教育

ある女の子の夢

投稿日:2017年11月30日 更新日:

教育相談で聞いた、ある女の子の夢。
私はそれを聞いて、目頭が熱くなってしまいました。

その女の子の夢とは、

「ケーキ屋さんになること。」
でした。

food-2940374_1920.jpg

「へえ、いいねえ。なんでケーキ屋さんになりたいと思ったの?」
「弟の○○ちゃんがね。アレルギーがあって卵が入っているものが食べられないの。
家でケーキを買って食べるんだけど、卵が入っていないからあんまりおいしくないの。
だから、私がケーキ屋さんになって、おいしいケーキを○○ちゃんに食べさせてあげたいの。」

弟のためにケーキ屋さんになる。
なんて優しい子なんだろうと思いました。
「あなたが、ケーキ屋さんになったら○○ちゃんは喜ぶだろうね。」

その子は私の言葉に目を輝かせます。

さらに私は、その夢を膨らませるために、ちょっとだけアドバイスをしました。

「あのね、このクラスの○○君も卵が食べられないでしょう。
給食でも違うのを食べてるよね。
○○君もきっと、卵が入ったケーキが食べられないよ。
こんな身近に2人もいるんだから、世の中にはたくさんの
アレルギーで困っている人がいるんだと思うよ。
あなたは、普通のケーキ屋さんになるんじゃないんだよね。
アレルギーで困っている人を喜ばせるケーキ屋さんになるんだよね。」

その子は、大きくうなずきました。
その子の夢を少しだけ膨らますお手伝いができたかなと思います。

そして、問います。
「じゃあ、そうなるために今、何をすればいいと思う。」

2,3秒、考えた後、その女の子は力強く言いました。

「勉強をがんばる。」

その子はとても賢い子で、
目を見れば私が言いたいことを理解したことがよくわかりました。

「先生、応援してるよ。
ケーキ屋さんになったら、先生、ケーキ100個買いに行くからね。」

握手をして、相談を終わりました。

子どもたちが、行儀よく話を聞いていたときよりも、
宿題をバッチリやってきたことよりも、
テストで100点を取ったときよりも、
夢を応援する瞬間が、一番うれしい瞬間です。

-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

未来を創りたい子ども、過去に縛られる大人

昨日、教員のサークルでコーチングの理論についてレクチャーしました。 苫米地さんの本「コンフォートゾーンの作り方」に とてもわかりやすく解説されているので その本をベースにして少しお話をしました。 その …

ルールを守らせる教育

学校にはさまざまなルールがあります。 先生はルールを守らせるためにいろいろ工夫します。 ルールを破ったら罰を与える。 ルールを守ったらご褒美を与える。 ルールを守る大切さを語る。 こうやって学校を卒業 …

山口県の教育政策に物申す〜相対評価に引きずられる人々〜

全国学力・学習状況調査 平成19年度から始まった大規模な学力調査です。 全国の小学6年生と、中学3年生が調査対象です。 山口県において、この調査の「平均点」が各学校の一番の関心となっています。 全国平 …

みんなが生き生きと過ごせる社会に

学校での熱中症問題に思うこと。 それは、 「個人が社会に合わせる」 という感覚の人が多い ということ。 現代の社会が正しくて それに合わない個人は 適応力がないという考え方。 学校では、 社会の正しい …

叶えたい夢と3つの幸せ

道徳の授業の中で子どもたちに話したことです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 人には3つの幸せがあります。 1つ目は、「してもらう幸せ」 おぎゃーと生まれた赤ちゃんは自分では何も …