人に この言葉を贈りたいです。 成功している人は、 何度も三振や凡打を繰り返しているのです。 講演会に行ったときに、こんな話を聞きました …

1マイル4分

2018/05/28   -コーチング, 教育

昔、陸上競技の中に マイルレースというものがありました。 1マイル(約1609メートル)を 走る競技です。 パーヴォ・ヌルミ選手が4分10秒3という 驚異的な記録を打ち立ててから、 「もう二度とこの記 …

ブリーフシステムの外側へ

2018/05/23   -コーチング, 教育

1000万部の本を売った編集者の 長倉顕太さんは次のように言います。 「貧乏は遺伝する」 親が貧乏なら、子どもも 貧乏になるということです。 それはなぜでしょうか? ブリーフシステムが影響しているので …

そもそも論から教育を考える

2018/05/23   -教育

今日は教育のお話です。 先日は 第1回尼崎市学びと育ち研究所報告会で 教育哲学者の苫野一徳さんが 参加する鼎談を聞きに行きました。 苫野さんは 「そもそも教育とは何か?」 「どのような教育がよい教育か …

みんななかよし

2018/05/23   -コーチング, 教育

教員をやっていた頃、 「この指導には違和感があるな。」 と思っていたこと。 それは、 「みんななかよし」 というスローガンです。 このスローガンの裏には 「ちゃんと話せば分かり合える」 「わたしにとっ …

何歳だって関係ない

2018/05/23   -コーチング, 教育

極めて正確な日本の地図を作った 伊能忠敬 彼は、もともと商人だったのですが、 55歳の時に測量をはじめ、 地図を作り始めたのです。 当時の平均寿命は50歳。 今で言えば80歳を過ぎたおじいちゃんが 日 …