未分類

褒めることの本質とは

投稿日:2017年12月4日 更新日:

子どもを褒めることは大切です。
という人と、
褒めてはいけません。
という人がいます。

多くの教師は前者に賛成でしょう。

アドラー心理学を多少なりとも学んでいる人は
後者に賛成かもしれません。

「褒めることは大切です。」
という人の中にも、
言い褒め方と、悪い褒め方というのがあるようです。

褒めることの本質を考えたとき、
前者と後者の共通点が見つかります。

褒めるとき、本当に価値のある褒め方とは何でしょうか。

例えば、足の速い子に対して、
「あなたは足が速くてすごいね。」
これは褒め言葉の一番低いレベルでしょう。

だれもが分かっていることをそのまんま言っているだけです。
これしかできない人は、教育者と胸を張って言えませんよね。
そこら辺のおじさんおばさんでも言えることです。

本当に価値のあるほめ方とは、
その人、またはその周りの人がその価値に気づいていないことを
褒めるということです。

例えば、学級の中で勉強ができないと思われている子に対して、
「〇〇君の今の発言は、みんなが気づかないことを言っていたよね。」
というほめ方をすることで、
周りの子どもたちの、その子への見方が変わるのです。

hand-1701971_1920.jpg

心理学用語でいうと
「リフレーミング」です。

リフレーミングとは、
ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組みをはずして、
違う枠組みで見ることを指す用語です。

例えば、
この人は「落ち着きがない」という枠組みで捉えられている人に、
この人は「行動力がある」という違う枠組みで見ることです。

「覇気がない」→「落ち着きがある」
「優柔不断だ」→「熟慮ができる」
「頑固だ」→「首尾一貫している」
というように違う枠組みで見るのです。

本当のほめ方とは、
その人が気づいていないこと、
つまりリフレーミングをすることなのだと思います。

リフレーミングができるということは、
その相手よりも、高い抽象度の思考ができるということです。

それは、上から目線ということではなく、
同じ目線で、
広い視野から捉えなおすことができるということです。

「褒める」の本質とは、この「リフレーミング」のことではないかと思います。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セルフトークを意識化する

先日は、 新経済システムの勉強会で コーチングのお話を させていただきました。 「すごく良かったです。」 「勉強になりました。」 と好評をいただいたのですが、 その一方で 「難しいよねぇ。」 「私はま …

大声で叱責することがPTSDに

5歳の女の子が、秋祭りの景品の駄菓子を手に取り、 ボランティアの男性に大声で叱責されたことで、 PTSD(心的外傷後ストレス障害)になってしまったという ニュースがありました。 http://news …

広島叡智学園

「世界一楽しい学校」を作る。 そんなキャッチフレーズの中高一貫校が、 平成31年4月に開校します。 ちょうど息子の年齢が第2期生に当たるので、 息子を連れて学校説明会に行ってきました。 説明会のはじめ …

言霊と潜在意識

昨日はご縁紡ぎ大学新見校の第三講座で 川端知義さんのお話を聞きました。 「言葉の力」と題して、 言葉が潜在意識にどのように作用しているかを とても分かりやすく教えていただきました。 私も小学校の教師と …

先生のその言葉が・・・。

学校では、先生が子どもたち一人ひとりに 様々な言葉かけをします。 褒めることもあれば、 叱ることもあるでしょう。 心配する声かけもあれば、 安心したよという声かけもあります。 一つ一つの先生の言葉が …