コーチング 子育て 教育

世の中は楽しいぞ!

投稿日:2018年10月28日 更新日:



ランキングアップにご協力ください


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

人はそれぞれ
違う世界に生きています。

この世界は客観的な
誰がみても同じもの
ではありません。

世界の全てものが
脳を通して認知されて
いるからです。

その認知のフィルターの機能が

RAS(Reticular Activating System)
です。

RASというフィルターは
ブリーフシステム(信念体系)と
連動しています。

そしてブリーフシステムをは
過去の情動記憶で作られます。

例えば
過去に親友に裏切られた
という経験のある人は

「人は信用できない。」
「騙されてはいけない。」
というブリーフシステムを
作り上げていきます。

そのブリーフシステムに
連動しているRASは

「人は信用できない」
という情報を
選んで認知させます。

どこどこでまた騙された。
詐欺にあった。
恋人に裏切られた。

という情報ばかりを
選んで認知し

ブリーフシステムを
さらに強化していきます。

「ほらね、やっぱり
 人は信用できないでしょ。」
ということが
積み重なっていくのです。

その人は
「人は信用できない」
という現実世界に生きる
ことになります。

教育の世界でも
この仕組みは
大きな影響を与えます。

多くの学校で
教師はこう言います。

「今、勉強していないと
 大人になって苦労するぞ。」
「世の中、甘くないぞ。」
「大人は厳しい世界に
 生きているんだぞ。」

こうやって、
児童生徒を脅して
勉強に向かわせます。

こうやって
学校というシステムを
うまく機能させるために

教師は様々な
脅しを使うのです。

そうやって
大きくなった子どもたちは

強烈なブリーフシステムを
作り上げていきます。

「世の中甘くない。」
「大人は大変だ。」
というブリーフシステムです。

現代の日本の大人たちに
元気がないのは
そのせいなのでは
ないでしょうか。

人生は楽しむものではない。
人生は厳しいものだ。

そういうフィルターを通して
子どもたちは世界を
認識してしまいます。

そういうフィルターだから
そういう信念が
ますます強化されます。

世の中甘くない
という情報ばかりを
集めてきて、

「やっぱりそうだ。」
となるのです。

だから、
会社に縛られて
我慢しながら
やりたくもない仕事を
淡々とやっている。

そんな大人たちが
出来上がっていくのです。

子どもたちを
脅すのはやめましょう。

さらに言えば、
後輩や自分の社員を
脅すのもやめましょう。

負のブリーフシステムを
次の世代に残していくのは
もうやめにしましょう。

そして、
こう言うのです。
「世の中は楽しいぞ!」
って。

教師は卒業式に
子どもたちへはなむけの
言葉を送ります。

「人生の荒波に・・・」
「辛いことがあっても・・・」
「激動の世の中で・・・」

といった脅し文句が並びます。

私は祝文にこう書きます。

「世の中はおもしろい!
 あたなの未来に訪れる
 様々な出来事を
 思う存分楽しみましょう。
 人生を楽しめるか、
 楽しめないかは、
 あなたの心がけ次第です。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

ランキングアップにご協力ください。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング, 子育て, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

共通のゴールを作る

ランキングアップにご協力お願いします。 ↓ 生き方ランキング にほんブログ村 親が子どもを育てるとき 上司が部下を育てるとき 親や上司の悩みは 「なかなか  思う通りに動いてくれない。」 というもので …

それって本当の夢ですか?

教育相談で、ある男の子に 夢を聞きました。 「あなたの夢はなんですか?」 「自衛隊員になることです。」 「へえ、どうして  自衛隊員になりたいの?」 「お母さんが、それがいいって。」 「あれっ?」と思 …

入学する子に準備させたいこと ひらがなはどこまで?

保護者の方と話していて、よく聞かれることがあります。 「先生、下の子が入学するのですがどんな準備をさせておいたらいいでしょうか。」 よく考えていない先生はこう答えます。 「特に必要ありませんよ。学校で …

未知への恐怖

人は未知のものを恐れます。 今までになかったもの。 知らなかったもの。 「実績がない」 ということは 多くの人のにとって 得体の知れないもので 恐怖の対象でしかないのです。 様々な仕事や 人間関係 そ …

ネタができました

今日は私のことについて。 先日子育てコーチングセミナーを 開催したのですが、 お客さんは、なんと・・・・ 0人でした。 そう、お客さんが誰も来なかったのです。 そして、河村大輔はどう考えるかというと、 …