コーチング

100%

投稿日:



コーチは100%
クライアントの
利益を考える。

コーチの利益は
0%

「ウィンウィン」という
言葉がありますが
それすら考えない。

ひたすら
クライアントの
利益を考える。

これはどういうことなのか。

教師の場合で考えたら
よくわかると思います。

もちろん教師も
そうあるべきです。

100%子どもの
利益を考える。

世の中がこういう
教員ばかりになったら
最高です。

でも、そうはなっていない。
なぜなら、

教師に対する
評価があるからです。

100%子どもの
利益を考えるべき教師ですが、

そうやって教育活動を
していても
どうしてもこの考え方が
入ってきます。

「この教育活動が
 どう評価されるだろうか?」

例えば、
授業がうまくいったかどうかを
子どもたちのテストの
成績で評価される。
あるいは、進学率で評価される。

その評価の主体は
管理職や
教育委員会や
保護者です。

だから教師の頭の中には
どこかに「評価」が
入ってくるのです。

子どもの利益の前に
自分の利益が
頭をよぎるのです。

そして
目の前の子どもの利益を
無視して
自分の評価を上げる。

そんな
行動に出てしまうのです。

話をコーチに戻します。

100%クライアントの
利益を考える。

ということは、

コーチの評価は
誰がするのかということを
いつも考えなければ
いけないのです。

そうです。
コーチの評価は
クライアントしか
できないのです。

例えば、
「私はクライアントさんの
 収入を5倍にしました。」
「私はクライアントさんを
 昇進させました。」
と声高に宣伝するコーチは
どこか怪しいのです。

クライアント自身の評価ではなく、
社会の評価を求めているのです。

「収入」や「社会的地位」を
評価基準にしてしまっている。

クライアントの満足度が
二の次になってしまっています。

もちろん
社会的評価が
クライアントの利益と
一致していれば
さほど問題はありません。

しかし、
自分の評価が
頭のどこかにある限り
クライアントの利益100%が
怪しくなってきます。

どこかで、
目の前のクライアントの声を
聞き逃す可能性が出てくるのです。

私は
教師という仕事をしていたので
余計にそのことに
敏感なのかもしれません。

「私は子どもたちの
 平均点を
 ◯点アップさせました。」
「私は子どもたちの
 体力テストの
 数値を◯ポイント
 アップさせました。」
と声高に叫ぶ教師に
違和感を感じていたのです。

ですから

コーチは100%
クライアントの
利益を考える

この言葉の
凄さと重さが
とてもよくわかります。

常にそれができているか
自分自身に問いかけます。

クライアントが
何を望んでいるのか。

これを聞き逃していないだろうか。

自分の評価を考えていないだろうか。

つくづく
コーチは崇高な仕事だと
思います。

そして
コーチという仕事を選んで
よかったと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あれども見えずを問う

授業の名人と言われる 有田和正先生の 有名な発問があります。 「バスの運転士さんは  どこを見て運転していますか?」 この発問で子どもたちの 思考が活性化します。 なんとなくボーッと見学していても こ …

大人も子どもも夢をかなえよう

子どもの頃の夢は 何ですか? その夢は今、 かなっていますか? かなっていると言う人は きっとしあわせな人生を 歩んでこられたことでしょう。 子どもの頃の夢を あきらめた人も かなりの割合で いると思 …

自分を見る力

最近の私の重要ワードは 「メタ認知」 です。 メタ認知(メタにんち)とは認知を認知すること。人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考や行動そのものを対象として客観的に把握し認識すること。それを …

恐怖への対処法

未来に起きることへの恐怖 恐怖は誰しもが 感じるものです。 事故で死んでしまう かもしれない。 という命に関わる恐怖から 明日のプレゼンで 失敗したらどうしよう。 という社会的な 問題に関わる恐怖まで …

進路指導の先生のマインド

現在の教育を変えたい! そう思って 教員を退職しました。 私が問題意識を 感じていることの1つに 進路指導のあり方 があります。 例えば 「東京大学に行きたい。」 という子どもに 「あなたの偏差値では …