コーチング

煩悩は捨てた方がいい?

投稿日:



除夜の鐘は108回。
人間の煩悩の数と
同じだそうです。

仏教では煩悩こそが
苦の原因だから
煩悩は捨てるべきだ
という教えが
あるみたいです。

例えば
「おなかいっぱい食べたい」
という煩悩を捨てることで
それが得られない苦しみから
解放されるということなのでしょう。

簡単に言えば
「欲を捨てなさい」
という教えです。

しかし
コーチング的には

煩悩は持っていい。
しかも
煩悩は強く大きい方がいい
のです。

例えば
「おなかいっぱい食べたい。」
という煩悩は

強く持てば持つほど
臨場感が上がり
そのゴールが
叶いやすくなります。

「ちょっとお腹空いたなあ」
よりも
「腹が減って死にそう」
の状態の方が
食べ物を求めるエネルギーが
強くなるということです。

では
煩悩が大きいとは
どういうことでしょうか。

「おなかいっぱい食べたい。」
という煩悩

どんなに強く思っていても
「私一人が
 おなかいっぱい食べたい。」
という煩悩は
小さな煩悩です。

自分一人を満たせばよいからです。

これを少し大きくすると
「私と隣の人が
 おなかいっぱいになったらいい。」
となります。

もう少し大きくすると
「私の家族や友達が
 おなかいっぱいになったらいい。」

さらに大きくすると
「このまちに住んでいる人が
 みんなおなかいっぱいに
 なったらいい。」

そして
「世界中の人がみんな
 おなかいっぱいになったらいい。」

煩悩はいくらでも大きくできます。

この大きさを抽象度と
言い換えることもできます。

視点を高く持って
多くの人が包摂される
抽象度で物事を考えるのです。

リーダーが
「自分の家族がだけが
 豊かになりたい」
という
煩悩を持っている国と

リーダーが
「すべての国民が
 豊かになってほしい」
という
煩悩を持っている国では

どちらに住みたいですか?

もっと単純に考えて

「周りの人みんなが
 幸せになってほしい」
と強く思っている人と

「私だけが
 幸せになればいい」
となんとなく
思っている人とでは

どちらが幸せな人生が
送れるでしょうか。

煩悩は
強く大きい方がいいのです。

おなかいっぱい食べたい
お金持ちになりたい
海外旅行に行きたい
ブランド物のバッグが欲しい
そして
多くの人がそんな希望を
かなえられたらいい。

強く大きい煩悩を
持っている人たちが
どんどん増えれば

この世の中がもっと
幸せな世の中になるだろうな。

そんなことを思いながら
私も
煩悩を強く大きくしていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンフォートゾーンから抜け出す

今、東京神田のホテルで書いています。 パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ養成講座 の最終日です。 ここ1,2年 飛行機で東京に出てくることが 激増しました。 10年くらい前の私は …

無理、無駄、あきらめろは褒め言葉

ドリームキラーは言います。 「そんなの無理でしょ。」 「無駄なことやるな。」 「あきらめなさい。」 「ドリームキラーが生まれるわけ」 http://kawad.net/976/ で書きましたが、 その …

恐れや嫌悪を意識する

無意識は コントロールできませんが、 意識は コントロールできます。 意識する 気づく ということに 焦点を当てることで 自分の可能性を 広げることができます。 知らず知らずのうちに 避けていたこと。 …

あなたはいつも・・・

人を批判するとき つい使ってしまう言い回し。 「あなたはいつも・・・」 「あなたはいつも  忘れてしまうんだから。」 「あなたはいつも  だらしないんだから。」 「あなたはいつも  同じ失敗をするんだ …

人はなぜ変われないのか

「変わりたいのに  変われないんです。」 多くの人が抱えている 悩みでしょう。 あちこちの 自己啓発セミナーに 通っているのに 一向に人生が変わっていかない。 セミナー難民と呼ばれる 人たちもいるそう …