教育

やりたいこととやらなければいけないこと

投稿日:2017年11月29日 更新日:

教師を志したとき、やりたいことがたくさん思い浮かびました。

こんなクラスを作りたい。
こんな子どもたちを育てたい。
こんなことを教えたい。

教師として、やりたいことがあるから教師を志したのです。

しかし、採用試験に受かって一年目。
一日の仕事のうち、やりたいことは半分にも至りませんでした。

教師の仕事の半分は雑務。
私にはそう感じました。

子どもへの授業準備に費やせる時間はほとんどありませんでした。

いつの間にか、10時、11時になっていました。
それでも明日の準備が終わらず、
一旦、お風呂に入るためにアパートに帰り、
すぐに学校に来るということもありました。
10時退庁、2時出勤なんてこともしばしばありました。

セコムの操作を間違えて、セコムの人から学校に電話がかかってきて、
「いえ、私はこの学校の職員です。」
と、慌てて説明することもありました。

chain-1742948_1920.jpg

働き方改革が話題になっています。

大切なのは、それが、
やりたい仕事なのか、やらなければならない仕事なのか、
ということです。

やりたい仕事ならば、何時になっても苦になりません。
やりたくない仕事ならば、10分でも勤務時間を過ぎると、苦痛に感じます。

教師という仕事を志す人の多くは、
「子どもにこんな教育をしたい。」
という思いを持っています。

ということは、その思いに通じる仕事ならばストレスは感じません。
そうでない仕事が多すぎるから、ストレスを感じ、
「働き方改革」が必要になるのです。

教育委員会は、そんな教師たちの「思い」をくみ取るべきです。
なぜ、教師がストレスを感じ、パフォーマンスを落としてしまうのか。
それが分からなければ、
「働き方改革」というスローガンのもと、
「早く帰りなさい。」といくら言っても教師のストレスは一向に減りません。

むしろ、「早く帰りなさい。」という言葉が、
かえって教師のストレスを増やしてしまいます。

「働き方改革」には教師のやりたいことをしっかり見取り、
教師がやらなければならないと思っていることを減らす取り組みが
必要不可欠だと思います。

-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

分相応という洗脳

「分相応」 「身の程を知りなさい」 という指導がありますが こんなのは無視してください。 これこそが洗脳です。 あなたは望む通りの人間に なることができます。 身の程という言葉で 自分を枠に閉じ込めて …

宿題を全くやらない子にどう対応する?

宿題を全くやってこない子がいました。 見事に全くやって来ません。 そもそもの話をすると、 私は宿題を出したいとは思っていません。 できれば、宿題は出したくないです。 勉強は学校でやるものだからです。 …

借り物の言葉

卒業式の式辞、告示、祝辞には、借り物の言葉が並びます。 「かの有名な〜はこう言いました・・・。」 その言葉が本当にその人本人の心からの言葉かどうかは、 すぐにわかります。 「あんなこと言ってるけど、 …

みんななかよし

教員をやっていた頃、 「この指導には違和感があるな。」 と思っていたこと。 それは、 「みんななかよし」 というスローガンです。 このスローガンの裏には 「ちゃんと話せば分かり合える」 「わたしにとっ …

no image

教育相談で絶対に聞きたいこと

うちの学校では、年に2回子どもと個別に相談をする機会があります。 「教育相談週間」として、学校への適応の様子や、家庭での様子などを 1対1で話をする時間を設けます。 教育相談では、これからの指導に役立 …