コーチング 教育

赤鉛筆指導とコーチング

投稿日:2018年8月27日 更新日:



小学校教師の世界では
知る人ぞ知る
「赤鉛筆指導」というものが
あります。

先日行われた
特別支援教育をテーマとした
「槇田塾拡大セミナー」で
私の師匠 槇田健が
紹介しました。

いわゆる
勉強が苦手な子に対する
指導法です。

答えがわからない子には
答えを写させます。
「写すのもお勉強のうち」
と言って堂々と写させます。

そしてさらに、
答えを写すことも
できない子には
教師が赤鉛筆で
ノートに薄く答えを書きます。

「なぞってごらん。
 できたらもっておいで。」
と言います。

なぞった答えを
もって来させて
大きく丸をつけます。

「よくできたね。」
と言って褒めます。

この指導法の効果を
知らない教師は言います。

「そんなことでは
 勉強にならない。」
「なぞっているだけでは
 自分でできるようにならない。」

しかし、この指導法を
やったことがある教師は
みんな実感しています。

なぞることを
続けているうちに
答えを写せるようになります。

さらに、
自分で答えを書けるように
なってくるのです。

テストで20点、30点だった子が
60点、70点になってくるのです。

なぜ赤鉛筆で書いた答えを
写させるだけで
勉強ができるように
なるのでしょうか。

コーチングの理論が
その答えを教えてくれます。

勉強ができない子は
今までに失敗経験を
重ねてきています。

「できない。」
「わからない。」
という経験が
蓄積されているのです。

すると
エフィカシー
(自己効力感)が低下し
自己イメージが下がります。

「自分は勉強ができない。」
「自分は何をやっても
 うまく行かない。」

という自己イメージが
作られるのです。

そうすると
新しい課題に向かう
力が失われていきます。

心理学的には
「学習性無力感」という
状態に陥ってしまうのです。

能力的には
「答えを写す」
という作業が可能な子も

「自分はできない。」
「また失敗するかも。」
という思いから、
写すということすら
できなくなってしまいます。

マインドのあり方が
パフォーマンスを
大きく損ねて
しまっているのです。

そんな子でも
なぞることならできます。
失敗がないからです。
先生が書いてくれた
答えだからです。

そして
なぞった答えを
先生に持っていくと
丸をつけてくれて
褒められます。

「よくできたね。」

その瞬間
小さな成功体験が
その子の心に
刻まれるのです。

「自分はできない。」
という自己イメージに
少しだけ
希望の光がさすのです。

それは
ただ単になぞっただけ
かもしれません。
その子の本当に持っている
学習の力を引き出したことには
なっていないかもしれません。

それでも、
その子の心には
「自分はできるかも。」
という希望がわいてきます。

マインドが変わってくるのです。

そして
そのかすかな
成功体験が重なってくると

エフィカシーが上がり
自己イメージがどんどん
変わってきます。

「自分はできない。」
という自己イメージが
「自分はできる。」
というイメージに変わるのです。

このブログでも
なんどもお伝えしているように

人は自己イメージ通りの
人間になります。

自分は価値ある人間だ
という自己イメージがある人は
本当に価値ある人間になり

自分は全く価値のない人間だ
という自己イメージの人は
本当にそうなるのです。

自己イメージの低い人は
何かで大成功を収めたとしても
「これは自分らしくない。」
と思ってしまい、

次に自己イメージ通りの
大失敗をしてしまうのです。

その人の能力とは
関係なく、
その人のマインドが
その人を規定するのです。

子どもであれば
それが顕著に表れます。

マインドのあり方次第で
その子のパフォーマンスは
何倍にも何十倍にもなります。

赤鉛筆指導は
コーチング理論に適った
素晴らしい指導法なのです。

コーチング理論を
知らない教師は
子どものマインドのあり方を
無視してしまいます。

表に現われた
分かりやすい「成果」のみを
よりどころに指導します。

過去のその子の成果をもとに
その子の評価を下します。

この子は勉強ができる子だ
この子は勉強ができない子だ

この子は忘れ物をしない子だ
この子は忘れ物ばかりする子だ

さらに
過去の成果から
子どもたちの未来を規定します。

きっとこの子は
こんな学校が合っているに違いない
きっとこの子は
こんな仕事が合っているに違いない

そうやって過去の成果から
その子の進路指導をします。

その子が
どんな心の状態なのか
その子が
どんな夢や希望を
持っているかは
教師の評価には
入っていないのです。

教師をはじめとした
子どもたちに関わる人には

ぜひ、
コーチングについて
学んでほしいと思います。

目に見えた分かりやすい
「成果」のみで
その子の評価を下し、
その子の未来を
規定しないでほしいのです。

赤鉛筆指導で
その子のマインドが変わり
その子の未来が
大きく変わるように

目の前の子どもには
無限の可能性があります。

そして、
コーチングを知ったあなたにも
また、
無限の可能性があります。

全てはマインドのあり方
次第なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

借り物の言葉

卒業式の式辞、告示、祝辞には、借り物の言葉が並びます。 「かの有名な〜はこう言いました・・・。」 その言葉が本当にその人本人の心からの言葉かどうかは、 すぐにわかります。 「あんなこと言ってるけど、 …

不登校児の対応から考えたこと

昨日は、ご縁つむぎ大学のお友達が、 コーチングを学びたいという方とご縁をつないでくれました。 3人で美味しい焼き鳥を食べながら色々な話をしました。 その話の中で、不登校について 考えさせられるお話があ …

可能性を伸ばす親、つぶす親

お子さんがいる方へ ぜひ知っていてほしい 2つの物語があります。 「鎖につながれた象」 と 「1マイル4分の壁」 です。 この物語に関係する キーワードは エフィカシー (自己効力感) です。 エフィ …

1マイル4分

昔、陸上競技の中に マイルレースというものがありました。 1マイル(約1609メートル)を 走る競技です。 パーヴォ・ヌルミ選手が4分10秒3という 驚異的な記録を打ち立ててから、 「もう二度とこの記 …

叶えたい夢と3つの幸せ

道徳の授業の中で子どもたちに話したことです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 人には3つの幸せがあります。 1つ目は、「してもらう幸せ」 おぎゃーと生まれた赤ちゃんは自分では何も …