コーチング

ノットノーマルを恐れずに

投稿日:



コーチングを受けたり、
セルフコーチングをしたりすることで、
どんどんエフィカシーが上がり、
コンフォートゾーンが変わってきます。

すると、
周りの人とコンフォートゾーンが
ずれてきます。

あなたがエフィカシーを
上げれば上げるほど、
周りの人は居心地が悪くなるのです。

そして、
「あの人、ちょっと変わってるよね。」
「おかしいんじゃないの?」
という陰口になるのです。

みんなちがってみんないい

この言葉に反対する人は
少ないでしょう。
しかし、
この言葉の意味を
心の底から理解している人は、
意外と少ないのです。

みんながちがうと困る。

そういうマインドを
持っている人が多いのです。

学校現場がまさにそう。

個性を伸ばす。

なんて言いながら、
個性をつぶす教育をしています。

学級のみんなが個性を伸ばすと、
一斉授業が成り立たなくなります。

なぜなら、
一斉授業は30人の平均に
レベルを合わせているからです。

そんな学校教育を受けてきた私たちは、
人とがちがうことが、
ダメなことだという
刷り込みを受けています。

「あの人、ちょっと変わってるよね。」

は褒め言葉ではなく、
悪口なのです。

コーチングを受けると、
ノットノーマルになります。
「普通じゃないよ」ってことです。

おそらく、
農民から成り上がった豊臣秀吉は、
周りの農民から、言われたことでしょう。
「あの野郎、うまくやりやがって。」
「農民のくせに。」

秀吉は農民にとって、
ノットノーマルな存在なのです。
「農民は、裕福な暮らしをしない。」
というコンフォートゾーンを
秀吉は乱したのです。

あなたはどちらになりたいですか。
コンフォートゾーンをどんどん高める秀吉か、
コンフォートゾーンを乱されて、
陰口を言っている周りの農民か。

私は将来、こんな未来を生きるだろう。

という現状の延長線上の未来は、
コーチングによって
はるかに飛び越えることができます。

「たくさん米ができて豊かになるといいな。」
という農民の現状の延長線上の未来を、
秀吉ははるかに飛び越えました。
太閤になったのですから。

コーチングによって、
現状の延長線上の未来を超えましょう。
そして、
ノットノーマルな存在になりましょう。

みんなちがってみんないいのです。

周りのコンフォートゾーンに
合わせる必要はありません。

「周りの人に妬まれるから。」
とブレーキをかける人は、
「妬む」という行為を無意識に
正当化してしまっています。

みんな一緒に、ほどほどに。
の世界に加担しているのです。

ノットノーマルになることを
おそれずに。

あなたには素晴らしい可能性があります。

夢を叶えるメルマガ「ドリサポメール」
登録はこちら

ドリサポメール登録



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3回目のおくりびと

先日、アマゾンの プライム・ビデオで 「おくりびと」を見ました。 この映画を見たのは 少なくとも3回目なのですが、 自分でもびっくりするくらい 涙があふれてきました。 特に印象的だったのが、 主人公の …

自分の価値観で生きる

あなたの夢はなんですか? なぜ、それをやりたいと思ったのですか? そうやって、「なぜ」を繰り返していくと、 あることに気づくことがあります。 それは、 「他人の価値観が入り込んでいる」 ということです …

子どもたちのとの会話

先日のコーチングカフェが 終わった後 会場に近所の男の子が3人 入ってきました。 人懐っこい子で 「Youtubeの  動画を見せてください。」 というので 持ってきていたパソコンで Youtube動 …

ニュートラルな思考

人の思考には 知らず知らずのうちに 先入観が入り込んでいます。 例えば 「親子が手を つないで歩いている。」 と聞くと 勝手に小さな子どもを 連想してしまう。 例えば 「夏休みは子どもにとって 楽しい …

夢は大きい方がいい しかも・・・

私のセミナーでは 今まであまり 強調しなかったことを お伝えしようと思います。 人は自分が 考えているような人間になる ブリーフシステム (信念体系)が 自分の行動を決める RASによって 認知のフィ …