コーチング

過去は最高の選択の結果

投稿日:



過ぎ去ったことを
後悔する気持ち。

よく分かります。

「ああしておけばよかった。」
「こうしておけばよかった。」

後から考えると
他の選択肢の方が
よかったと思えることが
ありますよね。

誰もが経験のあること
だと思います。

例えば
右の道から行くか、
左の道から行くか、
という選択肢があったとして

右の道を選んだところ、
道路工事をしていて
思った以上に
時間がかかってしまい、
約束の時刻に遅れてしまった。

そんな時、

「ああ、左の道を
 選んでおけばよかった。」
と後悔してしまいます。

左の道ならば
もっと早く目的地に着いて
約束の時間に
遅れることはなかっただろう。
と考えるのです。

でも、
ちょっと待ってください。
それって本当にそうですか?

左の道ならば
もっと早く目的地に
着いていたのですか?

それは分かりませんよ。
もしかすると
左の道を行くと
車が横道から飛び出してきて
事故を起こしてしまった。

そんなことが
あるかもしれません。

私たちは、
選択の結果が悪かった時
違う選択をした方が
良い結果が起きただろう。

と勝手に思い込んでいるのです。

でもそんなことは分かりません。
違う選択をしたら
もっと悪い結果が待っていた
ということもあり得るのです。

それに、
あなたが右の道を
行くと決めたときは

なぜ右の道を
選んだのでしょうか。

右の道を行けば
道路工事をしている
という情報は
その時点では
分からなかったはずです。

その時点で
知り得る限りの情報を使って
最高の選択をしたはずなのです。

結果として
約束の時間に遅れたとしても
その時点でそれ以上の
選択をすることは
不可能だったのです。

そう考えると、
自分が今いる状況は

過去の最高の選択を
積み重ねてきた結果だと
言えませんか?

あなたが置かれている
今の状況は

過去のあなたが
知りうる限りの
情報を総動員して
最高の選択をして

勝ち取ってきた
状況なのです。

人は
過去の選択を
後悔してしまいますが
それは幻想でしかありません。

過去に別の選択をした
自分は存在しないのです。

しかも
別の選択をした自分が
今の自分よりも
良い自分になっているという
幻想を抱いているのです。

そんな幻想に
逃げ込むのは
もうやめましょう。

今の自分を
もっと褒めましょう。

過去の選択に
感謝をしましょう。

今いる自分は
過去の最高の選択をしてきた
最高の自分なのです。

そして、
私たちが考えるべきなのは
これからの選択です。

これまでと同じように、
また、
最高の選択を
続けていくのです。

幻想の自分を
追いかけるのはやめて

未来のより良い自分を
イメージすればいいのです。

そう考えることで
後悔して時間を
無駄に過ごすことが
なくなります。

私たちが考えるべきことは
「よし、次はこうしよう。」
ということなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お金への偏見

お金はそれ自体に 良いも悪いもありません。 しかし多くの人はそこに 意味を見出します。 例えば、 お金儲けをしている人は、 きっと悪い人に違いない。 お金持ちは性格が悪い。 すぐにお金の話をする人は卑 …

過去にとらわれない生き方

夢を叶えたい人にとって、大きな障害となるのが、 「過去にとらわれた考え方」 です。 大きな夢をもったとき、 「できないかもしれない。」 という考えが浮かんでくる。 その考えの根本には何があるのでしょう …

俺はいいけどYAZAWAは

ロックスター矢沢永吉 矢沢さんの生き方は コーチング的にとても参考になります。 矢沢さんの有名な逸話に 次のようなものがあります。 コンサートで地方を回っているときに スタッフの手違いで、 矢沢さんが …

他者意識

10月14日の 子育てコーチングセミナーでは 親が子どもに対する 他者意識を持つことに ついてお話しさせて いただきました。 例え親子であろうとも 結局は別の人格を持った 人間です。 子どもの人格を …

手段の目的化

手段が目的化することは 様々なところで よく見られます。 人はどうしても 目先のことに集中してしまい そもそものゴールを 見失ってしまうのです。 教育や子育ての分野でも しばしば 手段の目的化が 起き …