教育

師は選ばれるもの

投稿日:2017年12月3日 更新日:

「あの子は相手によって態度を変えるよね。」

職員室で聞いたことのある子どもへの評価です。

「相手によって態度を変える。」
と言った先生は、
その子に悪い方に態度を変えられた相手です。

他の先生の前では素直なのに、
その先生の前では反抗的になる。

そんな子の人間性?性格?を
批判的に評価しているのです。

でも、ちょっと待ってください。

人によって態度を変えるのは
当たり前じゃないですか。

student-2052868_1920.jpg

もしある人が、
出会った人すべてに同じ態度を示すとしたら、
いろいろな問題が起きそうです。

母親と、道で出会った見知らぬおばさんへの態度が
全く同じだったら・・・・・。

そんなこと、普通は考えられませんね。

そして、そういう先生は、自分自身が、
人によって態度を変えているはずです。

「どんな先生に対しても同じような態度で接しないといけない。」

こんな信念、おかしいと思いませんか。
子どもの立場で考えられない人としか思えません。

そもそも、その子はその先生を「師」として選んでいないのです。

師は敬われる。

それは、師は選ばれるものだという
当たり前の前提があるからです。

「あの先生に学びたい。」
と思って、教えを乞うのが師弟関係です。

そうなれば、師を敬うのは当たり前です。

しかし、現在の公教育では、
「あの先生に学びたい。」
という理由で師を選ぶというシステムがないのです。

保護者同士の会話で、
「今年の先生、ハズレよね。」
とか、
「去年はアタリだったよね。」
などと言われるのも、
選ぶというシステムがないからです。

ネット環境が整った現代において、
「師を選ぶ。」ということを公教育システムに取り入れることは、
さほど難しいことではないと思います。

ネットのお陰で、日本全国、そして全世界の師の中から
自分に合った師を選ぶことができるのです。

「先生が好き」は「勉強が好き」と同じです。
中学校の時、
数学が大嫌いだったのに、先生が変わってから大好きになった、
ということは多くの人が経験していると思います。

その教科がどうのこうのではなくて、
その教科を教えてくれる先生がどんな人かが大切なのです。

自分に合った先生を選ぶことができれば、
今よりもっと、
「勉強が好き。」
という子どもたちが増えるのではないかと思います。

-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

入学する子に準備させたいこと ひらがなはどこまで?

保護者の方と話していて、よく聞かれることがあります。 「先生、下の子が入学するのですがどんな準備をさせておいたらいいでしょうか。」 よく考えていない先生はこう答えます。 「特に必要ありませんよ。学校で …

みんな一緒の教育?それぞれ一人ひとりの教育?

今の学校教育は、真逆をやっています。 社会に出たら、自分のユニークさが最も大切な武器になります。 誰でもできる仕事を頼む相手は、あなたじゃなくてもいいのです。 誰でもできる仕事は、あなたの隣の人でもで …

本当にこの子のため?

「この子のためを思って。」 というしつけのパターン。 「将来、困るといけないから この子のためを思って叱ります。」 確かにそういう場合も あるかもしれませんが、 多くの場合、 「それ、本当に 子どもの …

山口県の教育政策に物申す〜相対評価に引きずられる人々〜

全国学力・学習状況調査 平成19年度から始まった大規模な学力調査です。 全国の小学6年生と、中学3年生が調査対象です。 山口県において、この調査の「平均点」が各学校の一番の関心となっています。 全国平 …

平均思考はやめましょう

平均ってよく使いますよね。 1日平均・・・ 平均体重は・・・ 平均降水量が・・・ バラツキのあるものを おしなべて考えることで、 全体像をつかむことができます。 そんな 私たちの日常になくてはならない …