教育

学びは快楽

投稿日:2017年11月29日 更新日:

茂木健一郎さんの講演会で聞いたことですが、
かの有名な本居宣長の逸話です。

国学者として名をはせ、歴史の教科書にも出てくる本居宣長ですが、
彼は、「鈴屋(すずのや)」という私塾を開いていました。

そこにはリッチな商人も出入りしていたそうです。
その商人が本居宣長の教えを受けて次のように言ったそうです。

「私はありとあらゆる快楽を追い求めてきましたが、
学ぶということは一番の快楽ですね。」

脳科学的に言うと、
人間は学ぶことで、ドーパミンが放出されて快楽を感じます。
ドーパミンが放出されれると、その直前にやっていた行動を強化します。
これを強化学習といいます。

学ぶことで、ドーパミンが放出され、
それが、さらなる学びを誘発します。
そして、さらにドーパミンが放出される。

dog-734689_1920.jpg

これが、私の言う「学びの善循環」です。

当時の商人たちも自覚していた「学びは快楽」ということ。

現代の日本人のどれだけがこれを実感しているのでしょうか。

もし、学びは「めんどくさいこと。」「嫌なこと。」
と考えている人がいるとするならば、

なんともったいない。

と思ってしまいます。

「本物の学び」が分かっていないからです。

残念ながら、現代の学校教育では、
この「本物の学び」が保証されているとは思えません。
多くの人が学びを強制され、学びが嫌いになっているのです。

それが証拠に、
学校を卒業したとたんに学びを放棄する人が後を絶ちません。

本物の学びを提供する教育システムを作るべく、
その方法を日々考えています。

-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夢は大きい方がいい?

「少年よ、大志を抱け」 (Boys, be ambitious.) クラーク博士の有名な言葉です。 「夢は大きい方がいい。」 という言葉もよく言われますね。 例えば、 「1万円貯金をする」 よりも 「 …

小学校の先生をやめます

大輔 小学校教員をやめます。 今年度の5月には決めていたことなのですが、 今日やっと解禁ということで発表します。 山口県版の新聞には 今日、人事異動の一覧が発表されるはずです。 「辞めて何するの?」 …

そもそも論から教育を考える

今日は教育のお話です。 先日は 第1回尼崎市学びと育ち研究所報告会で 教育哲学者の苫野一徳さんが 参加する鼎談を聞きに行きました。 苫野さんは 「そもそも教育とは何か?」 「どのような教育がよい教育か …

コーチングは価値の押し付けをしない

私は15年間小学校教師をやってきました。 学校には決められた カリキュラムがあります。 例えば、 算数のかけ算は 何年生で、何時間で教えなさい。 と決まっているのです。 しかし、子どもたちの中には、 …

今の教育システムに疑問をもっている先生いませんか

小学校の教師になって15年。 若い頃はとにかく無我夢中でやってきました。 しかし、だんだん積み重なってくる違和感。 「なんか違うよな。」 「なんで、こうなってるんだろう。」 こんなことが、少しずつ蓄積 …