教育

やりたいこととやらなければいけないこと

投稿日:2017年11月29日 更新日:

教師を志したとき、やりたいことがたくさん思い浮かびました。

こんなクラスを作りたい。
こんな子どもたちを育てたい。
こんなことを教えたい。

教師として、やりたいことがあるから教師を志したのです。

しかし、採用試験に受かって一年目。
一日の仕事のうち、やりたいことは半分にも至りませんでした。

教師の仕事の半分は雑務。
私にはそう感じました。

子どもへの授業準備に費やせる時間はほとんどありませんでした。

いつの間にか、10時、11時になっていました。
それでも明日の準備が終わらず、
一旦、お風呂に入るためにアパートに帰り、
すぐに学校に来るということもありました。
10時退庁、2時出勤なんてこともしばしばありました。

セコムの操作を間違えて、セコムの人から学校に電話がかかってきて、
「いえ、私はこの学校の職員です。」
と、慌てて説明することもありました。

chain-1742948_1920.jpg

働き方改革が話題になっています。

大切なのは、それが、
やりたい仕事なのか、やらなければならない仕事なのか、
ということです。

やりたい仕事ならば、何時になっても苦になりません。
やりたくない仕事ならば、10分でも勤務時間を過ぎると、苦痛に感じます。

教師という仕事を志す人の多くは、
「子どもにこんな教育をしたい。」
という思いを持っています。

ということは、その思いに通じる仕事ならばストレスは感じません。
そうでない仕事が多すぎるから、ストレスを感じ、
「働き方改革」が必要になるのです。

教育委員会は、そんな教師たちの「思い」をくみ取るべきです。
なぜ、教師がストレスを感じ、パフォーマンスを落としてしまうのか。
それが分からなければ、
「働き方改革」というスローガンのもと、
「早く帰りなさい。」といくら言っても教師のストレスは一向に減りません。

むしろ、「早く帰りなさい。」という言葉が、
かえって教師のストレスを増やしてしまいます。

「働き方改革」には教師のやりたいことをしっかり見取り、
教師がやらなければならないと思っていることを減らす取り組みが
必要不可欠だと思います。

-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたはものすごい

ノミのお話を知っていますか。 ぴょんぴょん跳ねる あの小さなノミです。 ノミを捕まえて ガラス瓶の中に 入れておきます。 するとノミは 瓶から脱出しようとして ぴょんぴょん跳ねます。 しかしそのうち …

山口県の教育政策に物申す〜相対評価に引きずられる人々〜

全国学力・学習状況調査 平成19年度から始まった大規模な学力調査です。 全国の小学6年生と、中学3年生が調査対象です。 山口県において、この調査の「平均点」が各学校の一番の関心となっています。 全国平 …

何歳だって関係ない

極めて正確な日本の地図を作った 伊能忠敬 彼は、もともと商人だったのですが、 55歳の時に測量をはじめ、 地図を作り始めたのです。 当時の平均寿命は50歳。 今で言えば80歳を過ぎたおじいちゃんが 日 …

no image

学校は〇〇に支配されている

15年小学校教員をやってきて、 ずっと学校という場所に違和感を感じてきました。 子どもたちと授業をしているときは楽しいのですが、 それ以外の部分で何か窮屈な思いをしていました。 まわりの人に支えられな …

夢を叶える鈍感力

小学校の教員を辞めてドリームサポートコーチになろうと思った一番のきっかけは、 夢がしぼんでいく現場をたくさん見てしまったからです。 幼い頃に抱いていた夢 「〜になりたい。」 が、だんだん 「〜ならなれ …