コーチング 教育

第二の日大の悲劇を生まないために

投稿日:



日大アメフト部事件は
私たちに様々なことを
考えるきっかけを
作りました。

私は真っ先に
学校教育のあり方について
反省をするべきだと
考えましたが、

そのことは
家庭教育についても
同様だと思います。

先日下関市で開催した
子育てコーチングセミナでも
お話させていただきましたが、

両親が「他者意識」を持って、
子どもに接しているか、
という課題です。

つまり、
私と子どもとは
それぞれ違う人格を持った
別個の人間なのだ。
という意識です。

当たり前のことのようですが、
つい忘れがちに
なってしまっています。

つい、
自分の考えを押し付ける
子育てをしてはいませんか。

子どもは大人に比べて
思考の抽象度が低いので
相手の考えや行動を
コントロールしやすいです。

頭ごなしに
「こうしなさい!」
と言って、
考える隙を与えずに、
行動をコントロールすることが
できてしまいます。

子どもに考えさせない方が
子育てが楽なのです。

そうやって
考える機会を失った子は、
どんどん
人のいいなりになることを
学んでいきます。

親は子どもが苦労しないように
先回りしてお膳立てをし、
その通りに行動すれば、
余計な苦労をしなくてすみます。

子ども自身も、人のいいなりに
なっていれば楽なのですのです。

親は自分の思い通りに
子どもを動かし、
子どもは何も考えずに、
言われた通りに行動する。

この繰り返しが、
日大アメフト部の悲劇の
遠因になっている気がするのです。

私達、親のなすべきことは、
子どもたちを思い通りに
動かすことではなく、

その子が本当にやりたいことを
見つけてあげるのことなのです。

やりたいことを
自信を持ってできるように、
しっかりエフィカシーを
上げてやることなのです。

「あなたは素晴らしい人間だ。
だから、
自信を持ってやりなさい。」

というメッセージを
与え続けるのです。

親の言うことを聞くと
褒められて嬉しい。

という子ではなくて、

自分の好きなことに
打ち込めることが嬉しい。

という子を育てるのです。

私は、両親こそが、
子どものコーチであってほしい
と思います。

学校教育のシステムは
これから変わっていくべきです。

そして家庭教育も
同様に変わっていってほしい。

子どもたちが
心からやりたいことを、
本当の夢を、
追いかけることができる。

日本の、
そして世界の子どもたちが、
笑って暮らせる。

そんな世の中に
したいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・
無料子育てコーチングセミナーやります。
6月20日 (水) 10:00〜11:00
ヒストリア宇部
申し込みはこちら

https://kokucheese.com/event/index/523354/

夢を叶えるメルマガ「ドリサポメール」
登録はこちら

ドリサポメール登録

ドリームサポートコーチングホームページ
dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

学校では教えてくれないこと〜I×V=R 夢を叶える方程式〜

昨日、教員のサークルでコーチングの理論について話をしました。 I×V=R という夢を叶える方程式について解説をしました。 参加者は教員ばかりなのですが、なかなか反響がよく、 「これは、みんなが求めてい …

初めてのことをやろう

自分の心地いい範囲のことを、 コンフォートゾーンといいます。 「家に帰ると落ち着くなあ。」 という人は、 家がその人にとっての コンフォートゾーンになっています。 「この服は着心地がいいなあ。」 「こ …

研究紀要どうすればいい?研修主任の腕の見せ所!

毎年の研修の成果として作られる研究紀要。 教育委員会による諸帳簿点検でも必ずチェックされます。 研究紀要を作るのは研修主任の大切な仕事です。 その研究紀要は、 研究授業に考察を書いて終わり。 になって …

コーチングとカウンセリング、そして教育との違い~両方受けた教師の見方~

先日、東京で高嶋芳幸コーチのセッションを受けてきました。 マンダリンオリエンタル東京のラウンジで、 コーヒーを飲みながら、リラックスした雰囲気の中、 自分のゴールについて話を聞いてもらいました。 あっ …

善と悪は多数決?

善を作ると 自ずから悪が生じる 最近読んだ本に書いてありました。 なるほど確かにそうだなと思います。 人は「善」にとらわれすぎて、 イライラを募らせています。 善い母を目指すあまり、 ストレスを溜めて …