コーチング 教育

コーチングとの出会い

投稿日:



「本を読まない教師は教師ではない」

師匠から言われた言葉です。

その教えを胸に、新採の年からずっと本を読んできました。
そして、小学校英語が始まる前の年、運命の本と出会いました。

「英語は逆から学べ」苫米地英人著

日本の伝統的な英語の学習法には
限界がきていることを感じていたので、
「逆から」というタイトルに惹かれて手に取りました。

その本から、「苫米地さんって面白いなあ。」という印象を持ち、
本屋やネットで苫米地さんの本が目につくようになります。

そして、「アファメーション」という名著にたどり着きました。

それまでに「言霊」について勉強していた時期があったので、
「アファメーション」の考え方はすっと自分の中に入ってきました。
そして、今まで学んできた様々な事象が、
コーチングの創始者ルー・タイスの理論とぴったり重なってきたのです。

「思考は現実化する」ナポレオン・ヒル
「人を動かす」D・カーネギー
「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー
などの世界的に有名な自己啓発本に書いてあることと、
コーチング理論とが全く同じことを言っているのです。

ひょっとすると、大学で認知心理学を学んでいたことも、
影響しているのかもしれません。

とにもかくにも
「これだ!!」
と思ったのです。

小学校教員として仕事をしてきて、
制度的な窮屈さや、限界を感じていた自分にとって、
コーチになるということで、
それらの問題を全て解決するように思えたのです。

自分を変えたい。
よりよい自分になりたい。
もっと賢い人になりたい。
もっと豊かになりたい。

そんな人を応援するのが、コーチングです。

ぜひ多くの人に知ってほしいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「教育×コーチングセミナー」
日時  4月28日(土)13:30〜15:30
場所  セミナーパーク202号室
    山口県山口市秋穂二島1062
参加費 3,000円
子どもに関わる全ての大人に知ってほしいコーチングの理論
元祖コーチであるルー・タイスの理論を学んだ私が、
夢のかなえかたを教えます。
子どもたちの夢を応援する立場の方に、そして、自分の夢を叶えたい方に、
ぜひコーチングの理論を伝えたいと思います。
小学校教員をやめた経緯など、
私が教育について思っていることなども合わせてお伝えしたいと思います。

申込先
河村大輔 kawadai1978@gmail.com
お名前とメールアドレスを明記の上、お申し込みください。
後ほど振込先の案内メールをお送りします。
※携帯からの方はkawadai1978@gmail.comからのメールを
 受信できるように設定しておいてください。

こちらからもお申し込みできます。
http://kokucheese.com/event/index/515269/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



-コーチング, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

努力はいらない?

元小学校教員が こんなこと言ったら びっくりされるかも しれませんが、 誤解を恐れずにあえて 言います。 努力はしなくていいです。 努力という言葉の 解釈にもよるのですが、 一般に思われているような …

何かのために勉強するって・・・?

今日は、モチベーションの話。 みなさんは何のために 勉強しているのですか? この答えは、 学習のモチベーションという 考え方で分類することができます。 学習のモチベーションには 6つあるといいます。 …

コーチングセッションの力

最近少しずつコーチングセッションの 申し込みを頂くことが増えてきました。 先日のコーチングセッションは ホテルのロビーで ゆったりとくつろぎながら クライアントさんのお話を 聞かせていただきました。 …

子どもを叱るとき

子どもを叱るときの 言葉には細心の注意を 払いましょう。 「なんてバカな子なの!」 その言葉が 子どもたちの 思考や行動を しばりつけます。 その言葉は 子どもたちの セルフトークを作ります。 「私は …

ネタができました

今日は私のことについて。 先日子育てコーチングセミナーを 開催したのですが、 お客さんは、なんと・・・・ 0人でした。 そう、お客さんが誰も来なかったのです。 そして、河村大輔はどう考えるかというと、 …