教育

社会に合わせる?

投稿日:2017年11月28日 更新日:

以前勤務していた学校で、
中学校の若い先生と議論したことがありました。

その先生は、とても頭のいい人で、
いい後輩だと思っています。
ざっくばらんにお互いの考えを言い合う仲です。

その先生と学校での指導の仕方について私が批判していたときに、
次のように言ったのです。

「学校は世の中の理不尽さを学ぶところだと思います。」

つまり、理不尽な指導をされたときに、
ああ、世の中にはこんな理不尽なこともあるのか。
ということを児童生徒が学ぶのだということです。

子どもたちを、「現状の社会」に適応させることが学校の仕事だという考え方です。
現状の社会にはたくさんの理不尽さがある。
しかし、それに合わせて生きていかなければならないというのです。

gulls-2662550_1920.jpg

私は、その考え方に猛烈に反対しました。

「現状の社会に理不尽さがあるのならば、
それを正していく力をつけさせるのが学校の仕事でしょう。
現状を肯定し、新しい未来を作る意欲を削いでしまっては、
それはもはや、学校とは言えないでしょう。」

酒を飲みながら、熱く語ったのを今でも思い出しますし、
今でも、その考え方に変わりはありません。

社会に合わせるのではなく、社会を作っていく。

そんな力を伸ばすのが本当の教育なのではないでしょうか。

-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

叶えたい夢と3つの幸せ

道徳の授業の中で子どもたちに話したことです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 人には3つの幸せがあります。 1つ目は、「してもらう幸せ」 おぎゃーと生まれた赤ちゃんは自分では何も …

分相応という洗脳

「分相応」 「身の程を知りなさい」 という指導がありますが こんなのは無視してください。 これこそが洗脳です。 あなたは望む通りの人間に なることができます。 身の程という言葉で 自分を枠に閉じ込めて …

no image

ある女の子の夢

教育相談で聞いた、ある女の子の夢。 私はそれを聞いて、目頭が熱くなってしまいました。 その女の子の夢とは、 「ケーキ屋さんになること。」 でした。 「へえ、いいねえ。なんでケーキ屋さんになりたいと思っ …

みんなが生き生きと過ごせる社会に

学校での熱中症問題に思うこと。 それは、 「個人が社会に合わせる」 という感覚の人が多い ということ。 現代の社会が正しくて それに合わない個人は 適応力がないという考え方。 学校では、 社会の正しい …

発達障害って何?お母さんの悩みを軽くするスペクトラムという考え方

「うちの子、ちょっとおかしいのかもしれない。」 「他の子と違うのかも。大丈夫かな。」 「発達障害なのかもしれない。」 発達障害のお子さんをもつお母さんの最大の悩みの原因は、 「他の子どもたちと違うこと …