教育

社会に合わせる?

投稿日:2017年11月28日 更新日:

以前勤務していた学校で、
中学校の若い先生と議論したことがありました。

その先生は、とても頭のいい人で、
いい後輩だと思っています。
ざっくばらんにお互いの考えを言い合う仲です。

その先生と学校での指導の仕方について私が批判していたときに、
次のように言ったのです。

「学校は世の中の理不尽さを学ぶところだと思います。」

つまり、理不尽な指導をされたときに、
ああ、世の中にはこんな理不尽なこともあるのか。
ということを児童生徒が学ぶのだということです。

子どもたちを、「現状の社会」に適応させることが学校の仕事だという考え方です。
現状の社会にはたくさんの理不尽さがある。
しかし、それに合わせて生きていかなければならないというのです。

gulls-2662550_1920.jpg

私は、その考え方に猛烈に反対しました。

「現状の社会に理不尽さがあるのならば、
それを正していく力をつけさせるのが学校の仕事でしょう。
現状を肯定し、新しい未来を作る意欲を削いでしまっては、
それはもはや、学校とは言えないでしょう。」

酒を飲みながら、熱く語ったのを今でも思い出しますし、
今でも、その考え方に変わりはありません。

社会に合わせるのではなく、社会を作っていく。

そんな力を伸ばすのが本当の教育なのではないでしょうか。

-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

みんななかよし

教員をやっていた頃、 「この指導には違和感があるな。」 と思っていたこと。 それは、 「みんななかよし」 というスローガンです。 このスローガンの裏には 「ちゃんと話せば分かり合える」 「わたしにとっ …

そもそも論から教育を考える

今日は教育のお話です。 先日は 第1回尼崎市学びと育ち研究所報告会で 教育哲学者の苫野一徳さんが 参加する鼎談を聞きに行きました。 苫野さんは 「そもそも教育とは何か?」 「どのような教育がよい教育か …

夢は大きい方がいい?

「少年よ、大志を抱け」 (Boys, be ambitious.) クラーク博士の有名な言葉です。 「夢は大きい方がいい。」 という言葉もよく言われますね。 例えば、 「1万円貯金をする」 よりも 「 …

あれども見えずを問う

授業の名人と言われる 有田和正先生の 有名な発問があります。 「バスの運転士さんは  どこを見て運転していますか?」 この発問で子どもたちの 思考が活性化します。 なんとなくボーッと見学していても こ …

ブリーフシステムの外側へ

1000万部の本を売った編集者の 長倉顕太さんは次のように言います。 「貧乏は遺伝する」 親が貧乏なら、子どもも 貧乏になるということです。 それはなぜでしょうか? ブリーフシステムが影響しているので …