コーチング 教育

本当にこの子のため?

投稿日:



「この子のためを思って。」
というしつけのパターン。

「将来、困るといけないから
この子のためを思って叱ります。」

確かにそういう場合も
あるかもしれませんが、
多くの場合、
「それ、本当に
子どものためですか?」
という場合が多いのです。

例えばレストランで騒ぐ子を
叱って大人しくさせる。
「それ、本当に
子どものためですか?」

「だって、公共の場で
どのように振る舞うか、
教えないと将来困るでしょ。」

なんていうかも知れませんが、
本音は
ただ、親がレストランで
食べたかっただけなのです。

そして、
レストランで騒いでいると
親として恥ずかしいから。
という理由で叱っているのです。

そんな風に考えていくと、
結局は親の都合なのです。

朝、保育園に行くときに
「早く着替えなさい!」
というときも、
同じように考えていけば
結局は、親の家事の段取りや、
仕事の段取りがくるってしまうから
早く着替えて欲しいのです。

もしも本当にその子のため
と思っていたら、
着替えない子どもの理由を
しっかり聞いてあげればよいのです。

ひょっとすると、
お気に入りの服でなかったのが
気に入らなかったのかも知れません。

ひょっとすると、
いつも忙しいお母さんと
もっと一緒に遊びたいの
かもしれません。

それをよく聞いてあげるのが、
この子のためですよね。

「そんなこと言っても
そんな余裕がありません。」

ということだったら、
正直に言えばいいのです。

「あのね、お母さんは◯時までに
仕事にいかないといけないの。
そうしないと、お客さんに
迷惑をかけてしまうの。
お願いだから、間に合うように
着替えてちょうだい。」

親の都合だということを
正直に認めるのです。

下手に
「あなたのために・・・。」
なんて言って取り繕っても、
子どもは敏感に感じ取るものです。

子育てにイライラしてしまったら、
ちょっと深呼吸して考えてください。

これって本当は
誰のため?
なんのため?

そう思えれば、
子どもと素直な気持ちで
向き合えると思いますよ。

親も子どもも、
同じ人格を持った一人の人間です。
子どもは親の所有物ではないのです。

ちょっと冷たい言い方に
聞こえるかも知れませんが、

子どもに「他者意識」をもって
接するとよいと思います。

お母さんはこうしてほしい。
あなたはどうしたいの?

子どもの言うことに耳を傾け、
その言葉を尊重することで、
親子関係のイライラは
かなり解消できると思います。

それが、
「この子のため」
なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
無料子育てコーチングセミナー
6月20日(水)
10:00〜11:00
ヒストリア宇部
お申し込みはこちら

https://kokucheese.com/event/index/523354/

夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コーチングは価値の押し付けをしない

私は15年間小学校教師をやってきました。 学校には決められた カリキュラムがあります。 例えば、 算数のかけ算は 何年生で、何時間で教えなさい。 と決まっているのです。 しかし、子どもたちの中には、 …

コーチングがいらない人

コーチングがいらない人って どんな人でしょう? 人生に絶望してる人? 人生の落とし穴にはまって しまった人? それとも、 大成功してる人? 大金持ちの人? 望んだことがどんどんかなって わくわくしてい …

無責任だという人

「好きにすればいいんじゃない?」 と言ったとき、 「そんなの無責任だ!!」 という人、いませんか? 例えば、私は、 「学校に行きたくない。」 という子どもがいたら、 「行きたくなければ  行かなくても …

悪魔の予言

なんだか恐ろしげな タイトルですが、 結構身の回りに よくあることです。 コーチとして、 人のマインドに関わる 仕事をするものとして、 きちんと伝えておかなければ いけないことなので、 悪魔の予言につ …

叱らない卒業式の練習

私は卒業式の練習が大嫌いです。 何度も何度も繰り返される呼びかけの練習 何度も何度も繰り返される歌の練習 何度も何度も繰り返される礼法指導 ごそごそしてしまう子がいると、 「コラー!」 と怒鳴り声が響 …