コーチング

ハイエフィカシーの体感

投稿日:



コーチは
ハイエフィカシーな存在です。

クライアントのエフィカシーを
引き上げる存在なので
当たり前といえば当たり前です。

「ご縁つむぎ大学」という
連続セミナーで
一緒に学んだ友達に
先日言われました。

「大ちゃんが一番変わったよね。」

そのご縁つむぎ大学が
始まった頃は
私はまだ小学校教師でした。

考え方も小学校教師で
きっと視野の狭い
考え方をしていたのです。

もともと私は
恥ずかしがりで
初対面の人と
話しをするのが緊張する
タイプでした。

大学生時代に
「合コン」に行ったのは
たった一回だけ。

その一回も
友達に人数合わせに
無理やり連れて行かれただけで、

「なんで知らない女の子と
 あんなに楽しく
 喋れるのだろう?」
と不思議に思っていました。

「お酒を飲むなら
 知っている人と
 一緒に飲みたい。」
とも思いました。

そんな私だったのに
今では
全く知らない人が
集まる東京や大阪の
セミナーに一人で通ったり

そのセミナーで出会った人と
楽しく喋ったりお酒を飲んだり
できるようになっています。

この1年前までは
全く知らなかった人との
ご縁が
軽く100人以上は
できています。

Facebookのお友達も
4500人います。

コーチングを学ぶようになって
自己イメージの変革が起きたのです。

「自分はもっとできる人間だ。」

と思えるようになりました。

何か新しいことに挑戦するときにも
必ず「いいことが起きるはずだ。」
と思ってわくわくしながら
取り組むことができています。

PX2
TPIE
といった
セルフコーチングプログラムも
受けましたし、

パフォーマンス・エンハンスメント
コーチ養成講座を通して
マスターコーチに
エフィカシーを上げてもらいました。

そんな私の変化を見ていた友達が

「大ちゃんが一番変わったよね。」

と言ってくれたのです。

今はプロコーチとして
クライアントさんの
エフィカシーをあげる立場の

私自身が
コーチングによって
大きく人生を変えました。

ちょっと傲慢に
聞こえるかもしれませんが、

「みんな、
 私に会いにくればいいのに。」
と思ってしまいます。

私のハイエフィカシーを
分けてあげたいなと思うのです。

コーチングの理論は
科学に基づいたもので
言語で記述できるほど
論理体系がきっちりしています。

しかし、実際の
コーチングセッションでは
論理を超えた「体感」が
大切になります。

コーチに会った時の
何かわからないけど
一緒にいると元気になる
といった感覚です。

ハイエフィカシーな
コーチと一緒の空間を
経験するだけで

別にどんなアドバイスを
受けたわけでもないのに
なぜか
すごく心が晴れて
前向きな気持ちになってしまう。

こんな体感が得られるのです。

これはなかなか
言葉で説明するのは
難しいです。

ぜひ
コーチングセッションを受けて
この体感を味わってほしいと思います。

コーチングは人を変えます。

人を
飛躍的に変える力を
持っています。

それを支えるのは
科学的理論と体感です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

脳は否定が分からない

頭の中で考えたことが 現実になる。 という話は聞いたことが あるでしょう。 私も以前そんな記事を 書いた気がします。 だから現実に 起きて欲しいことを考えるように するといいのですが、 ここで注意しな …

学校では教えてくれないこと〜I×V=R 夢を叶える方程式〜

昨日、教員のサークルでコーチングの理論について話をしました。 I×V=R という夢を叶える方程式について解説をしました。 参加者は教員ばかりなのですが、なかなか反響がよく、 「これは、みんなが求めてい …

あなた、スルーしていませんか?

先日、 「あれども見えず」 のお話をしましたね。 人は見たいものしか見えない 仕組みになっています。 人の脳は極めて優秀な臓器で、 実に多くの情報処理を することができます。 しかし、 その脳がフルパ …

それ、そんなに大事?

人にはそれぞれ 大切なものがあって それを一生懸命 守ろうとします。 しかし、 それを守るために 非常なストレスを 感じてしまう。 そのストレスで 日常生活に影響まで 出てしまう。 そんなことって あ …

あなたの肩書きは

先日、 高橋歩さんのトークライブに 参加しました。 高橋さんの肩書は 作家・自由人 確かに高橋さんは バーを作ったり 世界一周旅行をしたり 沖縄の山の中に村を作ったりと、 いろいろなことに挑戦し まさ …