コーチング 教育

「〜できたらいいな。」それ、できるんです!

投稿日:



思考は現実化する
思考は現実化する
思考は現実化する

何回言っても
言い足りないくらいです。

「~したいなあ。」
そう思ったら、
もうそれは実現の第一歩なのです。
もう実現に向かって
動き出しています。

そして、
第二歩目は何か?
これが、
エフィカシー(自己効力感)です。

「~ができる人間だ。」
という信念ですね。

もっとも多くの人が
ハマっている泥沼は
「~したいんだけど、私には無理。」
という泥沼。

「私は~できない。」
という信念に
とらわれてしまっているだけ。

それって誰が決めたのでしょうか。
過去の経験?
身近な人からのアドバイス?
社会の常識?
学校の先生?
そして、
それを信じてしまった
あなた自身?

そんな信念にとらわれて、
やりたいこともできずに、
一生を終えるのですか?
実にもったいない!!

SoftBankの孫正義さんが
言ってました。
「『現実はこうだから。』『夢物語ばっかり語ってもダメ』『目先の現実を踏まえて』とか言ってる人ほど、目の前の現実の世界から逃れられずに、人生が終わる場合が多い。」

孫さんは、
むちゃぶりの名人だそうです。
部下がみんな「無理だ。」
ということばかり提案して、
それを成し遂げてきたのです。

孫さんが
部下のアドバイスに従ってたら、
今のSoftbankはなかったでしょうね。

夢をかなえる要因は2つ。

1 強くそれを願うこと
2 自分にはできると信じること

たったそれだけで、
まわりの人が驚くような夢を
かなえることができます。

だからこそ、
あなたのエフィカシーを
下げる人の話を無視してください。

その人は親切心で言っている
つもりかもしれませんが
大きなお世話です。

もしあなたが教師や上司といった
人を導くポジションにいるならば、
人のエフィカシーを
下げないでください。

むしろ、大いに励まし、
エフィカシーを高める存在で
あってほしい。

そして、
もしも自分のエフィカシーを
もっともっと上げたいと思ったならば、
コーチをつけてみてください。

「夢って本当にかなうんだ。」
ということが実感できますよ。



-コーチング, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分の能力を信じて

「子どもの頃の夢が叶わなかった。」 という人、あなたの周りにいませんか? 夢が叶わない理由は、 大きく2通りに分けられます。 1つは、 それが 心から叶えたい夢ではなかったから。 人から言われてなんと …

正解よりも納得解

世の中には 絶対に正しいことはありません。 いやいや、 人は必ず死ぬでしょう。 という人もいるかもしれません。 これでさえも 100年後には正しいとは 言えないかもしれません。 科学技術が進歩して ど …

1マイル4分

昔、陸上競技の中に マイルレースというものがありました。 1マイル(約1609メートル)を 走る競技です。 パーヴォ・ヌルミ選手が4分10秒3という 驚異的な記録を打ち立ててから、 「もう二度とこの記 …

ドリームキラーが生まれるわけ

夢を邪魔する人。 それがドリームキラーです。 コーチングでは 現状の外側のゴールを 設定します。 今の自分には 到底達成できないような 高いゴールです。 そしてゴールは 人に話してはいけないよ。 と言 …

分相応という洗脳

「分相応」 「身の程を知りなさい」 という指導がありますが こんなのは無視してください。 これこそが洗脳です。 あなたは望む通りの人間に なることができます。 身の程という言葉で 自分を枠に閉じ込めて …