コーチング

全ては自分の責任

投稿日:



親が悪い
妻が悪い
旦那が悪い
子供が悪い
上司が悪い
部下が悪い
会社が悪い
社会が悪い

そうやって、
他人の悪口ばかり
言っている人いませんか。

〜が悪いから、私は〜できない。

という思考に陥ってしまいます。

刺激と反応の世界です。

悪口を言われた(刺激)
嫌な気持ちになった(反応)

貧乏な家に生まれた(刺激)
お金に困っている(反応)

このように、

他人の悪口ばかり言っている人は、
外からの刺激に、
ただ反応しているのです。

「私」はないのですか?

かの有名な松下幸之助は、

貧乏な家に生まれた(刺激)

だから一生懸命働く(私)

松下電器を作り成功した(反応)

(刺激)と(反応)の間に
「私」があるのです。

だから、私はこうする。
だから、私はこうしたい。
そう思って生きている。
そんな人もいるのです。

刺激と反応で生きている人には、
「私」がないのです。

どんな状況に置かれても、
「私」はどう反応する。
それを選ぶことができる。

これこそが、
「主体性」です。

親が悪い
妻が悪い
旦那が悪い
子供が悪い
上司が悪い
部下が悪い
会社が悪い
社会が悪い

と言っている人に聞いてみてください。

「じゃあ、あなたは、
 どうしたいの?」

この質問が「主体性」を引き出します。

そして、もし、
あなたが刺激と反応の世界に
住んでいるのなら、

自分に問うてみてください。

「じゃあ、私は、
 どうしたいの?」

かつて
自分が学級崩壊を起こして、
苦しんでいたとき、

師匠は言いました。

「身の回りで起こっていることは、
 全て、100%、
 自分の責任である。」

そのときは、
よく意味がわかりませんでしたが、

今となってはよくわかります。

刺激と反応の世界から
抜け出しなさい。
「主体性」を発揮しなさい。

ということだったのです。

どんな状況でも、
私は切り抜けられる。
そしてこの状況に影響を
与えることができる。

こういう強い気持ちが
人生を好転させていきます。

自分の人生を周りの環境に
委ねないでください。

自分の人生は自分のものです。
「主体性」を発揮しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「教育×コーチングセミナー」
日時  4月28日(土)13:30〜15:30
場所  セミナーパーク202号室
    山口県山口市秋穂二島1062
参加費 3,000円
子どもに関わる全ての大人に知ってほしいコーチングの理論
元祖コーチであるルー・タイスの理論を学んだ私が、
夢のかなえかたを教えます。
子どもたちの夢を応援する立場の方に、そして、自分の夢を叶えたい方に、
ぜひコーチングの理論を伝えたいと思います。
小学校教員をやめた経緯など、
私が教育について思っていることなども合わせてお伝えしたいと思います。

申込先
河村大輔 kawadai1978@gmail.com
お名前とメールアドレスを明記の上、お申し込みください。
後ほど振込先の案内メールをお送りします。
※携帯からの方はkawadai1978@gmail.comからのメールを
 受信できるように設定しておいてください。

こちらからもお申し込みできます。
http://kokucheese.com/event/index/515269/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢を叶えるメルマガ「ドリサポメール」
登録はこちら



*メールアドレス
*お名前(姓・名)



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

青春とゴール設定

最近 サミエル・ウルマンの 「青春」という詩のことを 知りました。 有名な詩らしいのですが 恥ずかしながら この歳になるまで 全く知りませんでした。 この詩は この言葉から始まります。 「青春とは   …

コーチング最強説

「どうしてあの人、あんなことするの? 信じられない!!!」 同じ人間なのに、なぜ こんなことが起きるのでしょうか? 人は それぞれ育ってきた環境で、 それぞれのブリーフシステム (信念体系) を作り上 …

聖なる〜

私の大好きな本の中に 「ポジティブの教科書」 という本があります。 武田双雲という 書道家の方が書いた本です。 読んだだけで、心が軽くなり、 楽しくなる本です。 まだの方はぜひ読んでみてください。 読 …

自分を見る力

最近の私の重要ワードは 「メタ認知」 です。 メタ認知(メタにんち)とは認知を認知すること。人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考や行動そのものを対象として客観的に把握し認識すること。それを …

努力はいらない?

元小学校教員が こんなこと言ったら びっくりされるかも しれませんが、 誤解を恐れずにあえて 言います。 努力はしなくていいです。 努力という言葉の 解釈にもよるのですが、 一般に思われているような …