コーチング

抽象度を上げて考える

投稿日:



先日、
小学生にコーチングをしました。

そして、その小学生に
抽象度を上げるといいよ。
というアドバイスをしました。

意見が対立したときに
どうするかという場面です。

話を聞きながら、
やはり抽象度を上げて
考えることが大切だなと
再確認しました。

小学生にもわかりやすいように、
次のような例をあげました。

例えばね、
犬が好きだという人と
猫が好きだという人が
いたとするでしょう。

その人たちが
「犬だ。」
「いや猫だ。」
と言ってケンカを
してしまうんです。

犬と猫って全然違うからね。

でも、ちょっと高い視点を
持ってる人はね、
ケンカをしないで済むんです。

「そうだよね。
私たち結局、動物が好き
なんだよね。」
って。

犬とか猫とか、
低い視点で物事を
考えるんじゃなくて、
両方を含んだ
動物っていう1つ高い視点で
考えると、
矛盾がなくなるんだよ。

人間関係で悩んでいる
その小学生は、
とてもまっすぐな目で
私の話を聞いていました。

私は話しながら、
大人でもこれ、難しいんだよね。
と思いました。

この子は視点を上げて考える
というツールを得て、
まわりの子よりも
はるかに上手に人間関係を
調整していくことができるでしょう。

しかし、それができない
大人もたくさんいるのです。

そもそも
学校の勉強は次第に
抽象度を上げていくように
カリキュラムが組まれています。

社会科の学習では
家族や学校の友達

地域の人

市町村

都道府県



世界

というように考える範囲、
つまり抽象度が
上がっていくのです。

算数や国語などでも
同様です。

そうやって抽象度を上げるという
学習をしてきているはずなのに
その考え方を応用するのが
苦手な人がなんと多いことか。

みなさんはどうですか?

抽象度を上げて考えることが
できているでしょうか。

私はより多くの人が
抽象度を上げて考えることが
できれば、世界はもっと平和になる
と思っています。

まずは自分からはじめましょう。

目の前の物事を、
抽象度を上げて考えてみましょう。

鉛筆

筆記用具

スマホ

通信機器

Tシャツ

衣類

そうやって考える習慣を
つけていくことで
世の中の見え方が変わってきますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
無料子育てコーチングセミナー
6月20日(水)
10:00〜11:00
ヒストリア宇部
お申し込みはこちら

https://kokucheese.com/event/index/523354/

夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブリーフシステムの外側へ

1000万部の本を売った編集者の 長倉顕太さんは次のように言います。 「貧乏は遺伝する」 親が貧乏なら、子どもも 貧乏になるということです。 それはなぜでしょうか? ブリーフシステムが影響しているので …

他者意識

10月14日の 子育てコーチングセミナーでは 親が子どもに対する 他者意識を持つことに ついてお話しさせて いただきました。 例え親子であろうとも 結局は別の人格を持った 人間です。 子どもの人格を …

コーチングとの出会い

「本を読まない教師は教師ではない」 師匠から言われた言葉です。 その教えを胸に、新採の年からずっと本を読んできました。 そして、小学校英語が始まる前の年、運命の本と出会いました。 「英語は逆から学べ」 …

こんなところでプロ意識

今回は、 私に関するちょっとした エピソード。 軽い話なので、 気楽に読んでください。 先日は晩御飯が一人だったので、 近くの居酒屋に行きました。 カウンターで一人で飲んでいると 隣に見知らぬおじさん …

で、何が問題なんですか?

最近、人の相談を 受けることが増えてきました。 コーチングを知ってから、 人の話を注意深く聞くようになりました。 注目するのは、 言葉の内容ではなく、 その言葉を発した人の背景となる ブリーフシステム …