コーチング 教育

みんななかよし

投稿日:2018年5月23日 更新日:



教員をやっていた頃、
「この指導には違和感があるな。」
と思っていたこと。

それは、
「みんななかよし」
というスローガンです。

このスローガンの裏には
「ちゃんと話せば分かり合える」
「わたしにとって嬉しいことは、
あなたにとっても嬉しいでしょ。」
「みんな同じ価値観を共有してるよね。」
という意識が働いています。

学級に30人もいれば、
気の合う人もいるし、
そうでない人もいる。

それは当たり前のことなのですが、
「みんななかよし」
のスローガンのもとでは、
そんな当たり前のことが、
塗りつぶされてしまいます。

「あの人とは気が合わないんです。」
と言おうものなら、
「そんなこと言うんじゃありません!」
と、その感情自体がなかったことのように
されてしまうのです。

「気が合わない人もいる」
という前提に立って、
「どうすればうまくやっていけるか」
を考えるのならば納得いくのですが、
友達に対してマイナスの感情を抱くこと
それ自体に問題があるような
指導をされてしまうのです。

「わたしが考えていることは、
あなたにも分かるよね。」
という誤った認識が、
人間関係をいびつにしてしまいます。

ジャイアンのような押しの強い人が、
のび太のようなお人好しを、
強引に野球に誘って、
「のび太、野球楽しいよな?」
「う、うん・・・。」

こういった人間関係が
「みんななかよし」
というスローガンで
生まれてしまうのです。

わたしとあなたは
違う価値観をもった人間なのだ。

このような当たり前の前提を、
まず、お互いに認めるとよいのです。

これは親子関係にも言えることです。
親は、子どもに愛情を注ぐあまりに、
あたかも自分の自我と同一の人間が
いるかのように接してしまいがちです。

なんでこれができないの?
なんでこれが分からないの?
わたしはそうじゃなかったのに。

自分ができることは
子どももできる。
自分がわかることは
子どもも分かる。

そういった幻想を抱いてしまいます。

親と子どもであっても、
違う価値観をもった人間です。

好きなものも違うし、
嫌いなものも違います。

当然、似ていることもありますが、
だからと言って、
全て、親の価値観を押し付けてしまって
いいというわけではありません。

わたしと息子もかなり違う性格です。

わたしは物語の本が好きだったのですが、
息子は図鑑や地図が大好き。

わたしは絵や工作が苦手だったのですが、
息子はレゴやプラモが大好き。

わたしと息子は全然違います。
自分の好きなことを
息子に押しつけてしまったら、
きっとギクシャクした親子関係に
なってしまうでしょう。

学校教育でも、家庭教育でも、
他者意識をもって、相手を尊重し、
適度な距離感をもって接することが
大切です。

自分の所有物のように、
「わたしのいうことを聞くのは当たり前だ!」
といった強権的な指導は、いつか破綻します。

もちろん連帯感や所属意識といった、
居場所作りのための共感的な関係も必要ですが、
それでも、根底にある他者意識を
忘れてはいけません。

お互いを尊重し合ういい関係を気づくためにも
他者意識をもっと指導する。
そして、子どもたちにも
他者意識を育てていくことを
大切にしたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
夢を叶えるメルマガ「ドリサポメール」
登録はこちら

ドリサポメール登録

ドリームサポートコーチングホームページ
dreamsupport.info

よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

そもそも論から教育を考える

今日は教育のお話です。 先日は 第1回尼崎市学びと育ち研究所報告会で 教育哲学者の苫野一徳さんが 参加する鼎談を聞きに行きました。 苫野さんは 「そもそも教育とは何か?」 「どのような教育がよい教育か …

夢を応援する教師たちに知ってほしいこと~夢をかなえるコーチング~

先日、授業中に夢について熱く語ってしまいました。 コーチングを知ってから、私の夢についての考え方が大きく変わりました。 今までの私の考え方は、 「夢には叶うものも叶わないものもあるけど、夢を追いかけて …

叱らない卒業式の練習

私は卒業式の練習が大嫌いです。 何度も何度も繰り返される呼びかけの練習 何度も何度も繰り返される歌の練習 何度も何度も繰り返される礼法指導 ごそごそしてしまう子がいると、 「コラー!」 と怒鳴り声が響 …

過去への後悔をやめる

コーチングは未来志向。 時間は未来から 過去へと流れている と考えて、 未来を設定し、 それがやってくるのを待つのです。 でも、 どうしても過去のことを 考えてしまう人へ。 過去をどのように 解釈すれ …

情報の価値

ランキングアップにご協力お願いします。 ↓ 生き方ランキング にほんブログ村 高額セミナーの広告をみて 「何これ、高すぎる。」 「ぼったくりでしょう。」 「元が取れるの?」 という人がいます。 そうい …