コーチング 教育

何かのために勉強するって・・・?

投稿日:



今日は、モチベーションの話。

みなさんは何のために
勉強しているのですか?

この答えは、
学習のモチベーションという
考え方で分類することができます。

学習のモチベーションには
6つあるといいます。

充実志向(学習自体が楽しい)
訓練志向(知力を鍛えるため)
実用志向(仕事や生活に生かす)
関係志向(他者につられて)
自尊思考(プライドや競争心から)
報酬思考(報酬を得る手段として)
(市川伸一著「学ぶ意欲の心理学」より)

さて、
あなたのモチベーションは
どれでしょうか?

勉強して、いい大学に入って、
いい会社に入るため?
これは報酬志向といえますね。

学校で(会社で)
一番の成績を上げるため?
これは、自尊志向です。

友達と(同僚と)仲良くするため?
これが、関係志向です。

この6つのモチベーションのうち、
1つだけ「〜のため」と言えない
ものがあるのです。

どれだかわかりますか?

それは、
充実志向です。
学習それ自体が楽しいから。

何のためというよりも、
楽しいからやっている。
という学習です。

こうなると、
学習がどんどん進みます。
楽しいから学ぶ→学ぶから楽しい
これが連続して起きます。

私はこれを
「学びの善循環」
と呼んでいます。

教師にとって、子どもたちが
「学びの善循環」に入ることが
学習指導の究極の目的
と言ってもいいでしょう。

これを学習ではなく、
仕事に置き換えたらどうでしょう。

あなたは何のために
仕事をしていますか?

充実志向(学習自体が楽しい)
訓練志向(知力を鍛えるため)
実用志向(仕事や生活に生かす)
関係志向(他者につられて)
自尊思考(プライドや競争心から)
報酬思考(報酬を得る手段として)

自分の仕事はどのモチベーションに
突き動かされていますか?

また、どのモチベーションが
理想だと思いますか?

人は生まれた瞬間から、
死へのカウントダウンが始まります。
いつ死ぬかは誰にもわかりません。

もし、明日死ぬとしたら、
今やっている学習、
今やっている仕事を、
今日も続けますか?

もしも、その答えが「NO」だった人は、

では、
あと何日生きるという保証があれば、
今やっている学習、
今やっている仕事を、
今日も続けますか?

「何日」でも「NO」なら
「何年」ではどうですか?

人はいつか死にます。
「〜のために」と言いながら、
その瞬間も死に向かっているのです。

だったら、
その学習
その仕事
それ自体が楽しいという選択肢を
選ぶ方が賢い選択だと思いませんか?

充実志向の学習
充実志向の仕事

これこそが
コーチングでいう
「want to」の生き方です。

「ねばならない」ではなく、
「〜したい」の生き方です。

明日死ぬかもしれない私たちは、
今この瞬間を
「want to」で生きる。

これが、最も人生を楽しめる選択です。

あなたが人生最後の瞬間を迎えるとき、
「ああ、人生を楽しんだな。」
と満足できるのか、
「もっと〜しておけばよかったな。」
と後悔するのか。

それをよく考えてください。

そして、
今日の一日をどう過ごすのか、
よく考えて、かしこい選択をしてください。

きっと、
「have to」の生活ではなく、
「want to」の生活を、
選ぶことになるでしょう。



-コーチング, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

正解よりも納得解

世の中には 絶対に正しいことはありません。 いやいや、 人は必ず死ぬでしょう。 という人もいるかもしれません。 これでさえも 100年後には正しいとは 言えないかもしれません。 科学技術が進歩して ど …

聖なる〜

私の大好きな本の中に 「ポジティブの教科書」 という本があります。 武田双雲という 書道家の方が書いた本です。 読んだだけで、心が軽くなり、 楽しくなる本です。 まだの方はぜひ読んでみてください。 読 …

お金へのリミッター

先日もコーチングセッションを やらせていただきました。 クライアントさんの エフィカシーがグッと上がる 感覚はなんとも言えず 楽しいものです。 セッションをしていて、 気がつくのは、 多くの人がお金へ …

「みんなちがって、みんないい」を実現する教育

金子みすゞさんの有名な詩です。 ・・・・・・・・・・ 私と小鳥と鈴と 私が兩手を広げても、 お空はちつとも飛べないが、 飛べる小鳥はわたしのやうに、 地面を速くは走れない。 私がからだをゆすつても、 …

みんななかよし

教員をやっていた頃、 「この指導には違和感があるな。」 と思っていたこと。 それは、 「みんななかよし」 というスローガンです。 このスローガンの裏には 「ちゃんと話せば分かり合える」 「わたしにとっ …