コーチング 教育

新学期はエフィカシーを上げるチャンス

投稿日:



昨日から新学期が始まったという学校が多いと思います。
うちでも息子が帰ってきて開口一番、
「先生、誰だった?」
という質問が浴びせられました。

誰が担任になるかって
子どもにも家庭にもすごく関心の多い話題なのですね。

新学期。
子どもも親も、そして先生も希望に満ちあふれるこの時期に

もっとも大切になるのが、
子どものエフィカシー(自己効力感)を上げることです。
子どもによっては、昨年までにエフィカシーが
ぐーんとと下がってしまっているかもしれません。

過去の失敗や、叱責、友達からの悪口や冷やかし、
本来子どものエフィカシーを上げるべき存在の教師が
図らずも下げてしまっていることが多いのです。

しかし、新学期はチャンスです。
節目があることで、人は切り換えることができます。
過去を断ち切り、未来へと向かう機運を作るのが節目です。

「今年こそは。」
と思っている子どもたちのエフィカシーを上げる。

「君は素晴らしい人間なんだよ。」
ということを、言葉で、態度で、表情で繰り返し伝えてください。

「子どもたちの可能性は無限」
使い古された言葉ですが、先生が、親が、心からそのことを信じられるかどうか。
この言葉が本当の力を発揮できるかどうかは、それを信じて引き出す周りの大人の仕事です。

「自分はできるんだ。」

こう思える子どもを一人でも多く増やしましょう。

でも、気をつけてください。
「できる」
の根拠を過去に求めないでください。

「根拠のある自信」より「根拠のない自信」の方が強いのです。

子どもたちの過去はさまざまです。
ですから、過去を問題にしないでください。

宿題を毎日忘れていた子も、素晴らしい人間だし、
ルール違反を繰り返した子も、素晴らしい人間だし、
不登校だった子も、素晴らしい人間なのです。

過去は関係ありません。
今この瞬間から、未来を思い描けば、
それが達成できる力を一人ひとりが持っています。

「子どもたちの可能性は無限」

この言葉を言っていいのは、そこまで子どもの力を信じ抜ける人だけです。
そうやって信じ抜ける人が子どもたちの力を伸ばし、
夢の実現をサポートすることができるのです。

私、ドリームサポートコーチの河村大輔は、
そんな先生や、親をたくさん増やしたいと思います。

「子どもたちの可能性は無限」
だし、
「大人だって可能性は無限」
です。

そんなこと言ったって・・・
と思う人は、ぜひこのセミナーに来てください。
夢を叶えるマインドの仕組みをお教えします。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「教育×コーチングセミナー」
日時  4月28日(土)13:30〜15:30
場所  セミナーパーク202号室
    山口県山口市秋穂二島1062
参加費 3,000円
子どもに関わる全ての大人に知ってほしいコーチングの理論
元祖コーチであるルー・タイスの理論を学んだ私が、
夢のかなえかたを教えます。
子どもたちの夢を応援する立場の方に、そして、自分の夢を叶えたい方に、
ぜひコーチングの理論を伝えたいと思います。
小学校教員をやめた経緯など、
私が教育について思っていることなども合わせてお伝えしたいと思います。

申込先
河村大輔 kawadai1978@gmail.com
お名前とメールアドレスを明記の上、お申し込みください。
後ほど振込先の案内メールをお送りします。
※携帯からの方はkawadai1978@gmail.comからのメールを
 受信できるように設定しておいてください。

こちらからもお申し込みできます。
http://kokucheese.com/event/index/515269/
・・・・・・・・・・・・・・・・



-コーチング, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

空気を読む子

空気を読む子どもは教師にとって都合のいい子どもです。 授業で教師がダメな発問や指示をした場合でも、 教師の意図を汲んで、教師の意図に沿った答えを言います。 その結果、「この子はいい子」と評価されるので …

あなたはいつも・・・

人を批判するとき つい使ってしまう言い回し。 「あなたはいつも・・・」 「あなたはいつも  忘れてしまうんだから。」 「あなたはいつも  だらしないんだから。」 「あなたはいつも  同じ失敗をするんだ …

悪魔の予言

なんだか恐ろしげな タイトルですが、 結構身の回りに よくあることです。 コーチとして、 人のマインドに関わる 仕事をするものとして、 きちんと伝えておかなければ いけないことなので、 悪魔の予言につ …

自意識過剰

「人の目が気になってしょうがないんです。」 こんない人いますよね。 ちょっと前まで、私もそうでした。 「ひょっとして私のことを嫌っているんじゃないか。」 「ひょっとして人に迷惑をかけているんじゃないか …

お札の肖像画

千円札の野口英世の肖像画を見せながら、 子どもたちに話しました。 「あなたたちの中にも、こうやってお札になるような、  素晴らしい功績を残す人がいるかもしれませんよ。  ○○君の顔がここに印刷されるか …