コーチング

努力はいらない?

投稿日:



元小学校教員が
こんなこと言ったら
びっくりされるかも
しれませんが、

誤解を恐れずにあえて
言います。

努力はしなくていいです。

努力という言葉の
解釈にもよるのですが、

一般に思われているような
我慢して苦しいことに耐える
といったような努力は
しなくていいのです。

どうして?
学校では努力が大事だって
習ったのに。

と思うかもしれません。

努力と感じることは
実はやりたくないこと
であることが多いのです。

やりたくないことを
やらせようとするとき
「努力が大事だよ。」
という論理になるのです。

例えばゲームが大好きな
子どもがゲームをするのに
必死に努力していますか?

そんな子どもは
努力しているなんて
全く思っていませんよね。

ただひたすら
やりたいことを
ワクワクしながら
やっているだけです。

そんな子が
努力する時って
どんな時でしょう。

やりたくもない宿題を
いやいややらされる時です。

教師や親は
「努力しないと
成績が上がらないよ。」
と言います。

そこで
努力とは
嫌なことでも
我慢することなんだ。
という負の学習を
してしまっているのです。

大切なのは
努力することではなく
大好きなことに
没頭することなのです。

そこに努力はいりません。
イチローは努力して
一流の野球選手に
なったのではなく、

楽しい野球に
没頭していたのです。

イチロー選手はインタビューで
「努力は報われますか?」
という質問に
興味深い回答をしています。
https://grapee.jp/481102

やっぱりそうだなと思います。

世の中の一流と言われる人は
大好きなことに
没頭できた人たちなのです。

だから、子どもたちに
言うべきことは、

「努力が大事だよ。」
ではなく

「何が好きなの?」
なのです。

それが大きな
モチベーションを生むのです。

教育で大切なことは
努力の大切さを教えることではなく、
その子の
大好きなものを見つけて
あげることなのです。

もちろん大人も同じです。

大好きなことに没頭している大人は、
キラキラ輝いています。

好きでもないことに
必死で努力している大人は
どんどん疲弊してきます。

どんどんhave to地獄に
落ちていってしまいます。

ちょっと立ち止まって
自分の心の声に耳を傾けましょう。

私は何が好きなんだっけ?
どんな時にワクワクするのだろう?

その心の声に従えば、

努力なんていう言葉が
どこかへ飛んでいってしまうほど、

楽しく、没頭できる日々を
送ることができますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ツッコミで感情をコントロールする

人は強い感情を抱くと、 論理的思考ができなく なってしまいます。 例えば、恐怖という感情。 目の前に熊がいたら一気に 恐怖という感情が 頭の中を支配してしまいます。 おそらく一目散に逃げる という行動 …

人は変わるのが嫌?(ホメオスタシス)

人は日々変わっていくものです。 鴨長明も言っています。 方丈記の冒頭です。 「行く川のながれは絶えずして、  しかも本の水にあらず。  よどみに浮ぶうたかたは、  かつ消えかつ結びて  久しくとゞまる …

楽しいほうへ楽しいほうへ

山口県長門市にとっての 郷土の偉人 童謡詩人 金子みすゞ みすゞさんの詩に 「明るいほうへ」 という詩があります。 コーチングを学んだ私は こう言いたい。 「楽しいほうへ」 私たちの頭の中には たくさ …

無意識の判断を書き換える

人の脳は無意識に 働くことがあります。 例えば、車の運転。 免許を取ってすぐの頃は、 一つ一つの動作を 意識的にやっていた かもしれませんが、 運転に慣れてくると 考え事をしていても 勝手に車を 走ら …

大人も子どもも夢をかなえよう

子どもの頃の夢は 何ですか? その夢は今、 かなっていますか? かなっていると言う人は きっとしあわせな人生を 歩んでこられたことでしょう。 子どもの頃の夢を あきらめた人も かなりの割合で いると思 …