コーチング 教育

あなたはいつも・・・

投稿日:



人を批判するとき
つい使ってしまう言い回し。

「あなたはいつも・・・」

「あなたはいつも
 忘れてしまうんだから。」
「あなたはいつも
 だらしないんだから。」
「あなたはいつも
 同じ失敗をするんだから。」
 
わが家でもあります。
息子が片付けをしないとき、
「お前はいつも、
 ここに置きっ放しにして。」

そう言って人を批判するとき、
その人は何を
期待しているのでしょうか。

私が息子を叱ったときは、
使ったものを元に戻すことを
期待しているのです。

同じように
「あなたは、いつも・・・」
という時には、
相手に変わってほしい
と願っているのです。

そうであるならば、
「あなたは、いつも・・・」
という対処法は
ほとんど効果がありません。

「あなたはいつも
 忘れてしまうんだから。」
と言った瞬間に、
その相手には、
「自分はいつも忘れてしまう。」
という自己イメージを
植え付けてしまうからです。

「いつも・・・」
というその後にくる言葉を
強化してしまっているのです。

「あなたはいつも
 忘れてしまうんだから。」
と言うと
相手はよく忘れるようになり、

「あなたはいつも
 だらしないんだから。」
と言うと
相手はだらしなくなるのです。

よかれと思って
その相手をよりよくしたいと思って
言った言葉が、
その想いとは反対の結果を
引き寄せてしまっているのです。

ではどうすればよいのでしょうか。
それは、
相手によりよい自己イメージを
作る言葉かけをすればよいのです。

「あなたはいつも
 忘れてしまうんだから。」
の代わりに、
「忘れるなんて、
 あなたらしくないね。」
と言うのです。

本来は忘れものをしない人間なのだ。
という自己イメージを
作ってあげるのです。

特に子どもに対しては、
この言葉かけは強い影響を与えます。
経験がまだ少なく、
自己イメージが作られる過程だからです。

幼少期に周りの人から与えられる
声かけは極めて大きな意味を持ちます。
「子どもは育てられたように育つ」
というのは自己イメージが
周りの養育態度に左右される
ということなのです。

もちろん大人が相手でも
同じことです。

「あなたはいつも・・・」
という代わりに
「あなたらしくないね。」
と言ってください。

相手の自己イメージを上げる。
そんな関わりができる
人でありたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「無料子育てコーチングセミナー」
〜お母さんがお子さんの
 コーチになってください〜
7月17日(火)
10:00〜11:00
小郡ふれあいセンター
お申し込みはこちら

https://kokucheese.com/event/index/527177/

夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人間はネガティブな生き物

ポジテブ思考が大事と言われながら、 ついネガティブなことを考えてしまう。 未来への不安や恐れを感じてしまう。 そういうことってありますよね。 なぜ人間はネガティブな思考を してしまうのでしょうか。 太 …

自意識過剰

「人の目が気になってしょうがないんです。」 こんない人いますよね。 ちょっと前まで、私もそうでした。 「ひょっとして私のことを嫌っているんじゃないか。」 「ひょっとして人に迷惑をかけているんじゃないか …

have to地獄にはまっていませんか?

「〜したい」と思ってやること。 英語で「want to」と表現します。 「〜しなければならない」と思ってやること。 英語で「have to」と表現します。 学校では次のように教えます。 「やりたいこと …

子どもを叱るとき

子どもを叱るときの 言葉には細心の注意を 払いましょう。 「なんてバカな子なの!」 その言葉が 子どもたちの 思考や行動を しばりつけます。 その言葉は 子どもたちの セルフトークを作ります。 「私は …

「こんなの絶対無理!!」といってしまうときは・・・

なにか困難にぶち当たっときに、 「こんなの絶対無理だ!!」 と言ってしまうときありますよね。 例えば、1週間後にレポートをの締め切りがあるけど、 どうしても間に合いそうにないとき、 「絶対間に合わない …