コーチング

すべては自分次第

投稿日:



今朝は何時に起きましたか?
6時?
7時?
それとも
10時?

なぜその時間に
起きたのですか?
なぜ、もっと早く、
または、もっと遅く、
起きなかったのですか?

これらの質問への答えに、
「〜ねばならないから。」
という答え方をした人は
いませんか?

それ、勘違いしていますよ。

あなたがやっていること全て、
たとえ何時に起きるか
ということでさえ、
あなたが、自分で決めて
やっていることなのです。

例えば、
「仕事に行かなければ
 ならなかったから。」
という人もいるかもしれません。

でも、仕事に行くことを決めたのは、
自分自身ですよね。
仕事を休むという選択肢も
当然あるのです。

「そんなことしたら、
 仕事がなくなってしまう。」
というかもしれませんが、
仕事を続けるかどうかも、
自分次第なのです。

「そんなことしたら、
 生活できなくなってしまう。」
という人がいるかもしれませんが、
今の生活を続けるかどうかも
自分次第なのです。

今の生活を続けたいから、
仕事を続けたいから、
仕事に行きたいから、
今朝、
6時に起きたのです。

ですから、
今朝あなたが起きたのは、
全て
「〜したいから。」
「want to」
でやっていることなのです。

それを、
「〜ねばならない。」
「have to」
であると勘違いしている
だけなのです。

もし本当に、
心からやりたくないのであれば、
ずっと布団の中にいる
という選択肢も
あったはずなのです。

もっと自分がやっている行為に
自覚的になりましょう。

なぜあなたはその行為を
しているのですか。
そこに、
「have to」が
紛れ込んでいませんか。

「have to」が紛れ込んでいると、
人生を他人に委ねる
ことになります。
つまり、
自分の行為を人のせいに
してしまうのです。

「だって親が〜だから。」
「だって妻が(夫が)〜だから。」
「だって子どもが〜だから。」
「だって友達が〜だから。」
「だって上司が〜だから。」
「だって同僚が〜だから。」
「だって世の中が〜だから。」

そう言いながら、自分の人生を
他人に委ねてしまっています。
そうやって、
現状の不満を人のせいにして、
自分の責任を
放棄してしまっているのです。

夢がかなわないと言っている人は、
それを人のせいにしていることが
多いのです。

今朝は何時に起きましたか?
その時間に起きたのは、
なぜですか?

その答えに、
「〜したかったから。」

「want to」
の答えができるように
しましょう。

自分の人生を
自分に取り戻しましょう。

私は、
今朝6時に起きました。

それは、
みなさんにドリサポメールを
届けたかったからです。

今日も、夢に向かって生きる
最高の1日にしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

歴史を作る とほうもない夢

現在の世の中は 過去の人のとほうもない夢によってできています。 例えば電球 例えば飛行機 例えば電話 それが生まれる前の時代にとっては 「とほうもない夢」 だったはずです。 エジソン ライト兄弟 ベル …

こんなところでプロ意識

今回は、 私に関するちょっとした エピソード。 軽い話なので、 気楽に読んでください。 先日は晩御飯が一人だったので、 近くの居酒屋に行きました。 カウンターで一人で飲んでいると 隣に見知らぬおじさん …

夢は大きい方がいい?

「少年よ、大志を抱け」 (Boys, be ambitious.) クラーク博士の有名な言葉です。 「夢は大きい方がいい。」 という言葉もよく言われますね。 例えば、 「1万円貯金をする」 よりも 「 …

ニュルブルクリンクでM3を走らせたければ・・・

私は車が大好きです。 BMWのM3なんて最高にカッコイイです。 綺麗で端正で、しかも速い。 いつかドイツに行って、ニュルブルクリンクでM3を走らせてみたい。 そんな夢をもっています。 みなさんも似たよ …

ほらやっぱり。って言ってませんか?

「ほらやっぱりね。」 口に出すにしろ、 心の中で言うにしろ、 この言葉、よく言っていませんか? 「〜ができた。 ほらやっぱりね。」 「〜ができなかった。 ほらやっぱりね。」 プラスの言葉にしろ マイナ …