コーチング

夢への自動操縦システム

投稿日:



「夢は必死で努力してつかみとるものだ」

そういう意見を否定するわけではないのですが、
私だったらこう言いたいと思います。

「本当に叶えたい夢なら『努力』という考え方は必要ありません。」

なぜなら、
夢が叶う過程は苦しいものではなく、
楽しいものだからです。

夢に向かっている過程を楽しむ。

例えばイチローが毎日素振りをすること。
これはイチローにとって楽しいことだったはずです。
でなければ、それは続かなかったはずです。

苦しいことは続きません。

ダイエットで食事制限をするのが続かないのは、
それが苦しいことだからです。
「やせる」という願望よりも
「食べる」という願望の方が強いからです。

「食べる」という行為を必死で努力しますか?
強い願望をもっていればそれは自然とできることです。

イチローは自然と毎日素振りをしていたでしょうし、
画家になる人は自然と毎日絵を描いていたのです。

「夢に向かって必死で努力する」
という人はその夢がどこかの誰かに刷り込まれた夢なのかもしれません。
こういう夢を持つのがよいことだ。
と思い込まされているのかもしれません。

「夢に向かって努力するのが辛い」
という人はもう一度自分の心の奥底の自分の声をよく聞いてみてください。

「その夢は本当に自分が心からやりたいことなのか。」

そうすれば、脳は自動操縦システムを作動することができます。
勝手にその夢が叶うための情報を集めてくるのです。

「自分はプロ野球選手になるべき人間なのだ」
「自分は画家になるべき人間なのだ」
そういう強い思いをもっていれば、
それに見合う情報を脳が勝手に引き寄せてくれます。

私たちがもっとも大切にしなければいけないのは、

「自分にはそれができる」
と信じることです。

必死で努力することよりも
心から信じることの方がはるかに大切です。

あとは、自動操縦システムに任せるだけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「教育×コーチングセミナー」
日時  4月28日(土)13:30〜15:30
場所  セミナーパーク202号室
    山口県山口市秋穂二島1062
参加費 3,000円
子どもに関わる全ての大人に知ってほしいコーチングの理論
元祖コーチであるルー・タイスの理論を学んだ私が、
夢のかなえかたを教えます。
子どもたちの夢を応援する立場の方に、そして、自分の夢を叶えたい方に、
ぜひコーチングの理論を伝えたいと思います。
小学校教員をやめた経緯など、
私が教育について思っていることなども合わせてお伝えしたいと思います。

申込先
河村大輔 kawadai1978@gmail.com
お名前とメールアドレスを明記の上、お申し込みください。
後ほど振込先の案内メールをお送りします。
※携帯からの方はkawadai1978@gmail.comからのメールを
 受信できるように設定しておいてください。

こちらからもお申し込みできます。
http://kokucheese.com/event/index/515269/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人は変われない?

先日、経営者の集まりで ある人の 講話を聞きました。 講話の中でその人は 次のように言っていました。 「人は変われません。」 社長として 社員を変えようとすると うまくいかない。 という文脈の中での …

未来を創りたい子ども、過去に縛られる大人

昨日、教員のサークルでコーチングの理論についてレクチャーしました。 苫米地さんの本「コンフォートゾーンの作り方」に とてもわかりやすく解説されているので その本をベースにして少しお話をしました。 その …

have to地獄にはまっていませんか?

「〜したい」と思ってやること。 英語で「want to」と表現します。 「〜しなければならない」と思ってやること。 英語で「have to」と表現します。 学校では次のように教えます。 「やりたいこと …

すべては自分次第

今朝は何時に起きましたか? 6時? 7時? それとも 10時? なぜその時間に 起きたのですか? なぜ、もっと早く、 または、もっと遅く、 起きなかったのですか? これらの質問への答えに、 「〜ねばな …

ゴールの臨場感を上げる

映画を見て 思わず涙を流してしまうこと ありますよね。 現実には起きていない ことなのに どうして涙が 出るのでしょうか? 怖い映画を見て 心臓の鼓動が早くなる こともあります。 手に汗握る 戦闘シー …