コーチング

煩悩は捨てた方がいい?

投稿日:



除夜の鐘は108回。
人間の煩悩の数と
同じだそうです。

仏教では煩悩こそが
苦の原因だから
煩悩は捨てるべきだ
という教えが
あるみたいです。

例えば
「おなかいっぱい食べたい」
という煩悩を捨てることで
それが得られない苦しみから
解放されるということなのでしょう。

簡単に言えば
「欲を捨てなさい」
という教えです。

しかし
コーチング的には

煩悩は持っていい。
しかも
煩悩は強く大きい方がいい
のです。

例えば
「おなかいっぱい食べたい。」
という煩悩は

強く持てば持つほど
臨場感が上がり
そのゴールが
叶いやすくなります。

「ちょっとお腹空いたなあ」
よりも
「腹が減って死にそう」
の状態の方が
食べ物を求めるエネルギーが
強くなるということです。

では
煩悩が大きいとは
どういうことでしょうか。

「おなかいっぱい食べたい。」
という煩悩

どんなに強く思っていても
「私一人が
 おなかいっぱい食べたい。」
という煩悩は
小さな煩悩です。

自分一人を満たせばよいからです。

これを少し大きくすると
「私と隣の人が
 おなかいっぱいになったらいい。」
となります。

もう少し大きくすると
「私の家族や友達が
 おなかいっぱいになったらいい。」

さらに大きくすると
「このまちに住んでいる人が
 みんなおなかいっぱいに
 なったらいい。」

そして
「世界中の人がみんな
 おなかいっぱいになったらいい。」

煩悩はいくらでも大きくできます。

この大きさを抽象度と
言い換えることもできます。

視点を高く持って
多くの人が包摂される
抽象度で物事を考えるのです。

リーダーが
「自分の家族がだけが
 豊かになりたい」
という
煩悩を持っている国と

リーダーが
「すべての国民が
 豊かになってほしい」
という
煩悩を持っている国では

どちらに住みたいですか?

もっと単純に考えて

「周りの人みんなが
 幸せになってほしい」
と強く思っている人と

「私だけが
 幸せになればいい」
となんとなく
思っている人とでは

どちらが幸せな人生が
送れるでしょうか。

煩悩は
強く大きい方がいいのです。

おなかいっぱい食べたい
お金持ちになりたい
海外旅行に行きたい
ブランド物のバッグが欲しい
そして
多くの人がそんな希望を
かなえられたらいい。

強く大きい煩悩を
持っている人たちが
どんどん増えれば

この世の中がもっと
幸せな世の中になるだろうな。

そんなことを思いながら
私も
煩悩を強く大きくしていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ルフィーの力の秘密

漫画ワンピースの主人公 モンキー・D・ルフィー 物語の中でどんどん成長していきます。 そして、超人的なエネルギーで 困難に立ち向かっていきます。 そのルフィーの力の源はなんでしょう。 なぜあれほどまで …

夢の大きさ

大きな夢を持つと 人は不安を感じます。 「自分はこの夢を  かなえることが  できるだろうか?」 自己イメージのと 夢の大きさとを 比べてしまうのです。 自己イメージが 夢の大きさより 小さく感じたと …

悪魔の予言

なんだか恐ろしげな タイトルですが、 結構身の回りに よくあることです。 コーチとして、 人のマインドに関わる 仕事をするものとして、 きちんと伝えておかなければ いけないことなので、 悪魔の予言につ …

過去は最高の選択の結果

過ぎ去ったことを 後悔する気持ち。 よく分かります。 「ああしておけばよかった。」 「こうしておけばよかった。」 後から考えると 他の選択肢の方が よかったと思えることが ありますよね。 誰もが経験の …

俺はいいけどYAZAWAは

ロックスター矢沢永吉 矢沢さんの生き方は コーチング的にとても参考になります。 矢沢さんの有名な逸話に 次のようなものがあります。 コンサートで地方を回っているときに スタッフの手違いで、 矢沢さんが …