コーチング 教育

それって本当の夢ですか?

投稿日:



教育相談で、ある男の子に
夢を聞きました。

「あなたの夢はなんですか?」
「自衛隊員になることです。」
「へえ、どうして
 自衛隊員になりたいの?」

「お母さんが、それがいいって。」

「あれっ?」と思った私は、
こう聞きました。
「じゃあ本当は、
 あなたは何がしたいの?」

「ぼくは絵を描くのが好きだから、
 画家になりたいです。」

そうか、そういうこともあるのか。
と思いました。

子どもたちは、
親がいいという職業につこうとするのです。
教育相談では、
教師と子どもが一対一で話すのですが、
それでも親の意向を気にするのです。

「夢がないです。」
という子もいます。

その子は本当に夢がないのではありません。
「人に話すべき夢がないのです。」

人に話す夢は立派なものでないと
いけないという思い込みがあるのです。
夢を話したら、周りの大人が、
「へえ、いい夢だね。がんばってね。」
と言ってもらえるような夢じゃないと
話してはいけないという思い込みです。

私は言います。
「夢って難しく考えないでいいよ。
 例えば、
 バケツいっぱいのプリンを食べてみたい。
 っていう夢だって立派な夢だよ。」

そいういうと子どもたちは安心したように
自分の夢を語り出します。

「夢がない。」

と言った子は、その後

「世界のいろんなところを
 見て回りたい。」

という夢を話してくれました。

これを読んでいるみなさんにも
それぞれ夢があると思います。

でも、もう一度よく考えて見てください。

それって、本当の夢ですか?

あなたが心からやりたい事ですか。

誰かからすすめられた夢
人に話すべき夢

になっていませんか。

大切なのはあなたの本当の心です。

誰かからすすめられた夢
人に話すべき夢

追い続けていたら、
いつかそれが
have to に変わってしまいます。
やらねばならぬになってしまうのです。

そして、自分の人生を
誰かの期待に責任転嫁してしまうのです。

それって本当の夢ですか?

あなたがこの世を去るときに、
心から「いい人生だった。」と思えるように、
自分が最もやりたいことに
フォーカスしましょう。

夢を叶えるメルマガ「ドリサポメール」
登録はこちら

ドリサポメール登録



-コーチング, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

だれの責任か?

いじめ問題 児童生徒の自殺 子どもの荒れ 学級崩壊 学習意欲の低下 教員の不祥事 保護者のクレーム などなど。 義務教育の学校に関係する様々な問題があります。 さて、これらはだれの責任なのでしょうか。 …

孫正義の打率は○割

「成功している人ほど、打率は低い。」 夢をかなえたいと思っている人に この言葉を贈りたいです。 成功している人は、 何度も三振や凡打を繰り返しているのです。 講演会に行ったときに、こんな話を聞きました …

より大きなものを

コンフォートゾーンを 広げる訓練をしましょう。 キーワードは 「より大きなもの」 思考の範囲 行動の範囲 をより大きなものに しましょう。 自分のチームで一番 よりも 地域で一番 県で一番 日本で一番 …

1マイル4分

昔、陸上競技の中に マイルレースというものがありました。 1マイル(約1609メートル)を 走る競技です。 パーヴォ・ヌルミ選手が4分10秒3という 驚異的な記録を打ち立ててから、 「もう二度とこの記 …

みんななかよし

教員をやっていた頃、 「この指導には違和感があるな。」 と思っていたこと。 それは、 「みんななかよし」 というスローガンです。 このスローガンの裏には 「ちゃんと話せば分かり合える」 「わたしにとっ …