コーチング 子育て 教育

コーチングの力

投稿日:



先日のコーチングセッションの
感想をいただきました。

このクライアントさんには
親子でのセッションを
させてもらっているのですが、

セッションが進むにつれて
どんどん表情が
明るくなってきて

明らかに変わって
きているのが
分かります。

4回目の
セッションの後の
感想です。

本人の許可を得たので
ご紹介します。

・・・・・・・・
今日で親子4回コース最後のコーチング‼️
大輔先生と出会ってから娘が将来なりたい職業になるために動く力が身に付きました。子供の夢だからまた変わるだろうとあまり話しを聞いていなかった私…大きくなったら○○になりたい!と発言するだけだった娘が大輔先生にその職業の視野を広げて、そのために行動に移すヒントを頂いて3回目までに娘なりの勉強を積みました。
3回目のコーチングの少し後、見に行ったサーカスに魅了され急にサーカスの人になりたいと言いだした娘。でもここからが違いました。サーカスの人になるためにはどうしたらいぃかねぇ?と自分から私に聞いてきました‼️まずは身体を軟らかくすることかなと言うとその日の夜から身体を軟らかくするべく娘独自の体操がスタート‼️コーチングを受ける以前の娘にはなかった行動でした。きっとまたいつか夢は変わっていくのだと思いますが、その都度、その夢に向かって頑張る経験とエネルギーは娘の財産になるんだと教えて頂きました。

4回目を終えて、私自身の一番の変化は自己肯定感が上がり生きやすくなったこと。済んだことをあまり引きずらなくなり、大小ゴールを先に決めることを教わり自然とそれに向かって行動するので迷いも減り、以前より楽に過ごせるようになりました。自己肯定感が低く、悩んで落ち込んでばかりだった私がこんなに楽に過ごせる日がくるとは…コーチングって凄い‼️と、いうことでまた4回お世話になることにしました‼️
またまた親子でこれからの変化が楽しみです。
・・・・・・・・

セッション前は、
娘のことが心配で心配で・・・。
といった感じだったのですが、

セッションを通して
娘の夢と、自分の夢との
切り分けがしっかり
できるようになられたことを
感じました。

お母さん自身が
自分の夢を意識されて
生き生きと過ごせるように
なってから

余裕をもって
娘さんと向き合うことが
できるように
なってきています。

お母さんが
娘さんの話をしっかりと
聞くことさえできれば
親子関係は必ず
うまくいきます。

子どもでも大人でも
同じなのですが、
人は自分の話を
聞いてくれる人の
言うことを
聞きたいのです。

理想の親
理想の上司
理想の先生
理想の友達

理想の〜ランキングの
上位には必ず

「自分の話を最後まで
聞いてくれる人」

という条件が
入っているそうです。

人の話を聞くには
自分の心が安定している
必要があります。

恐れから解放されて
未来への希望が持てる
理想的な心理状態になれば
人は人の話を
聞くことができます。

まさに
コーチングを受けた人は
理想の聞き手になれるのです。

上司

先生
友達

人を導く立場の人には
ぜひコーチングを受けて
ほしいなと思います。

このクライアントさんが
ますます自分のゴールに向かって
自分を成長させていくことを
心から祈っていますし、
そこに関わらせてもらえることに
心から感謝しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング, 子育て, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分が引っ込み思案だという思い込み

昨日、お友達とジョイフルでコーヒーを飲んでいたとき、 「ああ、やっぱりそうだよね!」 と共感しあったこと。 それは、 「自分が〜な人間だ。」 というのは単なる思い込みだということ。 私は福岡教育大学に …

自分のユニークを磨こう

友達の勧めで、映画「グレイテスト・ショーマン」を見てきました。 好評だったので、2回も延長されていたそうです。 家族と予定が合わず、一人で見に行ったのですが、 一番後ろの席で何度も涙をぬぐいながら見ま …

ほらやっぱり。って言ってませんか?

「ほらやっぱりね。」 口に出すにしろ、 心の中で言うにしろ、 この言葉、よく言っていませんか? 「〜ができた。 ほらやっぱりね。」 「〜ができなかった。 ほらやっぱりね。」 プラスの言葉にしろ マイナ …

努力はいらない?

元小学校教員が こんなこと言ったら びっくりされるかも しれませんが、 誤解を恐れずにあえて 言います。 努力はしなくていいです。 努力という言葉の 解釈にもよるのですが、 一般に思われているような …

聖なる〜

私の大好きな本の中に 「ポジティブの教科書」 という本があります。 武田双雲という 書道家の方が書いた本です。 読んだだけで、心が軽くなり、 楽しくなる本です。 まだの方はぜひ読んでみてください。 読 …