コーチング 教育

50メートル走のゴール

投稿日:



小学校では毎年
体力テストがあります。
その中の種目に50メートル走が
含まれています。

巻き尺で50メートルを測り、
スタートラインとゴールラインを
石灰で引くのですが、
教師はそこでちょっとした工夫をします。

ゴールラインの5メートル先に
もう一本のラインを引くのです。

なぜ、ゴールの先に
もう一本の線を引くのでしょうか。

それは、ゴール前でスピードを
落とさせないようにするためです。

小学校の低学年の子どもたちは
特にその傾向が多いのですが、
ゴールのラインが近づいてくると、
「あっ。ゴールだ。」
と思って安心して、
ゴール前でスピードを
落としてしまうのです。

これでは、子どもたちの走力を
正確に測ることができません。

そこで、5メートル先に
もう一本のゴールラインを引いて、
「この線まで、全力で走るんだよ。」
と教えることで、
本当のゴールラインを全力で
駆け抜けさせるのです。

この手法は教師の間では、
当たり前のことなのですが、
先日友達にそのことを話すと、
「へえ、そんなことしてたっけ?」
と言っていたので、
教師以外の人たちは
知らないことなんだと思って、
今回書いてみました。

この指導法と
コーチングの理論とが
見事にマッチしているのです。

それは、
ゴールの設定に関わる理論です。

ゴールを設定するときには、
現状の外側に設定します。
理想的な現状が続いたとしても、
決して達成できないような高いゴールです。

「少年よ、大志を抱け」
ということと同じです。
想像したらブルってしまうような
高いゴールを設定します。

そのゴールに向かって進み、
ゴールが近づいてくると、
人はエネルギーを失ってしまいます。

現状の外側に設定したゴールが、
現状の内側に入ってきて、
「このまま進めば、
 近い未来には、ゴール達成できるな。」
という見通しが立ってくるのです。

そう思ったとたんに、
人はゴールへ向かうエネルギーを
急速に失ってしまいます。

そこで、
ゴールのアップデートを
行う必要が出てくるのです。

ゴールが近づいてきたら、
さらに高いゴールを設定し、
再びゴールに向かうエネルギーを
引き出します。

こうしてゴールは
常にアップデートしていき、
どんどん自分を高めていくのです。

ここまで説明すれば、
50メートル走と
コーチングの理論が
どうつながっているか
わかったと思います。

私たちが何か目標を立てるとき、
例えば、
「新規顧客を50人獲得するぞ。」
としたとき、
50人獲得できる可能性は
あまり高くありません。
40人を超えたぐらいから、
エネルギーが失われてくるからです。

「新規顧客を100人獲得するぞ。」
という目標を立てると、
50人は簡単にクリアできるのです。

より高いゴールを設定しているため、
50人という中間ゴールを
全力で駆け抜けることができるのです。

能力の問題ではありません。
ただ、
正しいゴール設定を
するかどうかなのです。

50メートル走のゴールの、
向こう側にもう一本ラインを引くのは、
低学年の子どもたちだけでなく、
私たち大人にも、
とても有効な手法なのです。

全力で駆け抜けるという
イメージを持って、
常にゴールを
アップデートしていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お金への偏見

お金はそれ自体に 良いも悪いもありません。 しかし多くの人はそこに 意味を見出します。 例えば、 お金儲けをしている人は、 きっと悪い人に違いない。 お金持ちは性格が悪い。 すぐにお金の話をする人は卑 …

自分が引っ込み思案だという思い込み

昨日、お友達とジョイフルでコーヒーを飲んでいたとき、 「ああ、やっぱりそうだよね!」 と共感しあったこと。 それは、 「自分が〜な人間だ。」 というのは単なる思い込みだということ。 私は福岡教育大学に …

自分を傷つけるのは自分

身長2メートルの人が、 「チビ!」 と言われて、 怒るでしょうか? 絶世の美女が、 「ブス!」 と言われて、 怒るでしょうか? どちらも答えは、 「いいえ。」 ですよね。 きっと、両者とも、 その言葉 …

日大アメフト部問題に思うこと

日大アメフト問題は、 非常に悲しく、 腹立たしい出来事ですね。 私も教育者の端くれとして 恥ずかしいことだと思っています。 今回の事件は、 もちろん日大の監督・コーチ陣の 責任でもありますが、 同時に …

教育を抽象度を上げて考える

神谷宗幣さんに紹介してもらったイゲット千恵子さんの本 「経営者を育てるハワイの親労働者を育てる日本の親」 を読み終えました。 面白かったです。 やはり、古今東西の教育について知ることの大切さを感じまし …