コーチング

初めてのことをやろう

投稿日:



自分の心地いい範囲のことを、
コンフォートゾーンといいます。

「家に帰ると落ち着くなあ。」
という人は、
家がその人にとっての
コンフォートゾーンになっています。

「この服は着心地がいいなあ。」
「この服はお気に入り。」
という人は、
その服を着ている状態がその人の
コンフォートゾーンになっています。

コンフォートゾーンにいるときは、
居心地がいいので、
その状態を保とうとします。

家にいる時がコンフォートゾーンの人は
外出している時に、
「早く家に帰りたい。」
という思いが働きます。

ある服を着ている状態が
コンフォートゾーンの人は、
「次の服もこの服にしよう。」
という思いが働きます。

つまり、
コンフォートゾーンにいる人は、
「コンフォートゾーンから出たくない」
のです。

夢を叶えたい人にとって、
このコンフォートゾーンは
困った現象を引き起こしてしまいます。

夢を叶えていない状態=コンフォートゾーンの中
夢を叶えている状態=コンフォートゾーンの外

であれば、
人は、夢を叶えようと一歩踏み出すことが
できなくなってしまうのです。

多くの人は、
今いる状態が、コンフォートゾーンなので、
夢を叶えようと一歩踏み出したとたんに、
居心地が悪くなってしまい、
元の生活に戻ろうとしてしまうのです。

では、どうすればいいのでしょうか。

それは、

夢を叶えていない状態=コンフォートゾーンの外
夢を叶えている状態=コンフォートゾーンの中
に変えてしまえばいいのです。

夢を叶えた未来をコンフォートゾーンにしてしまえば、
夢を叶えていない現在が、居心地が悪くなります。

そして、コンフォートゾーンに向かって、
自動的に動いていくのです。

しかし、これがなかなか難しい。
人は、今までの生活が染み付いています。
30歳の人は30年かけて、
40歳の人は40年かけて、
50歳の人は50年かけて、
自分のコンフォートゾーンを作り出してきたのです。

何十年もかけて作り上げてきた
コンフォートゾーンを
「はい、今日から変えます。」
というのはなかなか難しいのです。

もちろん、それができるようにするのが、
コーチングなのです。
コーチについてもらえば、
自ずとそれができるようになります。

とはいっても、
みんながみんな、コーチをつけられるわけではないので、
セルフコーチングのちょっとしたヒントをお教えします。

それは、
「初めてのことを楽しむ」
ということです。

夢が叶った世界にコンフォートゾーンを
持っていくということは、
新しいこと、初めてのことの中に、
コンフォートゾーンがあるということです。

だから、
今日一日のなかで、何でもいいので、
「初めてのこと」
をやってみてください。

初めて、この道を通る。
初めて、この人に話しかける。
初めて、これを食べる。
初めて、この歌を聞く。
初めて、この景色を見る。

なんでもいいのです。
そして、
「初めてって、面白いな。」
と声に出して言ってみてください。

こうすることで、
夢が叶った世界にコンフォートゾーンを
設定する手助けになるのです。

毎日、一つでも初めてのことをやって、
それが夢が叶った世界につながっている、
と強くイメージしてみてください。

やっているうちに、
どんどん加速していきます。
夢がどんどん近づいてきますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢を叶えるメルマガ「ドリサポメール」
登録はこちら

ドリサポメール登録

ドリームサポートコーチングの
ホームページができました。
dreamsupport.info



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いごこちのよさ(コンフォートゾーン)

「プロ野球選手になりたい。」 という夢を持った子が いたとします。 その子が夢を叶えるために 必要なのは、 すでにプロ野球選手に なったつもりになる。 ということです。 プロ野球選手でいることが、 居 …

ほらやっぱり。って言ってませんか?

「ほらやっぱりね。」 口に出すにしろ、 心の中で言うにしろ、 この言葉、よく言っていませんか? 「〜ができた。 ほらやっぱりね。」 「〜ができなかった。 ほらやっぱりね。」 プラスの言葉にしろ マイナ …

俺はいいけどYAZAWAは

ロックスター矢沢永吉 矢沢さんの生き方は コーチング的にとても参考になります。 矢沢さんの有名な逸話に 次のようなものがあります。 コンサートで地方を回っているときに スタッフの手違いで、 矢沢さんが …

セルフトークのパワー

人は1日に50,000もの考えが 頭の中に思い浮かぶそうです。 「よし、うまくいったぞ。」 「俺はすごい。」 というポジティブな考えもあれば、 「なんてバカなことをしたんだ。」 「俺はいつも失敗ばかり …

自分を見る力

最近の私の重要ワードは 「メタ認知」 です。 メタ認知(メタにんち)とは認知を認知すること。人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考や行動そのものを対象として客観的に把握し認識すること。それを …